知らないとマナー違反!?ディボット跡には目土を必ずしましょう!
ゴルフ初心者

知らないとマナー違反!?ディボット跡には目土を必ずしましょう!

0

ゴルフコースでは、守らないといけないマナーやエチケットがあります。

アイアンショット後にできるディボット跡を直すのも、プレーヤーとしてのエチケットです。

ゴルフ初心者には、聞き慣れない言葉かもしれませんが、ここではディボット跡についてご説明していきます。

ディボット&目土とは?

みなさんは、ゴルフ用語でディボットをご存知ですか?

ゴルフ初心者だと、はじめて聞く言葉かもしれませんね。

ディボットとは、アイアンショットで削り取ってしまった芝の破片のことで、芝が削られて土が露出してしまった場所のことをディボット跡と言います。

そして目土とは、ディボット跡に入れる砂のこと。もし、ラウンド中にアイアンショットで芝を削り取ってしまったら、目土をできるだけ平に入れるようにするのが、ゴルフのマナーであり、エチケットとなります。

目土の入った目土袋は大抵カートに備え付けられているので、スロープレーにならないように、手早くディボットを直すようにしましょう。

なぜ目土が必要なの?

目土をすることで、芝の再生を促すことができます。

ゴルフ場の芝は、常に一定のクオリティを保たなければ、プレーヤーのプレーに支障が出てしまいます。

そこでディボット跡には目土をして、芝の状態を良好に保つ必要があります。

また目土をすることは、後続プレーヤーへの配慮にもなります。

もし、打球がディボット跡に入ってしまうと、非常に打ちにくく、後続プレーヤーにとって迷惑となってしまいます。

コース保護、他プレーヤーへの配慮から、目土は非常に大切なエチケットとなっています。

ちなみに、本州のほとんどのフェアウェイで使用されているコーライ芝では、芝生が細切れになって飛んでいきます。その芝生が削れてなくなったところへ目土を施しましょう。

北海道や富士山周辺など寒冷地のコースでよく使用されているベント芝のフェアウェイの場合は、俗に“わらじターフ”などと呼ばれるように、芝生が固まりになって飛んでいきます。

このような場合は、目土よりもまず、飛んで行った芝生(ディボット)を拾ってディボット跡に戻すようにしましょう。

オススメの目土袋をご紹介パート1

憧れのゴルフデビューに、揃えておくと便利な小物の一つが、目土袋です。

せっかく購入するなら、ディボット跡を直すときもやっぱりかっこいいものが良いですよね。

そこでまずオススメしたい目土袋が、アディダスの目土袋です。

ロゴマークがシンプルなので、いろいろな服装とも合わせやすくなっています。

また、クラブメーカーではないので、どのブランドのキャディバッグやクラブと合わせても違和感がありません。

ネット通販はもちろん、いろいろな量販店で取り扱っており、手に入りやすい点も○です。

最初に何を購入すれば良いか、迷っている場合はこちらの商品を選んでみてはいかがでしょうか。


[アディダスゴルフ] サンドバッグ ワンショルダー AWS44 A15786 レッド

オススメの目土袋をご紹介パート2

次にご紹介するのは、目土袋ではなく目土ボトルです。

ボトルの場合、スコップを使わずにひっくり返すだけなので、片手でスマートに目土できます。

価格も手ごろ、デザインもシンプルなので、服装とも合わせやすくてオススメです!


ここまでディボット跡と目土について、ご紹介してきましたがいかがでしょうか?

他プレーヤーへのエチケットとして、ディボットは素早く直すことをお忘れなく。

ここでは2種類の目土袋をご紹介しましたが、みなさんもお気に入りの目土袋を見つけて、ラウンドに出掛けてくださいね。


サン・マウンテン SUN MOUNTAIN(サン・マウンテン) グリーンズキープ 目土ボトル (ゴルフ小物他) グレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

知らないとマナー違反!?ディボット跡には目土を必ずしましょう!

カートに追加されました。


×