新・貧打爆裂レポート『ツアーレスポンス ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月に発売されたテーラーメイド『ツアーレスポンス ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。テーラーメイドの新しいツアーボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『ツアーレスポンス』は一般的なヘッドスピードでOK!

『ツアーレスポンス』は一般的なヘッドスピードでOK!
『ツアーレスポンス ボール』は、テーラーメイドが2020年3月に発売したボールです。

“アマチュアにも最高のボールを。”というコピーのボールは、ツアープレーヤーが使用しているボールのテクノロジーを利用しつつ、一般的なアマチュアゴルファーでも最高のパフォーマンスを発揮するように開発したボールとのことです。

【試打ボールスペック】
カラー ホワイト
構造 3ピース
コア 40コンプレッション・ハイスプリングコア
アウターコア スピードマントル
カバー ツアーキャストウレタン
価格 オープン価格

『ツアーレスポンス ボール』で、インパクトがあるのは、対象ヘッドスピードです。

宣伝用の『ソフトレスポンス ボール』の比較表の一番上の項目が対象ヘッドスピードなのですが、その数字は、どちらのボールも32~42メートル/秒なのです。

『ソフトレスポンス ボール』は、一般のゴルファー向けの安価なボール。『ツアーレスポンス ボール』はツアーボールのラインアップです。それが同じヘッドスピードを対象としているのです。

『ツアーレスポンス ボール』は、思い切って、一般的なヘッドスピードを対象に制作されたボールだということなのです。潔いではないですか。

ヘッドスピード40メートル/秒の僕としては、打つ前から好きになってしまいそうです。

ウレタンカバーでツアープレーヤーが求めるスピンをかけられて、軟らかいコアは一般ゴルファーのヘッドスピードでも潰れて、高初速、低スピンのボールを打てるというわけです。

『ツアーレスポンス ボール』は、テーラーメイドが誇る『TP5』『TP5x』というツアーボールのテクノロジーを引き継いでいるのです。性能の良さは信頼できます。

それでいて、市場に出ているツアーボールよりも少し安い価格帯になるそうです。

ボールを見つめていると、“四の五の言わずに、打ってみろ!”という声が聞こえてきそうです。

上手くなったような気分になれる『ツアーレスポンス』!

動画を見てください。

『ツアーレスポンス ボール』をコースで打ってみました。

正直に書くと、期待が大きくなっていたので、裏切られたくないという不安もありました。この手のコンセプトのボールは近年増えていますが、いいボールと、そうでもないボールがあるからです。

一発目のドライバーで、不安は消えました。

飛距離性能はトップクラスです。同じテーラーメイドの『TP5』や『TP5x』も飛距離が出るツアーボールですが、僕の場合、『ツアーレスポンス ボール』のほうが飛距離が出ました。

225ヤード飛びました。これはトップレベルの中で、さらにトップ争いができます。

軟らかい打ち応えです。そして、軽いです。打音は乾いた高音で、しっかり目の音量です。打ち出しはやや高めで、弾道も高めになります。

フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン。すべて同じ感覚です。短くなるほどスピン性能が上がっていきますが、直線的に変わっていくのではなく、ショートアイアンから急激にスピンがかかるようになります。

この辺りは好みですが、僕は好感触でした。スピン性能に関しては、まさにツアーボールそのものです。

それぞれに飛距離はトップレベルを維持しています。

ショートゲームもいいです。小気味が良い打音。小さな力でも、必要なスピンはかかります。

パットの時のしっかり感は、直進性が高いというイメージが作りやすいです。

3ホール目で、これで安いのなら『ツアーレスポンス ボール』は買うべきボールだと考えるようになりました。

ツアーボールとして、何の我慢もせずに使えることは、最初の関門ですが、完璧にクリアです。

『ツアーレスポンス ボール』は、ヘッドスピードが40メートル/秒以下のゴルファーで、ツアーボールを使いたいゴルファーにオススメします。

飛距離性能とボールとしての総合力の高さはお見事なボールです。

また、軟らかいボールが好きなゴルファーにもオススメします。

思い切った軟らかさがあります。軟らかいボールは、もはや珍しくはありませんが、その中でも明確に軟らかさを強調しています。

『ツアーレスポンス ボール』には、驚かされました。

まるで、自分のために調整してもらった特別なボールのような気分にさせるボールでした。

ゴルフが上手くなった錯覚に陥り、結果的に、スコアアップしてしまうことを想像させるボールです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。