新・貧打爆裂レポート『トゥーロン パター ATLANTA』

今回の貧打爆裂レポートは、2019年12月13日に発売されたオデッセイ『トゥーロン パター ATLANTA(アトランタ)』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。トゥーロン パターにSTROKE LAB シャフトを装着したのパターの深層に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

オーソドックスと最先端の融合したパター!

オーソドックスと最先端の融合したパター!
『トゥーロン パター ATLANTA』は、オデッセイが2019年12月13日に発売したパターです。

シルバー系のカラーのヘッドに、STROKE LAB シャフトが装着されたパターは、遠目に見てもなかなかカッコいいパターです。

【試打クラブスペック】
ヘッド ステンレススチール+ステンレス・ソールプレート(約20g)/シルバーPVD仕上げ
フェース ノンインサート(ダイヤモンドミル・フェース)
シャフト STROKE LAB シャフト
ロフト 3度
長さ 34インチ
ライ角 70度
価格 6万1000円(税別)

『トゥーロン パター』が登場して、約1年。

『トゥーロン パター』に新しいモデルが登場しました。『トゥーロン パター ATLANTA』は、そのうちの1本です。

まず注目すべきは、「STROKE LAB シャフト」です。

2019年、ツアープレーヤーが自らのエースパターのヘッドに「STROKE LAB シャフト」を入れるということが大ブームになりました。

ヘッド側がスチールで、グリップ側がカーボンというツートンカラーのシャフトは、それだけで安心感があると感じるゴルファーもたくさんいるのです。

『トゥーロン パター ATLANTA』には、「STROKE LAB シャフト」が装着されています。

「STROKE LAB シャフト」は、シャフトの軽さの分をヘッドとグリップに重量配分できることが利点だということは有名ですが、実は、従来のシャフトより硬めになっていることと、トルクが少ないところも、大きなプラスポイントになっているのです。

『トゥーロン パター ATLANTA』は、前モデルはヘッドカラーがブラックでしたが、新しいモデルはシルバーです。

ブラックとシルバーのカラーの差は好みに過ぎない、という説もありますが、実験してみると、暗いカラーのヘッドはゆったりストロークしやすくなったり、明るいカラーのヘッドはしっかりと強くヒットしやすくなるという統計的な実験結果もあります。

『トゥーロン パター ATLANTA』のシルバーのヘッドは、サテン仕上げになっていて、ほんのりと上品です。

若干ですが、ヘッドが大きく見えますので、安心感を感じるゴルファーもいると思います。

フェースは、インサートなしで、細かいミーリングで仕上げてあります。これが、ソリッドで、繊細な感触を生んでいます。

実際の『トゥーロン パター ATLANTA』を手にして、素振りをしてみると、最初に強く感じたのは「重さ」でした。

ずっしりと重いパターだと思いましたが、シャフトが機能しているのか、ストロークしやすいのです。

ヘッドの形状は、ピン型を大きくしたセミマレット型で、オーソドックスと分類できるほど馴染みがある形状ですが、ショートネックでL字が好きなゴルファーにも使いやすいようになっています。

アドレスすると自然にフェースが目標に向く感じがします。

『トゥーロン パター ATLANTA』は、入る気がするパターです。

完璧に構えられる快感を得ることができるパター!

動画を見てください。

良い転がりをするパターです。『トゥーロン パター ATLANTA』でラウンドをしてみての感想です。

パターヘッドだけではなく、シャフトも含めた総合力なのだと思いますが、テークバックが真っすぐに引きやすいのです。

良いストロークができるから、相乗効果で転がりが良いのだと感じました。

自分の実力を明確に発揮したいゴルファーには、『トゥーロン パター ATLANTA』はオススメです。

余計なことをパターがすることはありません。それでいて、パットに必要な要素で欠けるものもないのです。実力が剥き出しになる代わりに、思った通りの転がりを生み出してくれるパターです。

また、重いパターが合っているゴルファーにも、『トゥーロン パター ATLANTA』はオススメです。

ストロークする際には、その重さを違和感のようには感じさせないところがお見事ですが、重いパターが好きなゴルファーには唯一無二の存在になる可能性があると感じました。

『トゥーロン パター ATLANTA』は、打感も最高です。

打音の響きや音量は、まさに、ノンインサートだからこそで、打ち応えも繊細で素晴らしいです。

インゴットからの削り出しのパターはたくさんあります。中には、削り出しで作る必要性に疑問を持ってしまうパターも存在します。

しかし、『トゥーロン パター ATLANTA』は、削り出しでなければ成り立たない、と納得させてくれます。

高額な価格帯のパターですが、その価値があると感じさせてもくれます。

『トゥーロン パター ATLANTA』は、構えやすいパターとして天下一品です。

それは万民が感じることができるものです。思い切って、ボールを転がしてみてほしいパターです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップX2ボール200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901