新・貧打爆裂レポート『スパイダー S NAVY パター』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月7日に発売されたテーラーメイド『スパイダー S NAVY パター』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新しいスパイダーパターの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

やさしさを極めたスパイダーパターが『S』!

やさしさを極めたスパイダーパターが『S』!
『スパイダー S NAVY パター』は、テーラーメイドが2020年2月7日に発売したクラブです。

テーラーメイドの契約プロが使用する『スパイダー パター』『スパイダー X パター』の追加バージョンが、『スパイダー S NAVY パター』です。

『スパイダー S NAVY パター』は、“トッププロとともに世界中のツアーで活躍してきた人気の「Spider」に、より高い安定性を兼ね備えたニューデザインパター誕生”というコピーのクラブです。

【試打クラブスペック】
ヘッド アルミニウムボディ+タングステンウェイト
フェース アイオノマー+アルミニウム
シャフト シングルベンド
ロフト 2.5度
長さ 34インチ
ライ角 70度
グリップ Super Stroke Pistol GTR 1.0 BK-WH
価格 4万円(税別)

『スパイダー S NAVY パター』の第一印象は、ツアーの要求を満たすのではなく、今までスパイダー型のパターを手に取らなかったアマチュアゴルファーのためのやさしいパターでした。

中央にぽっかりと空洞があるのです。この穴が丸ではなく、四角なのが特徴で、ミソのように感じます。

複雑な線を排除して、単純に狙いやすく感じさせます。

空洞にすることで稼いだ重量を左右と後方に配置することで、ミスヒットに強くなっています。ちなみに、その重量は80グラムなのだそうです。強烈です。

これは、距離感を合わせやすいという機能につながります。

『スパイダー S パター』には、今回試打した「ネイビー」のヘッドカラーと「チョークホワイト」という白いヘッドカラーがあります。この辺りも、締まって見える「ネイビー」と、大きく見える「ホワイト」というアマチュアゴルファーが求めるものに合致しています。

『スパイダー S NAVY パター』は、シングルベンドのみで、ネックの種類がいろいろある最近のトレンドとは一線を画しています。

この辺りも、自分のパットのスタイルや好みが明確ではないアマチュアを迷わせなくていいと思いました。

とはいえ、シャフトはブラック加工されていて、高級感がありながら、邪魔もせずに、とてもいい感じなのです。

通の玄人ゴルファーではなく、これから自分のパッティングを作っていくような一般的なゴルファーに伝わるようにテストをしようと決意しながら、実際に『スパイダー S NAVY パター』をコースに持ち込みました。

スパイダー S は蜘蛛嫌いのためのパター

動画を見てください。

『スパイダー S NAVY パター』の打音は、樹脂のインサートとは思えないほど、淀みがない美しい高音の金属系の音質です。音量もやや大きめでとてもいいです。

空洞が上手く生かされているのだと思われますが、打音がしっかりしていることは、距離感に直結するケースがあるので、やさしいパターを求めるときには馬鹿にできないのです。

それでいて、『スパイダー S NAVY パター』の打ち応えは、スパイダーパターの感触を継承しています。

硬過ぎず、柔らか過ぎず、それでいて、しっかり打てば強く転がって、繊細に打てば敏感に転がります。

『スパイダー S NAVY パター』は、予想した通り、広い範囲の一般のゴルファーにオススメできます。

形状はスパイダー型ですが、扱いやすさの見本のようなパターだと言えます。

真っすぐ引いて、真っすぐに打つ、という基本を身に付けるのに最適ですし、パターが苦手で、基本を忘れがちなベテランゴルファーでも、『スパイダー S NAVY パター』に基本を再確認させられるようなドラマを想像させます。

僕はベントシャフトのパターが苦手で、そのマイナスをパター試打の評価のバイアスにならないように意識していますが、『スパイダー S NAVY パター』は、それを忘れてしまいました。

つまり、構えたとき、ストローク中に、ベントシャフトが余計なことを一切しないのです。

個人的には、その部分でも、このパターの総合力の高さが証明されると思いました。

スパイダー型のパターを使いこなしている人を「蜘蛛使い」と敬意を込めて呼ぶことがあります。

『スパイダー S NAVY パター』は、そういう人ではなく、むしろ「蜘蛛嫌い」だった人にこそ、オススメしたいパターです。

よく転がり、狙い通りに打ちやすいというだけで、パターは基本的には合格です。

『スパイダー S NAVY パター』は、人工芝のマットではなく、本物の芝生のグリーン上でこそ、打ってほしいパターです。本番のグリーンで機能を発揮できるような工夫は、スパイダーパターから引き継いでいるのです。

『スパイダー S NAVY パター』は、お見事なパターでした。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
フォーティーン RM4 20200916-1016

カートに追加されました。