ウエストウッド、祝杯で二日酔い~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#156

お気に入り

先週は欧州ツアー競技「アブダビHSBC選手権」で46歳の大ベテラン、リー・ウエストウッドが2年ぶり、欧州ツアー通算25勝目となる優勝を果たし、大きな話題になりました。

彼はこの勝利で、90年代、00年代、10年代、そして20年代と4つの年代でツアーを制したことになります(4つの異なる年代での優勝は同ツアー3人目)。

ウエストウッドは世界No.1ランカーにもなった欧州ツアーの“兄貴分”的な存在。優勝が決まると、多くのツアー仲間から熱い祝福を受けていました。

そして、その夜はさらに熱い祝宴が続いたのでしょう。あくる朝、彼のツイッターには……。

「ひどい頭痛だ!」

「皆喜ぶんだろうけど、ひどい頭痛だ!!!」

と、赤ら顔でベッドから起き上がれない自らの姿をシェア。

完全な二日酔いです。

でも、そのツイートには世界中から2万に迫る「いいね!」と、多数の祝意や笑いのリプライが寄せられました(1月21日現在)。

それでも、直後のインタビューでは、「今月(1月)はもう飲まない。だから、2月1日はひどいことにならないよう、強い酒は避けたほうがいいかもしれない」とちょっと反省のコメントを述べていました。

2014年のライダーカップでは

1月中の禁酒宣言はちゃんと守れるでしょうか?

ウエストウッドはもともとお酒が大好きのようです。

2014年、欧州チームが勝利したライダーカップではアルコールがからむ、ちょっと愉快なシーンが撮影されています(上掲の動画)。
 
これは、欧州チームの優勝記者会見場でのこと。

派手なシャンパンファイトを終えたチーム一同が席に着き、記者からのまじめな質問に答える中、ウエストウッドはどこか眠たそう。

すでに酔っぱらっているのか? と思ったら……。

「記者会見なんていいから、早く飲もうぜ」といった感じで、オチャメなキャラを発揮しています(笑)。

この年のライダーカップの会場はスコットランドのグレンイーグルス。

欧州側のホームのリゾートホテルということもあってか、勝った欧州チームは一晩中大騒ぎの祝宴を展開。

途中、アメリカチームの“気のいい”ライバルたち=リッキー・ファウラーやババ・ワトソンが上掲の姿で乱入するなど、大いに盛り上がったようです(下掲の画像左はロリー・マキロイ)。
 
このときのさらに詳しい様子は、下記リンク先を見てください。

その中には、翌日、ウエストウッドが自らSNSにシェアした、いかにも二日酔いで苦しむ姿が「少しはラクになった」というつぶやきとともに紹介されています。

なんとも愛すべき(当時)41歳です。

シェーン・ロウリーも乱痴気

最後は昨年の全英オープンで優勝した、アイルランドのシェーン・ロウリーの祝宴風景です。

大会が開かれた北アイルランドから、地元アイルランドのパブ? に戻って開かれた当日夜の祝勝会でしょうか。

この日のヒーローが自ら先頭に立っての大盛り上がりです。
 
実はロウリーは、翌週、といっても4日後に大会初日を迎えるアメリカ開催のWGC「セントジュード招待」にエントリーしていたのですが、この盛り上がりですから当然欠場となりました。

仕方ありませんね。

日本ツアーでも、以前は酒宴は盛んだったのですが、最近は概しておとなしくなったようです。

でも、優勝したときくらいは、そのハッピーな祝宴風景を少しシェアしてもらいたいものです。

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。