新・貧打爆裂レポート『スコッティ・キャメロン スペシャルセレクト デルマー』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2020年4月17日発売のタイトリスト『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR(スコッティ・キャメロン スペシャルセレクト デルマー)』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「タイムレスデザインでありながら、すべてが進化」というコピーのパターの秘密を明らかにします。動画も含めて試打レポートします。

新しいヒールシャフトパターは懐かしい

新しいヒールシャフトパターは懐かしい
『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』は、タイトリストが2020年4月17日に発売したパターです。

タイトリストによる『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT シリーズ』の説明は、次のような感じです。

スコッティ・キャメロンは、世界で最も厳しいコンディションの下で戦うトッププレーヤーのためにパフォーマンスを発揮するパターを、カリフォルニアのパタースタジオにて開発してきました。そして、彼の数十年に及ぶ削り出しパター作りの経験は「スペシャルセレクト」シリーズによって、進化を遂げることとなりました。

『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』のヘッドについての説明は以下のようになっています。

ヒールシャフト型でコンパクトな最新ミッドマレット。ソリッドなステンレススチールから精密に削り出され、打感を重視するトゥフローを熟知したプレーヤーに適したモデル。


【試打クラブスペック】
ヘッド 303 ソフトステンレス
ロフト角 3.5度
ライ角 70度
価格 オープン価格

『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』は、ヒールシャフトネック、いわゆる、L字です。

2020年において、L字といえば、小さなマレット型のヘッド形状になるのは王道として納得です。美しいパターです。

削り出しでフェースまで継ぎ目がない一体構造で、アドレスビューでも昔のデルマーと変わりません。完成されたオーソドックスを感じます。

ソールを見れば、ヒールとトウにウェイトが入っていて交換できるようになっています。

『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』は、特別なテクノロジーではなく、今までのテクノロジーをさらに洗練させたパターのようです。

絶滅寸前だからこそ持っているべきパター!

動画を見てください。

『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』は、打たなければわからない魅力があるパターです。

「タイムレスデザイン」というコピーは見事です。特に『DEL MAR』は、まさに、オールドであり、絶滅寸前のL字の生き残りです。良いものは時代を超えて、生き残ってほしいもので、パターならば、それは可能なのではないかと思うからです。

L字ではなく、ヒールシャフト型とタイトリストは分類するようですが、ネックの処理は言うことなしです。一切の歪みがなく、スッと構えられます。

また、ブレードのトップラインが曲面なのが、さり気なく良いのです。構えやすさの一因になっていると思われます。

素振りでもわかります。振りやすい重さやバランス。“入りそうだ”と思わせます。

実際に打ってみました。

ボールがよく転がることに驚きました。ミスヒットに強いことも驚きです。良い意味で、少し鈍感になった感じがしますが、それが上手に機能しているのです。

いろいろな速さのグリーンでパットをするアマチュアゴルファーにこそ、『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』はオススメです。

新しいパターは、速いグリーンに対応するためにしのぎを削っていますが、その分、重いグリーンでは使いづらかったりするパターもあります。このパターは、そのような心配はご無用です。

『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』は、ショットと同じ感じで打ちたいゴルファーと、過去に『DEL MAR』を使っていたゴルファーにオススメします。

進化がわかるほうが、その機能を使いこなせるからです。

『SCOTTY CAMERON SPECIAL SELECT DEL MAR』は、高額な価格帯のパターです。その価値があるかどうかは、使い手の判断です。僕は、ここまでの仕上げと機能的な完成度のパターであれば、価値があると考えます。

L字が絶滅してしまう前に、1本持っていても良いパターです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。