肘が痛くなったらゴルフエルボーの兆候!予防と対策のチェック!

お気に入り

プレーしている時はさほど感じなかったのに、プレーを終えて着替えていたら右肘がピリッと痛い。あるいはバッグを持とうとしたら右肘に痛みが走った。

もし、その痛みが右肘の内側(レフティは左肘)であれば、ゴルフエルボーと呼ばれる症状の始まりです。

傷めたままゴルフを続けると慢性的に痛くなり、長期化する恐れがあるので早めに予防と対策をしましょう。

そのために大切なのがスイングの見直しとストレッチです。

ダフリやトップ以外でも肘が痛くなったらゴルフエルボー

ダフリやトップ以外でも肘が痛くなったらゴルフエルボー

getty

ゴルフエルボーが発生しやすいのは、初心者やアベレージゴルファーと中高年です。

地面をエクスプロージョンするほどダフったり、アプローチなのにリーディングエッジで打ってOBゾーンまっしぐらの大トップを打った後、右肘に痛みが走った経験、誰にでもあるでしょう。

この痛みは一時的なものなので時間の経過とともに和らいでいきますが、プレーを終えた後でも痛みが続いているようであれば、ゴルフエルボーになっていることが考えられます。

疑いのある人、右肘を伸ばして内側の出っ張りを軽く押してください。

飛び上がるほどではないにしても、鈍痛が感じられたらゴルフエルボーの初期症状です。

正式な症状名は上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)。

小さな出っ張りが上腕骨内側上顆という部位で、そこが炎症しているからこの症状名がつけられています。

炎症だったら湿布しておけば治るでしょ、と考えるのは早計。

原因を改善しなければ痛みが再発、さらに慢性化して思い通りのスイングができなくなる恐れもあります。

肘は腕を使うスポーツの要!

肘は腕を使うスポーツの要!

getty

ダフったりトップしたり、といったミスはしていないのに痛みがある、という人はスイングに原因があります。

肘は複雑な構造をしています。

前腕部の上下や回転だけでなく手首の動きにも関連しており、力強さと同時に繊細さも兼ね備えています。

それだけに上半身、とくに腕を使うスポーツでは重要な役割を担っていますが、酷使すると筋肉ではなく肘の腱(けん)を傷めてしまいます。

ゴルフエルボーとよく似た症状のテニスエルボーは内側ではなく上腕骨外側上顆の炎症ですね。

これが野球肘になるとにさらに複雑で、内側と外側の上顆炎症に加え、上顆の裂離や端線閉鎖不全、さらに靭帯損傷などの重症にまで発展することがあります。

他にもバレーボールやバスケットボール、剣道などでも腱の損傷による肘痛が見られます。

肘痛の原因は酷使と不自然な肘の使い方。

とくにゴルフエルボーはスイングが大きな影響を及ぼしています。

あまり練習をしないのにゴルフエルボーになった人、今後の予防と対策のためにスイングを見直しましょう。

スライサーはとくに注意!

スライサーはとくに注意!

getty

上腕骨内側上顆には、手首を手のひら側に曲げる筋肉がついています。

したがってゴルフエルボーになりやすい、あるいは何度か経験している人はスイングが手打ち傾向になっていると考えられます。

ゴルフエルボーは右肘に痛みが出るので、飛距離を伸ばそうと無意識に右手を使っている人は見直し必須。

他にも右脇が甘い、グリップを強く握る、アドレスで腕に力が入り過ぎている、などが発症しやすい条件です。

これらの条件、どれを見ても基本的なスイングメソッドから外れていますよね?

スライスが出やすい人はとくに注意しましょう。

上級者やプロが過酷な練習をしてもゴルフエルボーにならないのは正しい腕の使い方をしているからなのです。

今のスイングでスコアが安定しているから多少痛くてもいじりたくない、と思っている人、いませんか?

ゴルフエルボーを甘く見てはいけません。症例の中には慢性化して日常生活に支障を及ぼしているケースもあるのですから。

ゴルフエルボーを予防するならこのストレッチ!

ゴルフエルボーを予防するならこのストレッチ!

getty

ゴルフエルボーは一気に悪くなりません。

慢性化して日常生活へ影響が及ぶようになってもカテーテル治療で回復します。ただし治療を受ける際はゴルフエルボーに詳しい病院を選んでください。

スポーツ療法の知識が薄い病院では湿布だけで終わってしまう恐れがあります。

放置さえしなければゴルフエルボーはけっして怖い症状ではありませんが、痛みが走ればスイングがさらに悪くなるし、回復のためにはしばらくゴルフから離れなければなりません。

これがいちばんツラいですね。

ゴルフエルボーにならないために、あるいは早期に治すためにはスイングのチェックと同時に上腕骨内側上顆のストレッチを行いましょう。

方法はとても簡単。

手首を手のひら側に曲げる時の不自然な動きで上腕骨内側上顆に炎症が起きるのですから、反対の動きを取り入れればいいわけですね。

右手を肩の高さ前方に伸ばし、手首を甲側に曲げたら左手で右手をさらに甲側へ押すだけです。

ただし、あまり強く押すと逆に上腕骨内側上顆を傷めるので、あくまで軽めに。アキレス腱を伸ばす要領と同じです。

1セット10回、3セットを練習やプレーの前に行えばゴルフエルボーの予防になります。

このストレッチは練習中やプレー中に痛くなった時でも応急処置になるので、ぜひ覚えておいてください。

お気に入り
Taddy Bear

大手建設会社の月面都市計画から押入れのカビの取り方まで、あらゆるジャンルの記事を書き続け、気がつけばキャリア30年のライターです。 ゴルフ関連ではプロから著名人、アマチュアまで幅広い人物のインタビューを中心に執筆していました。仕事での関わりは長くても、ゴルフの楽しみはまだまだ入り口しか知りません。 皆様と一緒に楽しめる記事を書きたいと思っています。 なお、Kindleにて短編集「アームチェア・ゴルファーの優雅な午睡」などを出版しています。 https://headlock2004jp.wixsite.com/taddybear

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。