新・貧打爆裂レポート『TSi2 フェアウェイメタル』『TSi3 フェアウェイメタル』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年11月13日に発売されたタイトリスト『TSi2 フェアウェイメタル』と『TSi3 フェアウェイメタル』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。タイトリストの新しいフェアウェイウッドの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『TSi』のフェアウェイメタルは構えただけで惚れてしまう!

『TSi』のフェアウェイメタルは構えただけで惚れてしまう!
『TSi2 フェアウェイメタル』と『TSi3 フェアウェイメタル』は、タイトリストが2020年11月13日に発売したクラブです。

『TSi2 フェアウェイメタル』は、“PURE PERFORMANCE ストレートに狙って、飛ばす。”というコピーで、『TSi3 フェアウェイメタル』は、“DYNAMIC PERFORMANCE フェアウェイから思い通りの強弾道。”というコピーです。

【試打クラブスペック】『TSi2 フェアウェイメタル』
ヘッド素材 17-4ステンレス鋳造
フェース 465カーペンタースチール
ヘッド体積 175cc
シャフト TSP110 50(S)
ロフト 15度
長さ 43インチ
ライ角 56.5度
価格(税別) 4万5000円

【試打クラブスペック】『TSi3 フェアウェイメタル』
ヘッド素材 17-4ステンレス鋳造
フェース 465カーペンタースチール
ヘッド体積 175cc
シャフト TSP322 55(S)
ロフト 15度
長さ 43インチ
ライ角 56.5度
価格(税別) 4万5000円

『TSi2 フェアウェイメタル』と『TSi3 フェアウェイメタル』は、新しいタイトリストのブランドの『TSi』のフェアウェイウッドです。素材がウッドではなくなって久しいので、タイトリストでは、いわゆるフェアウェイウッドを「フェアウェイメタル」と呼んでいます。

前モデルの『TS』シリーズと同様に、ツアープレーヤーの要望を取り入れて開発されたクラブです。

「アクティブ リコイル チャンネル(ARC)4.0」は、共通のテクノロジーです。

ソールのフェース寄りに溝を設置して、インパクト時のフェースのたわみを最適化して、大きな反発性能を生み出しますが、新しく溝を浅く、短くして、「高速VFTフェース」と連動して最高レベルのボール初速を生み出します。

クラウンとフェースの肉厚コントロールで、さらに重心が低くなりました。ARC4.0と薄肉化の改良で出た余剰重量を再配分することで、慣性モーメントが拡大し、高初速と安定性を向上させたそうです。

そして、ダウンスイングでの空気抵抗をエアロダイナミクスデザインによって大幅に軽減して、インパクトエネルギーを最大化しました。

『TSi3 フェアウェイメタル』だけに搭載されたテクノロジーは、「SureFit CG トラック」です。

新しい弾道調整システムは、ソールの中央にある樹脂製のカバーをを外して、中のウェイトを3つのポジションに変更できます。重心位置を左右に調整して、弾道を変えるという仕組みです。

樹脂製のカバーが、摩耗や破損してしまっても、そのパーツだけを購入できるそうです。

タイトリストは、フェアウェイウッドを作るのが上手で、この10年ぐらいは、新製品が出るたびに感心させられます。

『TSi2 フェアウェイメタル』と『TSi3 フェアウェイメタル』共に、目標に構えやすくて、弾道イメージが出ます。

機能性も優れているのだと推測できますが、個人的に、フェアウェイウッドは感性とマッチしてこそ、本当の力を発揮すると考えていますので、アドレスしただけで合格です。

どちらも、美しさを感じるフェアウェイウッドです。

『TSi2』か『TSi3』か、フェアウェイメタルを選べる幸せに感謝!

動画を見てください。

『TSi2 フェアウェイメタル』と『TSi3 フェアウェイメタル』をコースで打ってみました。

まず、『TSi2 フェアウェイメタル』です。

アドレスビューで、三角形を連想させるフォルムをしています。これはタイトリストのフェアウェイウッドの定番の一つのフォルムです。ヒールサイドのボリュームはありますが、ヘッドが締まってシャープに見えます。

実際の寸法は決して小さくはないので、安定性という意味のでやさしさを予感させます。

個人的には、大好きな形状です。この形状のフェアウェイウッドは、ボールをとらえやすいモデルが多かったので、左に行くことを警戒して打ちましたが、それはまったくの見当違いでした。

打ってみると、左に行く気配は一切ありません。これはちょっと驚きのプラスポイントでした。

『TSi2 フェアウェイメタル』の打音は、おとなしめです。音量が控えめで、音質も低めなのです。打ち応えは、柔らかめなのですが、軽い感覚もあって、少し不思議な感じがしました。

フェードに敏感に反応します。ツアーフェアウェイウッドとして、これは素晴らしい特性です。中弾道のボールで、飛距離は210ヤード(ドライバーヘッドスピード40メートル/秒で試打)。飛距離性能はトップレベルです。

『TSi2 フェアウェイメタル』は、フェードを操りたいゴルファーにオススメです。

また、ドロー打ちでも、パワーがあれば左に行き過ぎないクラブとして、『TSi2 フェアウェイメタル』は良い仕事をしてくれるはずです。

続いて、『TSi3 フェアウェイメタル』です。

丸いフォルムです。小さく見えるヘッドで、いかにも飛ぶ、という印象を受けます。

小さく見えるヘッドの中には、ヘッドの高さが強調されて、球が上がりにくいクラブがありますが、『TSi3 フェアウェイメタル』に、その心配は無用です。ボールを拾いやすく、比較的、打ち出しが高いボールが出ます。

打ってみて、最初に感じたのは強い直進性能です。とにかく、曲がらずに真っすぐに飛ぼうとするのです。出球に不安がなければ、『TSi3 フェアウェイメタル』は強烈な武器になります。

打音は、『TSi2 フェアウェイメタル』とほぼ同じように、おとなしめです。『TSi3 フェアウェイメタル』のほうがほんの少し濡れた音質です。

飛距離は215ヤード平均で、高弾道の気持ちの良い球が出ます。

『TSi3 フェアウェイメタル』は、オーソドックスなフェアウェイウッドが好きで、ボールが拾いやすいクラブを探しているゴルファーにオススメです。

『TSi3 フェアウェイメタル』は、打っていて本当に気持ちが良かったです。

狙い通りにしか飛ばない、というスプーンにはなかなか出逢えませんが、変なクセがないので、多くのゴルファーに打ってもらいたいです。

始めに紹介した『TSi2 フェアウェイメタル』は、ボールを曲げやすいクラブです。
『TSi3 フェアウェイメタル』は直進性能が高いので、対照的なクラブです。

こういう白黒がわかりやすいクラブを市場に登場させられるところは、タイトリストの底力であり、業界のトップメーカーである自信だと思います。

2020年、2021年にゴルフをしているからこそ、『TSi2 フェアウェイメタル』か、『TSi3 フェアウェイメタル』かで迷えるのです。幸せを噛みしめて、自分の武器にしてほしいクラブです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。