新・貧打爆裂レポート『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン パター』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年6月19日に発売されたオデッセイ『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン パター』の2本です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。ツアーの要望で作られた数量限定のパターの実力は? 動画も含めての試打レポートです。

ツアーラインは僕らの感性を刺激する!

ツアーラインは僕らの感性を刺激する!
『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン パター』は、オデッセイが2020年6月19日に発売したパターです。

このシリーズには、2種類のパターあります。両方を一気に取り上げます。

サイトラインが細く、短い『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン ショートサイトライン パター』と、サイトラインの代わりに、3つのドットが打ってある『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン スリードット パター』の2本です。数量限定のパターです。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン パター』は、2019年の秋に発売された『ストローク ラボ ブラック パター』の兄弟パターのような感じですが、ツアーでのプロの要望を反映したパターです。

ヘッド形状は基本的には『ストローク ラボ ブラック TEN S パター』とほぼ同じで、厳密に確認すると、ブレードとボディーにあった境目がなくなっています。一枚板になっているのです。

非常に細かいのですが、クラウンとフェース部分が一体型になることでボールに伝わるエネルギーロスが減るというメリットもあると思いますが、結果として、滑らかで美しいパターになったと言えます。

【試打クラブスペック】
ヘッド ステンレススチール/ABS
シャフト STROKE LAB シャフト
ロフト 3度
長さ 34インチ
ライ角 70度
価格(税別) 3万8000円

オデッセイのTEN型パターは、テーラーメイドの『スパイダー ツアーシリーズ』と基本的には似たような形状です。

しかし、内部構造は、かなり違います。オデッセイは、重量を後方寄りにするように作られています。この部分を上手に使うことが、『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN パター』シリーズで結果を出すポイントになるのかもしれません。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン ショートサイトライン パター』は、元のモデルでは太く白いサイトラインが引かれていましたが、このパターは、細い3センチ程度のラインが引かれているだけです。

ツアーモデルのパターの中には、サイトラインがないパターもたくさんあります。ゴルファーの中には、サイトラインが邪魔だと考える人もいるからです。

パターヘッドをストローク中に開閉するタイプのゴルファーは、サイトラインがないほうが集中できるという傾向があるようです。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン ショートサイトライン パター』は、ツアーラインという名称に相応しいプロっぽい見栄えのパターです。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン スリードット パター』は、サイトラインではなく、白いドットが3つ並んでいるだけになっています。

よりツアーラインっぽいと感じるゴルファーも多いかもしれません。ラインではなく、ドットが好きというプロも少なからずいます。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン パター』は、コースで打つのが楽しみになるパターです。

自分だけが集中できる特別なパターが欲しいならこれだ!

動画を見てください。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン ショートサイトライン パター』を打ってみました。

僕は、『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN CS パター』を発売以来使用していますし、『スパイダー ツアーレッド パター』も使用していた期間があるので、一応、「蜘蛛使い」の“はしくれ”です(この形状のパターは、蜘蛛型とも呼ばれる)。

余裕を持って、テストすることができました。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン ショートサイトライン パター』の細く短いラインは、ヘッドが締まって見える効果があると感じました。シャープな印象です。

より芯に当てることに集中しやすくなりました。

元々、オデッセイのTEN型のパターは、タッチを合わせやすく、どちらかというと、上りのパットよりも下りのパットのような繊細なタッチが必要なシーンで威力を発揮します。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン ショートサイトライン パター』も、少し強めにストロークしても転がり過ぎずに、狙い通りに止まってくれる感じがします。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン スリードット パター』では、それぞれの印象がより強くなります。ドットのほうがラインよりも小さいからです。

サイトラインが不要だと感じるゴルファーには、こちらのほうをオススメします。

ちなみに、素振りをするだけでも、ストロークのしやすさで、サイトラインが合ったほうが良いか、関係ないかのタイプがわかるはずです。フェースの開閉は無自覚でしているケースも多いので、振りやすさで確認すると良いと思います。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン ショートサイトライン パター』は、芯に当ててナンボのパターです。太いサイトラインでは芯に当たりにくいと感じて、TEN型を諦めていたゴルファーにオススメです。

カッコイイパターですので、シンプルにパッティングをしたいゴルファーにもオススメです。

『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン スリードット パター』は、より小さい目標のほうが集中できるゴルファーにオススメです。

ちなみに、一目惚れしたゴルファーにもオススメします。理由は、他に同じような見た目のパターがないからです。

TEN型の共通の特徴として、速いグリーンには滅法強く、同様に下りにも強いのです。

2本の『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン パター』は、その個性をより強く感じます。

クラウンに段差がなくてツルッとしているところが、個人的には気持ちが良いと思います。

サイトラインがあるほうが安定するゴルファーのほうが多数派ですので、普段から方向性などに不安を感じる人は、他のTEN型がオススメです。

2本の『ストローク ラボ ブラックシリーズ TEN ツアーライン パター』は、入る時は入りまくるパターです。

感性で心の奥で感じ合うみたいな経験ができるパターは、打ち手を選びます。もし、選ばれ、相思相愛になったとすれば、開眼のラウンドの扉が開くという物語の始まりです。

手に取って、素振りをしてほしいパターです。素振りだけでも、十分にいろいろなことがわかるはずです。

選ばれるか? 選ばれないか? すべてはあなた次第です。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
ゴルフ5初心者バナー

カートに追加されました。