新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR アイアン』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2020年7月10日に発売されたブリヂストンスポーツ『TOUR B JGR アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「ブレない、上がる、楽に飛ばせる高機能アイアン」というコピーのアイアンの秘密を明らかにします。動画も含めて試打レポートします。

『TOUR B JGR』は古くて新しい不思議なアイアン!

『TOUR B JGR』は古くて新しい不思議なアイアン!
『TOUR B JGR アイアン』は、ブリヂストンスポーツが2020年7月10日に発売したクラブです。

今さらですが、『JGR』は、ブリヂストンスポーツの飛距離性能を楽しむゴルファーのためのブランドです。

ゴルフメーカーのブランド統合がトレンドだったのは一昔前ですが、『JGR』というブランドもゴルファーの間で確実に認知されているように思います。

『JGR』のアイアンは、前モデルと、前々モデルで3機種ありました(厳密には前モデルの『JGR HF3 アイアン』は現在でも販売中です)。

前々モデルの『JGR HF1』は、ぶっ飛び系アイアンとして、多くのゴルファーを助けました。

前モデルになる『JGR HF3』は7番アイアンのロフトが28度で、飛び系アイアンでしたから、『TOUR B JGR アイアン』は、一段上のぶっ飛び系だと予想していたので驚かされました。

『TOUR B JGR アイアン』も、7番アイアンのロフトは28度で、まったく同じなのです。テクノロジーで比較しても、『JGR HF3』のほうが、最先端のように思えます。

『TOUR B JGR アイアン』は、名称からして「The JGR」という感じなのに……何なのだろうか? と注目したのです。


【試打クラブスペック】
ヘッド ハイパー マレージング鋼450、ターボラバー(ロストワックス精密鋳造)
シャフト N.S.PRO 850GH (S)
ロフト #6/25度、#7/28度、#8/33度、#9/38度、PW/44度
価格(税抜き) 5本セット(#6~#9、PW)8万円

『TOUR B JGR アイアン』は、本当のやさしさとは、スコアアップにつながるものだという主張を感じさせるアイアンです。

ターボラバーで打感を向上させたり、トウサイドにウェイトを入れてミスヒットに強くしたり、新しい素材でフェース下部を1.9ミリまで薄くして初速アップしたりするという3つのテクノロジーは、どれもすでにブリヂストンスポーツが培ってきた安定のテクノロジーです。

つまり、確実に効果が出る技術を結集したアイアンが、『TOUR B JGR アイアン』のようです。

その証拠というわけではありませんが、『TOUR B JGR アイアン』は少し安いのです。

これはある意味で、挑戦だと思いました。

高性能アイアン、というコピーは、最先端と高性能が必ずしもイコールではない、という意味が含まれているとしたら、『TOUR B JGR アイアン』は打ってみるべきアイアンだと思えてくるわけです。

クラシカルなロフトのアイアンに比べれば、確実に1番手アップのロフトでありながら、ミスに強いやさしさでスコアアップできれば、それは良いアイアンだと断言できます。

『TOUR B JGR』は真面目な優等生アイアン!

動画を見てください。

『TOUR B JGR アイアン』は、真面目なアイアンでした。

まず、気になる飛距離性能ですが、余裕の1番手アップです。ミドルアイアンは、1.5番手アップでも良い感じです。

普通に打てば、何ら細工をしなくとも高弾道のきれいな軌跡を描くボールが出ます。

スピン性能は最小限です。その場に、ピタッと止まるまでの強さはありませんが、計算できる範囲内には止まってくれます。

打音は、締まった音質です。やや低音で、音量はちょうど良い感じです。

打ち応えは、柔らかさを感じさせつつ、フェースのどこに当たったかもわかります。

『TOUR B JGR アイアン』で個人的に好感触だったのは、構えやすいことです。つまり、狙いやすいのです。

アドレスで狙ったところに飛ぶかはアイアンの性能と言えますが、それが飛ぶのです。

高性能アイアンとは何か? という問いに、『TOUR B JGR アイアン』は答えを見せてくれました。

『TOUR B JGR アイアン』は、すべてのゴルファーにオススメしたいアイアンです。

初心者から上級者まで、このアイアンで結果が出ればクセがないナチュラルなスイングができていると言えるからです。

真面目なアイアンだと最初に書いたのは、使い手をひたすら助けるアイアンになっているからです。

アイアンは、一部の機能に特化して作ると、それがクセになってゴルファーのスイングに悪い影響を与えたり、スコアメイクという意味で不安定要素になったりします。

『TOUR B JGR アイアン』には、それがありません。

『TOUR B JGR アイアン』は、スライスに悩んでいるゴルファーにもオススメです。

クセがないと書きましたが、唯一、感じたのがとらえやすくなっていることでした。

とらえる挙動があることがゼロ基準だと考えるメーカーも多いので、クセではないと考えて良いと思います。

ややとらえる動きに敏感なので、スライサーは使いやすいアイアンだと言えますし、もちろん、ドロー打ちにとってもナチュラルなわけです。

『TOUR B JGR アイアン』は、時代には合わないのかもしれません。

新しいアイアンにするなら挑戦するようなテクノロジーを体感したいというゴルファーが多いからです。また、それが可能なアイアンの大きな過渡期が2020年だということも影響します。

落ち着いて、良いところ取りのようなアイアンが求められるのは、もう少し先なのかもしれないと個人的にも考えます。

だからこそ、『TOUR B JGR アイアン』は先取りのアイアンになるという不思議な感覚を味わえます。スコアアップするためのクラブとして、わかるゴルファーには、打ってみてほしいアイアンです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。