新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ エックス アイアン』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年12月7日に発売されたダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ エックス アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「すべてが新しいゼクシオのアイアン」の真相に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ゼクシオ エックスのアイアンはゼクシオにあらず?

ゼクシオ エックスのアイアンはゼクシオにあらず?

『ゼクシオ エックス アイアン』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年12月7日に発売したクラブです。

ゼクシオは、本数累計で世界一の売り上げを誇るブランドで、今回のモデルチェンジで11代目となります。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、アスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つです。

『ゼクシオ エックス アイアン』は、まず、カッコいいです。

外国ブランドのアイアンのようです。余計な装飾はなく、モノトーンな感じで、実にシンプルです。

そして、ヘッドがシャープで、小さいのです。

いわゆる上級者向けのアイアンであることが、ひと目でわかるというわけです。

アドレスしてみると、その印象はさらに強くなります。

ゼクシオのクラブは、グースネックで、ボールをとらえていくイメージだと考えているゴルファーが多いと思いますが、『ゼクシオ エックス アイアン』はクセがなく、構えやすいようにネック周りの処理ができています。

トップブレードは、それなりのボリュームがあります。ミドルアイアンは直線的に、ショートアイアンはやや丸みを持たせているところもオーソドックスで感心します。

『ゼクシオ エックス アイアン』は、言われなければ、ゼクシオであることがわからないかもしれません。そのぐらい、ゼクシオらしい部分が少ないのです。

お借りした『ゼクシオ エックス アイアン』のセットは、5番~9番、PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)で、シャフトは純正の「MIYAZAKI AX-1」のSフレックスです。

『ゼクシオ エックス アイアン』は、ドライバー他と一緒で「WEIGHT PLUS(ウェイトプラス)」というテクノロジーを採用しています。

グリップエンドにウェイトを入れて、クラブの手元に重量を集中させることでスイングにブレを少なくするという理論に基づいた技術です。

やさしさのためという部分はこのぐらいなのです。潔さを感じました。

『ゼクシオ エックス アイアン』の中身を説明します。

「SPEED GROOVE FACE(スピードグルーブフェース)」は、フェースの裏に溝を彫って大きくたわませることを可能にし、反発を高めることができるというテクノロジーです。

フェースは「HT1770鋼」ですが、ネックからボディ(外枠)は「S25C」の軟鉄鍛造です。フェースは最先端のテクノロジーで、打ち応えなどを満足させるために軟鉄鍛造でボディを作ったというわけです。

外からはまったく見えませんが、バックフェースは蓋だけではなく、吸収剤とセットになっています。

セミキャビティバックと、中空アイアンの良いところ取りという感じかもしれません。

『ゼクシオ エックス アイアン』は、ワクワクさせるアイアンです。

軽い気持ちで触ると後悔する本格派が『ゼクシオ エックス アイアン』!

動画を見てください(冒頭で「ゼクシオ イレブンのアイアンです」と言ってしまってますね。すいません、エックスでした)。

『ゼクシオ エックス アイアン』の5番から打ちました。

抜けるような澄んだ打ち応えは、芯に当たった証拠でした。

打音もきれいです。音は大きくありませんが、締まった単音で、弾道とマッチしています。

中弾道で、強い球です。165ヤード飛びましたが、キャリーは160ヤード弱で、2ピン分ぐらい落ちてから転がりました。

ショートアイアンも打ちましたが、やはりややボールが低いことが気になりました。とはいえ、ショートアイアンは普通にスピンで止まります。

ラウンドを通して使用して、僕のヘッドスピード40メートル/秒では、『ゼクシオ エックス アイアン』を使い切れていないと感じました。

検証する手段がなかったので、その要因がヘッドなのか、シャフトなのかはわかりませんが、個人的にはもう少し高さが出せないと厳しいという印象です。

ミドルアイアンは、クラシカルなロフトよりも、1番手ぐらい飛びますが、ショートアイアンは同じくらいです。ツアーモデルのような飛距離性能です。ゼクシオらしさは、こういう部分でも感じません。

芯に当たった快感は、それだけでも十分に機能だと納得できますし、魅力があります。
『ゼクシオ エックス アイアン』は、そういう快感を得たいゴルファーにオススメします。

芯を外すと不快です。しかし、大きなミスにはなりづらいようにできています。ボールを曲げるのも苦手です。不思議なアイアンだと、何度も思いました。

出球通りに飛ぶアイアンが欲しく、ヘッドスピードが速いゴルファーにも『ゼクシオ エックス アイアン』はオススメです。

『ゼクシオ エックス アイアン』は、ゼクシオだと思って、舐めて打つとかなり苦しい経験をするはずです。

でも、こういうアイアンは貴重なのです。アイアンが調子の良し悪しを敏感に教えてくれますし、距離をマイナスさせる技術が活かしやすいので、距離感を作りやすいアイアンだとも言えます。

飛び抜けた飛距離性能があるわけでもないので、一般的には魅力がないアイアンだということになるかもしれませんが、『ゼクシオ エックス アイアン』は、兄弟モデルの『ゼクシオ イレブン アイアン』とはまったく違う仕上がりになっています。

ゼクシオらしくはないかもしれませんが、若くてパワーがあり、ゴルフが上手くなりたいという強い願望があれば、満足できるアイアンでもあります。ここまでハッキリ違うことは想像できませんでしたので、驚きました。

本格的なアイアンを打ちたいゴルファーに『ゼクシオ エックス アイアン』をオススメします。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。