ゴルフでティーに注目すると飛距離アップも?おすすめグッズも紹介!

お気に入り
「ティー」というのはなんのことかご存知でしょうか?

もちろんゴルフ用語です。

今回は、ゴルフ初心者の方に向けて、ティーというのはなんのことなのか、そして、ティーに種類やおすすめはあるのかどうかを調べてみました。

ティーの種類やその使い方を知り、こだわってみるだけで、ドライバーの飛距離がアップしたり、ショットがよくなったりするかもしれませんよ!

ティーとは?

ティーとは?

getty

「ティー」とは、ホールで1打目を打つ時に、地面に刺してボールを宙に固定するために使用するものです。

ゴルフを始めてから、「ティーショット」という言葉を聞くことがあると思います。ティーショットとは、プレーするホールの1打目を、ティーインググラウンドから打つ行為のことを言います。

ルール上ではティーを使わずに地面から打っても構いませんが、ほとんどの人は毎回、ティーを使ってボールを置き、ティーショットを行います。

ティーの正式名称は「ティーペッグ」と言います。ゴルフを嗜(たしな)んでいる人のほとんどが「ティー」と略して呼んでいます。もしかしたら、正式名称を知らないままで長年ゴルフをしているという人もいるかもしれません。

18ホールの内、基本的に4ホール存在するショートホール(パー3)以外の、ミドルホール(パー4)やロングホール(パー5)でのティーショットでは、飛距離を稼ぐために、ほとんどの方がドライバーを使用して打つと思います。

ドッグレッグであったり、狭かったりと、コースの状況によってはアイアンやフェアウェイウッドを使うこともありますので、ティーもそれに合わせて、何種類かを所持するのがおすすめです。

基本的には、ドライバーでは長いティーを、それ以外のクラブ(フェアウェイウッドやアイアンなど)では短いティーを使います。

ティーの役割

ティーの役割

getty

上記でも触れましたが、各ホールでのティーショットの際、ルール上では、地面に直接ボールを置いて打つという行為に、なんの問題もありません。

それを、なぜティーを使用するのでしょうか? それには、ティーの役割が大きく関係してきます。

ティーでボールを数センチ地面から浮かすことによって、ボールの手前の芝の抵抗を受けることがなく、ダイレクトにボールをインパクトをすることが可能になります。

インパクトの前に芝に触れてしまうことで、ヘッドスピードが落ちてしまうデメリットが考えられます。そして、それに伴いスピン量も変わってくると言われています。

ヘッドスピードやスピン量が変われば飛距離も大きなアップが見込めますので、ティーの役割はかなり重要なものと言えますね。

ティーを使用する際のルールやマナーの注意点

ティーを使用する際のルールやマナーの注意点

getty

ティーを使用してティーショットをする際は、ルールやマナーに配慮することも、もちろん必要になります。

ティーショットはルールで定められたティーイングエリアの中で行うことになっておりますので、それ以外の場所でティーアップをしてはいけません。違う場所から打ってしまった場合は「誤所からのプレー」として、ペナルティーが加算されます。

ティーアップをしてアドレスを取ると、構えた足がティーイングエリアから出てしまう場合もありますが、ボールが出ていなければルール違反にはならないので、安心してください。

また、ティーイングエリアは意外と広い場所ですが、ティーショットをするのに適した場所を、その中から探す必要があります。

足場が平らじゃないとショットに影響が出る可能性がありますので、ティーアップする場所選びは大切ですが、それに時間をかけてしまうと、スロープレーに該当することになり、同伴者や後続の組にも影響を与えてしまいます。

ルールやマナーをしっかり確認しながら、スマートにティーを使用していきましょう!

ティーは何種類持っていればいいの?

ティーは何種類持っていればいいの?

getty

ティーは何種類か所持していたほうが良いと書きましたが、実際のところいくつくらい必要なのでしょうか?

人によっては3~4種類ほど持っているという方もいるようですが、普通は2種類あれば十分だとされています。

ドライバーで打つ時に使用するティーと、それ以外のフェアウェイウッドやアイアンなどのクラブで打つ時に使用するティーですね。

ロングティーを深く埋めるなどして1種類で使いまわすことももちろん可能ですが、2種類あればどのようなティーショットにも対応できるので、用意しておくことをおすすめします。

ドライバー用のロングティー

ドライバー用のロングティー

getty

個人差はありますが、ドライバーを打つときのロングティーや、フェアウェイウッドを打つときには、ボールの位置を高めに設定することがポイント。そのため、比較的長めのティーを使用することが一般的です。

ドライバーの場合、スイングしたときの最下点は、インパクトより手前にあります。

最下点よりも少し先に進んだ位置、クラブが上がる位置でボールをとらえたいため、それを見越した場所、高さにティーを設定することが大切です。

それができれば、ボールをスイングの上昇軌道の途中でとらえることができますので、しっかりと高弾道で飛ばすことができ、さらに、飛ばすことに不要なスピン量を減らすことが可能となります。

フェアウェイウッド、アイアン用のショートティー

フェアウェイウッド、アイアン用のショートティー

getty

フェアウェイウッドやアイアン用のショートティーは、その名のとおり、ロングティーよりも短いものです。商品にもよりますが、ロングティーの半分以下のものも存在しています。

アイアンでティーショットを行う場合は、ドライバーとは違い、しっかりとスピンをかけて、インパクトのあと(ボールの先)に最下点を持ってくるようなイメージを持つことが、ナイスショットにつながっていきます。

ドライバーはクラブヘッドが上昇しているときにボールをとらえることが目的だったため、ティーアップは高めに設定していましたが、アイアンは反対に、低めの設定がおすすめです。

フェアウェイウッドの場合は、アイアンとほぼ同じ高さか、それよりも若干高いくらいが一般的です。

テレビでゴルフ中継の中で、フェアウェイからアイアンでショットを放ったあと、プロゴルファー自ら、取れてしまったターフを戻しているシーンを映しているところを見たことがあるかもしれません。

ティーアップしたアイアンでも同様に、ボールの先の芝を削り取るように、しっかりと振っていきましょう。

ドライバーでティーの高さが高いほうが飛ぶってほんと?

ドライバーでティーの高さが高いほうが飛ぶってほんと?

getty

ティーは、高くセットしたときと低くセットしたときでは、比較的、高くセットしたときのほうが飛距離が出ると言われています。その理由は、クラブの形状とスイングの形にあります。

各メーカーの、最近発売されているドライバーを見てみると、低重心に設計され、フェース面のどこに当たってもボールが飛んでいくように作られていますが、スイートスポット(芯)は意外とフェースの上のほうにあります。

ドライバーでティーショットを打つときに、ティーアップを高めに設定することで、手前の芝などに触れずにスイングができ、さらに、高い位置にあるスイートスポットに当たりやすくなります。

さらに、高くしたティーを左足の前にセットすることで、アッパー軌道で振ったときの、ヘッドスピードが一番速いときにクラブがボールをとらえることができるため、飛距離も伸びやすく、バックスピン量が減ることで、キャリーの飛距離も伸び、ボールが地面に落ちたあとの転がりも期待することができます。

しかし、ティーは高ければ高いほど良いというものではなく、球筋がブレる危険性も大きくあります。

ドライバーは飛距離よりも方向性を大事にする人も多く、結局は上がってナンボの世界であるため、自分に合った高さでセットすることが一番大切なこととなります。

自分が打ちやすいティーの高さをいろいろ試して見つけましょう。

自分に合ったティーの高さの決め方

自分に合ったティーの高さの決め方

getty

それでは、自分に合ったティーの高さは、どのように決めるのでしょうか?

プロゴルファーのティーアップの様子を見ていると、迷うことなく、いつも同じ高さでセットしています。もちろん、低くボールを出したいとき、高く上げたいときなど、ティーで調節する人もいますので、すべてがこの限りではありません。

しかし、自分に合ったティーの高さの基準を持っておくことは、迷いの払拭や、スロープレーの防止にもつながることです。

自分に合ったティーの高さというのは、自分で見つけるしかありません。それも本番では試す回数も少ないですし、スコアにも影響してきますので、練習場で、地道にいろいろ試して見つけましょう。

最近の練習場は自動でティーアップしてもらえるマシンを入れているところも多く、そのようなところは無段階や5〜6段階で、ティーの高さを調節することができます。

目安としては、写真のようにドライバーのクラウンからボールが半分前後飛び出すくらいの高さが適当と言われています。

低いところから始めて、自分の振りやすい高さを求めていきましょう。同時に、ボールがアドレス位置に対してどこにあると一番振りやすいかも見ていけると、ボールの位置に関しても自然と決まっていきますよ。

ティーアップする場所の選び方

ティーアップする場所の選び方

getty

良いティーアップをするには、ティーアップをする場所選びも大切です。

ティーイングエリアは、意外とスペースがあり、ルール範囲内の場所であれば、どこにティーを刺しても許されます。

しかしその場所を選ばずに適当にティーを刺してしまうと、いざ構えてみて前上がりになっていたり、うねってしまっていたりと、正しくスイングをするのに適切な場所でない可能性もあります。

ティーアップする場所を見極めるためにまず見ることは、芝の薄さです。

高い位置にティーアップするドライバーはともかく、低めに設定するフェアウェイウッドやアイアンの場合、芝が厚いところにティーアップしてしまうと、せっかくティーアップしているのにも関わらず、インパクトより前に芝の抵抗を受けてしまう可能性があります。

そして、上記でもお伝えしたような、足場がうねってしまっているとスイングがしづらいため、平らな場所を選びましょう。

パッと見た感じではわからなくても、実際にその場所に立ってみると、立ちづらい、打ちづらそうかが分かりますので、必ず確認するようにしてください。

おすすめティー1.ダイヤ トマホークティー ロング

おすすめティー1.ダイヤ トマホークティー ロング

amazon

それでは、市販されているティーの中で、おすすめのものを5つ紹介します。初心者も迷わずティーアップできるようなティーがたくさんありますので、いくつか揃えておいても良いですね。

まずは、ダイヤの「トマホークティー」です。

写真にあるとおり、木で作られたただまっすぐなティーとは違い、ねじを回すようにして上下に高さ調節ができる機能がついています。

40〜50ミリの間で設定できるため、自分に合った高さまで、細かく調整ができることが最大の特徴です。

インパクトの瞬間首を振る設計にもなっているので、ティーによる抵抗を受けず、クラブを最後まで振り抜きやすくなっていることもおすすめポイントです。

同じ機能を持ったショートタイプもあるので、そちらもチェックしてみてください。

おすすめティー2.ブリヂストン マグネットティー ロング

おすすめティー2.ブリヂストン マグネットティー ロング

amazon

こちらも上部と下部に分かれているタイプで、マグネットを使って結合されています。

インパクト時に上部と下部が分かれることで抵抗を少なくしており、とても軽く振り抜くことができます。

マグネットでしか結合されていないため、上部がどこかに飛んでいってしまうと心配するかもしれませんが、心配ご無用。

上部と下部は紐でつながれているため、例えティーごと飛んでいってしまっても、きちんと見つけることが可能です。

おすすめティー3.ダイヤ ゴルフティー エアロスパークティー ロング

おすすめティー3.ダイヤ ゴルフティー エアロスパークティー ロング

amazon

首振り機能により特化した設計で、インパクト時の抵抗をなくします。そのため、通常のティーを使用したときよりも飛距離アップが期待できます。

高さ調節も可能で、調節後のティーは、そのまま地面に刺すだけで、いつでも同じ高さでティーアップをすることが可能になります。

写真のようなクリアタイプの場合、紫外線に当たると、ヘッドの透明部分の色が変わるため、ティーが飛んでいってしまったときでも、見つけやすくなっています。

おすすめティー4.ライト ブラッシュティー

おすすめティー4.ライト ブラッシュティー

amazon

1本あたりの単価は高く感じるかもしれませんが、折れることも少なく、長期間使用できるため、結果的にコストパフォーマンスは良くなります。

1本1本専用のケースに収納されていて、ブラシの広がりを防いでくれます。

ボールを乗せる部分がブラシ素材になっているため、インパクトしたときの抵抗とエネルギーロスが抑えられ、余分なバックスピンがなくなります。

それにより、飛距離アップを実現し、左右のブレをなくしてくれるため、より遠く、正確にボールを運ぶことができるようになるとのことです。

おすすめティー5.ナナメッティ ゴルフティー NANAMEッティ

おすすめティー5.ナナメッティ ゴルフティー NANAMEッティ

amazon

その名の通り、斜めに刺すことが正解のティーです。普通のティーのようにまっすぐ刺してしまうと、ボールが乗りません。

こちらのティーでティーアップすることで、自動的にティーがターゲット方向に前傾することになります。

それにより、インパクト時の抵抗を減らし、スピン量を減少、飛距離を伸ばす構造を持ったものです。

初めてこちらを使用する場合は構えたときに違和感があると思いますが、ボールに対しては上からアドレスするので、ほとんど気になりません。

ティーケースおすすめ:weiche brise 本革製ティーホルダー・2つ折式

ティーケースおすすめ:weiche brise 本革製ティーホルダー・2つ折式

amazon

ゴルフをするときに、ファッションや小物にこだわる人も多いですよね。しかしそういった人でも、ティーは上着のポケットなどにそのまま収納してラウンドしている人もいます。

せっかくなら、ティーを収納するティーケースにも注目してみませんか?

おすすめは、ティーのほかにグリーンフォークも収納できるこちらのティーケース。

プレーをするときはベルトに装着ができ、ティーを収納後も軽くて薄いため、スイングの邪魔になりません。

高級オイルレザー仕立てのため、見た目にもお洒落感が漂いますね。

ティーケースおすすめ:ダイヤ ゴルフ ティー ホルダー サカナ ブルー

ティーケースおすすめ:ダイヤ ゴルフ ティー ホルダー サカナ ブルー

amazon

また、ユニークな見た目のゴルフティーホルダーもおすすめ。持っているだけで話題にできるおもしろアイテムのひとつです。

ティーだけではなく、ボールも一緒に収納したいという方は、ゴルフポーチを選ぶことで、ひとつにまとめることが可能です。

まとめ

まとめ

getty

初心者のうちはティーを軽視しがちですが、高さによって打ちやすさが変わったり、芝の抵抗をなくしてくれたりと、とても重要な役割を持ったアイテムなのです。

こだわりがでてきたら、ティーを何種類か持ってみるのもいいかもしれません。

ティーによって、飛距離が変わったり振りやすさが変わったりするのを、実際に試してみるというのも面白いのではないでしょうか。

また、ティーは消耗品なので、ご自分に合ったものを見つけてストックしておくといいかもしれません。

ぜひご自分に合ったティーを探してみてくださいね。
お気に入り
akemi

80台を夢見るゴルフ女子

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。