新・貧打爆裂レポート『ゼクシオ エックス ボール』

今回の新・貧打爆裂レポートは、2019年11月8日に発売されたダンロップスポーツマーケティング『ゼクシオ エックス ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んでラウンドしてみました。「ガチ飛びゼクシオ」というコピーの真相に迫ります。動画も含めて試打レポートします。

ゼクシオ エックスのボールは特別だ!

ゼクシオ エックスのボールは特別だ!

『ゼクシオ エックス ボール』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年11月8日に発売したボールです。

ゼクシオは、なんと11代目になります。本数累計で世界一の売り上げを誇るモンスターブランドです。

たくさんのゴルファーがゼクシオユーザーで、2年おきにメインのゼクシオのクラブやボールが新しくなることを楽しみにしているファンもいます。

一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。

今までのゼクシオを継承するイメージの『ゼクシオ イレブン』と、ヘッドスピードが速いアスリートゴルファー向けの『ゼクシオ エックス』の二つになります。

『ゼクシオ エックス ボール』は、まったく新しいボールと考えたほうが良いと思いました。

『スリクソン』はプロや上級者ゴルファーのためのブランドですが、『ゼクシオ』と『スリクソン』の間が『ゼクシオ エックス ボール』という感じだと考えたのです。

改めて詳細を見てみると、構造は3ピースです。ディンプルは338個で高弾道設計になっているようです。

コアは「Soft FastLayerコア」、ミッドカバーは「H.R.スーパーソフトミッド」、カバーは「H.R.ソフトカバー Spin Skin コーティング with SeRM」です。

カバーは『スリクソン』のボールで評価を得た特殊な構造でスピン性能を向上させる「セルム」がコーティングされています。

ダンロップのボールメーカーとして実績が集約していると期待しても良いと自然と考えられます。

『ゼクシオ エックス ボール』のロゴも特徴的です。

「X」の一文字をデザインしたロゴが大きめにプリントされています。「XXIO」はボールサイン(ラインに合わせるようにデザインされた線状のプリント)で小さくプリントされているだけなのです。

ボールを触った感触も、程良いぬめり感もあって、良い感じです。

『ゼクシオ エックス ボール』は、特別なボールだと思わせる部分がたくさんあって、ワクワクさせるボールです。今までゼクシオを使っていないゴルファーが、手にしたくなるような印象です。

ターゲットを絞って挑戦する『ゼクシオ エックス ボール』!

動画を見てください。

まず、ドライバーを打ちました。『ゼクシオ エックス ドライバー』で打って、その後、自分のドライバーでも打ちました。打音は単音で小気味の良い音です。音量はやや控えめです。

『ゼクシオ』は打音が大きいイメージがありますが、それはクラブに起因しています。そのイメージがあるゴルファーからすると、少し打音が小さく、かつ、低く聞こえるかもしれません。

弾道はきれいです。やや高めの中弾道という感じでした。低スピン感もあります。
飛距離はトップクラスです。平均で220ヤード飛びました((ヘッドスピードは40メートル/秒)。

フェアウェイウッド、ユーティリティでも低スピン感がある弾道です。

打ち応えは柔らかい感覚で、芯はあまり感じません。イメージとしては運びたくなるような感触です。

アイアンでは、ミドルアイアンはスピンが足りないと感じました。あるホールでは7番アイアンでも2ピンぐらい転がってしまいました。

ショートアイアン、ウェッジに関しては、スピン性能を発揮しますが、強烈という感じではなく、まあまあだったのです。

パットのときの打音も、比較的弾き感のある音質ですが、音量は小さめで、ゴルファーによっては糸巻きのボールのようだと感じる人もいるかもしれません。

注目すべきは、『ゼクシオ エックス ボール』は、グリーン上で、ツアーボールのように詳細なタッチが出せるボールだということです。これはかなりのプラスポイントです。

ただ、僕のヘッドスピードでは『ゼクシオ エックス ボール』の性能を引き出せていない感覚がありました。

弾道はきれいなのですけど、もう少しボールが上がるほうが理想的な感じがしましたし、特にスピン性能に関しては、明らかにショットでボールを潰せていない感じがしたからです。

急遽、親しいゴルフ仲間で、ヘッドスピード43~46メートル/秒の複数のゴルファーに一緒にプレーしながら『ゼクシオ エックス ボール』をテストしてもらいました。

僕とはまったく違うのです。検証して良かったです。

まず、予想通りだったのはスピン性能です。彼らが打ったボールは止まります。特にショートアイアンは強烈です。ツアーボールの雰囲気が出ました。

次に予想外にすごかったのは、飛距離性能です。ドライバーで10ヤード以上、アイアンで5ヤード以上、キャリーが普段より出ることに戸惑っていました。

そのうち一人は、数ホールで『ゼクシオ エックス ボール』を気に入って、エースボールにすると宣言していました。

『ゼクシオ エックス ボール』は、ヘッドスピードが速いゴルファーにオススメします。

ゴルファーによっては、有名なツアーボールよりも高性能だと明確に感じることができます。

『ゼクシオ エックス ボール』は、グリーン上でツアーボールと同様に威力を発揮します。

比較的打音の音量が大きめのボールが多い中で、控えめの音量のボールは少ないので、そういうボールが欲しいと願っているゴルファーにもオススメです。

『ゼクシオ エックス ボール』は、新しいゼクシオが今までとは違うことを明確に教えてくれます。

決意と情熱が詰まっているからこそ、中途半端にみんなが使えるボールではなく、特別な人のために満点を超えた120点を出すボールを開発できたのだと思います。

自分のためのボールかもしれない、と思ったゴルファーは挑戦してください。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。