新・貧打爆裂レポート『GENEM 010 SPIKELESS Boa』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月13日に発売されたミズノ『GENEM(ジェネム)010 SPIKELESS Boa(スパイクレス ボア)』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。10代目で初めてスパイクレスになったゴルフシューズの秘密に迫ります! 動画も含めての試履きレポートです。

『GENEM』は10代目でスパイクレスになった!

『GENEM』は10代目でスパイクレスになった!
『GENEM 010 SPIKELESS Boa』は、ミズノが2020年3月13日に発売したゴルフシューズです。

『GENEM』ブランドは、9代目まで2E、3E、4Eという3つのワイズが選択できる、日本人の足のための特別なシューズとして、たくさんのゴルファーを助けてきました。

シューズとしても、ミズノがあらゆるスポーツで蓄積したテクノロジーをゴルファー用にチューニングして搭載した、フラッグシップモデルに相応しい高性能なものになっていました。

10代目になる『GENEM 010』は、大きく変わりました。

まず、最新のポイントは、ソールが初めてスパイクレスになったのです。

ミズノは競技用のシューズで、ゴム底の最先端のテクノロジーを持っています。時代の流れとはいえ、『GENEM』のスパイクレスは、高機能のシューズという意味で期待させます。

残念なことにワイズは2種類になりました。2Eを廃して、3Eと4Eのみになります。日本人の9割以上は、このふたつのワイズで対応できるようです。

【スペック】
カラー ホワイト×ネイビー(他に、ブラック×レッド)
サイズ 24.0~28.0、29.0(EEE、EEEE)
重さ 約350グラム(25.0センチ片方)
素材 甲:人工皮革、底:合成底
製法 セメント方式
価格 オープン

改めて、じっくりとソールを見てみると、『GENEM 010』のソールはちょっと特徴的です。

芝の上で高いグリップ力を発揮する「GMソール」と呼ぶそうです。

ソール部の外側と内側の高さを変えることにより、硬い地面では外側の突起のみが機能し、芝生の上ではソール部全体が沈み込み内側の突起がさらなるグリップの効果を発揮するのこと。

カラーの違いが高さの違いになっています。濃いカラーは外側で高く、薄いカラーは内側で低くなっています。

ミズノの検証では、このソールは、スパイクシューズと同程度のグリップ力を発揮するということでした。

もう一つ、『GENEM 010』で興味深かったのは、軽量化です。前のシューズよりも片足で70グラムも軽くなっているのです。

ゴルフシューズは、ある程度の重さがあったほうがいい、というセオリーがあります。僕もそう考えているので、軽くなると聞いた時に、ちょっと嫌な予感がしました。

まあ、どれもこれも、百聞は一見にしかず、です。

コースに持ち込んでラウンドしてみました。

究極のスパイクレスシューズが『GENEM 010』!

動画を見てください。

『GENEM 010』で最初に感じたのは、履き心地の良さです。

『GENEM』は、履き心地の良さが代々の特徴でした。歴代のモデルの中には、硬めのものと、軟らかめのものがありましたが、『GENEM 010』は、やや軟らかめの履き心地です。

歩いてみると、これも特徴だった「前に自然に足が出やすい」という部分も、しっかりと踏襲されています。

僕は膝が良くないので、この機能に大いに助けられていますが、そういう意味では、ホッとしました。

舗装された道路や、クラブハウスの硬い絨毯(じゅうたん)では、外側の硬くて高い部分が機能して、硬い踏み応えです。

『GENEM 010』の本領が発揮されるのは、芝生の上です。

ビックリするほど、しっくりするのです。本当の履き心地は、芝生の上で発揮されます。

スパイクレスは滑ると勘違いしている人がいますが、グリップ力だけを比較するとソフトスパイクに勝る実験結果が出るシューズもあるのです。

『GENEM 010』を履いて、ボールを打ってみました。

スイングをするために工夫されています。グリップしてほしいところがきっちりとグリップしてくれます。

前モデルでソフトスパイクの『GENEM 009』とまったく同じだとは言えませんが、かゆいところに手が届く、という感じで同じような感覚でスイングできます。

他の普通のシューズと比較すると、『GENEM 010』のほうがグリップすると感じるゴルファーも多いと思います。

テストで他のスパイクを履いて感じるのですが、『GENEM』のシューズは、8番アイアンで1、2ヤードキャリーが出ます。左足の踏ん張り具合が違うので、安心してグッと乗る感じでスイングできるからだと推測しています。

『GENEM 010』はスパイクレスになったので、「ダメかなぁ」と思っていたのですが、同じだけ飛びます。これはお見事でした。

『GENEM 010』は、スパイクレスシューズを試してみたいというゴルファーにオススメします。

カートでのゴルフが多くなりましたが、歩きのゴルフが多いゴルファーにもオススメです。何ら我慢せずに使えるゴルフシューズです。

『GENEM 010』を新たなエースシューズにすることに、4ホールぐらいで決めていました。

ミズノのゴルフシューズで特筆すべきところは、世界一の防水性能です。

縫い目や、合わせ目からシューズ内に水が染みることはありません。これだけでも、所有する意味があるゴルフシューズだと言えます。

『GENEM 010』はスパイクレスですので、弱点は、磨り減ったり、ヘタったら、シューズそのものを交換するしか方法がないことです。

そして、表面が濡れている芝生の上で、少しだけグリップ力が落ちることです。

実は、1990年代に起きたスパイクレスシューズブームで、数年間、僕はいろいろなメーカーのスパイクレスを履いてゴルフをしていました。

あれから四半世紀経って、スパイクレスシューズの進化に驚かされました。

これからはスパイクレスシューズの時代になると思われます。

『GENEM 010』を履くと、他のシューズが履けなくなる可能性がありますが、最もいいものを知って、それを基準にすることはゴルフを楽にする方法のひとつです。

『GENEM 010』は、ゴルフシューズが腕前にも体力にも影響されない数少ないゴルフ用具であることを思い出させてくれます。足下からゴルフのレベルアップです。

時代の流れに乗り遅れないように、試してみることをオススメします。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。