新・貧打爆裂レポート『MAVRIK Sub Zero ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月7日に発売されたキャロウェイ『MAVRIK Sub Zero(マーベリック サブゼロ) ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新ブランドの中上級者向けドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

挑戦するゴルファー向けのMAVRIK ドライバー!

挑戦するゴルファー向けのMAVRIK ドライバー!
『MAVRIK Sub Zero ドライバー』は、キャロウェイが2020年2月7日に発売したクラブです。

キャロウェイには『EPIC(エピック)』というブランドがあり、より一般向けとして『ROGUE(ローグ)』というブランドがありましたが、その『ROGUE』を廃して、新しく誕生したのが『MAVRIK』です。

3種類のドライバーがありますが、『MAVRIK Sub Zero ドライバー』は最上位機種という扱いになります。カタログ的な表記では、プロ、上級者向けというドライバーです。

『MAVRIK Sub Zero ドライバー』は、数量限定販売になりますので、ご注意ください。

ロフト別、番手別にさらに進化した「FLASHフェースSS20」を『MAVRIK Sub Zero ドライバー』も採用しています。ちなみに、このフェースは、素材も「FS2S」という新しいチタンなのだそうです。

初速がアップするだけではなく、驚異的に芯が広くなるという効果がよりアップしているのです。

『MAVRIK Sub Zero ドライバー』だけの特徴としては、450ccという小ぶりのヘッドと、変更が可能な14グラムと2グラムのウェイトをフェース寄りと後方の2ヵ所に配置して低スピンのボールを打ちやすくしてあることです。

もちろん、定番となっている2本の柱がフェースの裏でヘッドを支える「JAILBREAK(ジェイルブレイク)テクノロジー」とクラウンをカーボン化して重量を調整している「トライアクシャル・カーボンクラウン」も搭載されています。

ネックには「アジャスタブルホーゼル」が装備されているので、ロフトやライ角などを変更することができます。

【試打クラブスペック】
ヘッド 8-1-1チタンボディ+トライアクシャル・カーボン クラウン+スクリューウェイト フロント2g バック14g
フェース FLASH フェース SS20 鍛造 FS2S チタン
シャフト Diamana ZF 60(S)
ロフト 9.0度
長さ 45.5インチ
ライ角 56度
価格 9万4000円(税別)

9.0度の『MAVRIK Sub Zero ドライバー』は、アドレスしてみると「絶壁感」が強烈です。

フェースが垂直の壁みたいです。これは好みで、個人的には大好きです。気合いのスイッチが入ります。

構えてみると、しっくりきます。フェースが開き過ぎず、閉じ過ぎず、狙い通りにスッと構えられるだけでなく、弾道のイメージも出るからです。

『MAVRIK Sub Zero ドライバー』は、その他にも「サイクロン形状」という空気抵抗を削減して、ヘッドスピードを上げるテクノロジーも採用しています。2020年の最新ドライバーです。

打てるものなら打ってみなさい、という感じの挑戦的なドライバーですが、好感を持ちつつ試打をスタートしました。

ホンモノの棒球でぶっ飛ばすのがSub Zeroだ!

動画を見てください。

『MAVRIK Sub Zero ドライバー』の打音は、カチッとした金属系の音質で、少し湿った音です。残響は少なく、音量は控えめです。

順序が逆になりますが、アドレスビューは満点です。

あまりの完成度に、美しい、と感じました。機能美の極致ですが、これは好き嫌いがありますので、参考意見として考えてください。

『MAVRIK Sub Zero ドライバー』は、9度のロフトなりの打ち出しです。

浮力は最小限の中弾道、ややドローでボールは飛んでいきました。230ヤード。トップクラスの飛距離性能です。

棒球系の弾道なので、理想的なランが出ますが、僕のヘッドスピード(40メートル/秒)だとキャリーがかなり不足します。230ヤードも、キャリーは190ヤード、転がりが40ヤードという感じでした。

次のホールで、左には行きづらいという特徴を理解した上で、フェードを意識して打ってみました。ほぼストレートにボールが飛んで、235ヤード。これは、スピンがやや増えてキャリーが伸びた結果です。

『MAVRIK Sub Zero ドライバー』は、テクニカルなゴルフに自信があるゴルファーにオススメします。

もちろん、パワーヒッターにもオススメです。そのほうが、王道で、『MAVRIK Sub Zero ドライバー』の機能をフルに体感できるはずです。

しかし、非力なゴルファーでも、上手く打てれば、ランを使って飛距離を稼げるドライバーショットが可能なのです。

初速感は強く、強弾道です。また、芯を少し外したぐらいでは飛距離が落ちません。この辺りの性能は、お見事です。新しい時代を感じました。

楽しみながらショットしました。いろいろなことがしたくなるドライバーですが、ストレート系のボールに合わせてチューニングされている感じがしました。

ボールを曲げることもできますが、かなり敏感なのと、曲がっても距離が落ちないので、スコアをロスするリスクは増します。

曲げてコントロールするには、相当に打ち込まなければ使いこなせない予感がしました。

とにかくストレートなボールで、強弾道を楽しむのが『MAVRIK Sub Zero ドライバー』の正しい使い方です。

これがホンモノの棒球なのかもしれない、と納得した試打になりました。

平均飛距離は235ヤード、最長飛距離は240ヤードでした。

『MAVRIK Sub Zero ドライバー』で感じたのは、テクニックを活かせる安心感です。やさし過ぎないところと、難し過ぎないところのバランスが良いのです。

最新でありながら、個性もあるドライバーです。長く付き合わなければわからない異性のような魅力が、『MAVRIK Sub Zero ドライバー』にはあるのです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。