冬こそスキルを磨くチャンス!薄い芝のアプローチ攻略法!

getty

冬こそスキルを磨くチャンス!薄い芝のアプローチ攻略法!

お気に入り

冬場は寒いだけでなく芝が枯れて難しくなるからイヤ! そんな思いを抱く人、たくさんいますね。

でも、そんな冬だからこそスキルアップのチャンス!

冬の枯れた薄い芝はアプローチを磨く絶好のフィールドです。芝対策をしっかり考えて冬ゴルフを攻略しましょう。

冬ほど正確なボールコンタクトが求められる!

冬ほど正確なボールコンタクトが求められる!

getty

鮮やかな緑の芝が恋しい季節になってきました。

冬場は着ぶくれするし飛距離が落ちるし、陽が沈むのも早くてプレー時間が短くなるし……と、あまりゴルフ向きの季節ではないように思えます。

確かに冬場はスコアを落とす傾向にありますが、これから芝が芽吹く季節までの間、平均スコアを維持できれば来年の春にはレベルがワンランク上がっていることを実感できるはず。

冬場にスコアを落とす人の多くは、薄くなった冬芝が原因のひとつに挙げられます。

葉の部分が枯れて茶色になった芝はボリュームがなくなり、フェアウェイにあってもボールが沈むので元気な芝の時よりもコンタクトが難しくなります。

したがって冬場ほど正確なボールコンタクトが求められるわけですね。

枯れた薄い芝になるとダフリやトップが多くなる人、難しい冬こそ正確なボールコンタクトを身につける絶好のチャンスです。

『なんでもパター』は厳禁!

『なんでもパター』は厳禁!

getty

ミドルアイアンの正確なボールコンタクトはいきなりできるものではなく、やはり練習の積み重ねが必要となりますが、アプローチのスキルアップは工夫次第ですぐに向上が望めます。

とくに、季節を問わずアプローチといえばサンドウェッジ(SW)やアプローチウェッジ(AW)などウェッジ系を必ず使い、失敗するケースが多い人。

一般的にロフト角の大きいクラブはバウンス角も比例して大きいので、リーディングエッジをボールの下に滑り込ませるのが難しくなり、冬芝ではトップやダフリが発生しやすくなります。

冬芝でアプローチをする際、グリーンエッジとカップまでの距離が比較的短く、ハザードがない場合はパターを使うのが定石。

パターはロフト角が極小であることに加え、ソールがほとんど平面なのでダフリやトップの発生率が下がります。

ただし、冬芝といっても転がり抵抗は必ず発生します。

グリーンまでの転がり抵抗はグリーンに乗ってからのソレとは違うので別々に計算しなければなりません。

またラフやバンカー越えでは当然、パターは使えなくなります。

冬芝にパターはミスヒットこそ少なくなるものの、距離感は意外に難しいことを想定しておく必要があります。

冬芝で役立つピッチエンドラン

冬芝で役立つピッチエンドラン

getty

アプローチは引き出しが多いほどスコアメイクにつながるものの、やはりオールマイティなショットをひとつ持っているほうが確実性を高めることができ、自信にもつながります。

そこでおすすめなのが比較的ロフト角があり、しかも振り抜きやすい9番や8番のショートアイアンを使ったアプローチ。

ソール幅の広いキャビティ構造であればピッチングウェッジ(PW)でも活用できます。

これらのクラブを使ったピッチエンドランであれば、冬芝であってもソールが滑ることに加え、フェアウェイやラフの転がり抵抗を計算する必要もありません。

ショートアイアンを使ったピッチエンドランは季節を問わない打ち方なので、冬芝だけでなく夏芝でも十分に通用しますが、冬芝対策のオチがただのピッチエンドランではちょっと物足りませんね。

そこでもうひとつ、冬芝用ピッチエンドランの方法をご紹介しますので、アプローチの引き出しに入れておいてください。

打ち方はとても簡単、誰でもすぐにできます。

クラブをやや短く持ち、ヒール側を少し浮かせてボールを半個分だけトウ側に寄せたアドレスを取ります。

ヒール側が浮いた分だけシャフトは立った状態になり、ロフト角は少なくなっています。

あとは通常のパターと同じようにできるだけ肩の回転で打つこと。

リーディングエッジの接地面がトウ側だけになるのでダフリやトップの発生率がさらに少なくなります。

なお、トウ側で打つ分、打ち出し角度は低くなり、ランの距離が短くなることを想定しておいてください。

パターでは遠過ぎる、ピッチエンドランではオーバーするかも、なんて状況の時にかなり役立ちます。

冬場でもメリットはいろいろ!

冬場でもメリットはいろいろ!

getty

薄い冬芝、難しい部分もありますが、使い方によってはメリットもあります。

たとえばランが期待できること。

冬場はキャリーの飛距離こそ短くなるものの、その分、転がる距離が伸びます。

したがって低くて強い球筋が打てるようになれば冬場でも逆にスコアアップが望めますね。

それから夏場はハザードに匹敵するラフも冬場は芝が柔らかいので振り抜けが良くなり、アイアンでも距離をきちんと計算できるショットが打てます。

また夏場ではボールが止まってしまう急斜面もボールが転がり落ちてくるので、フェアウェイに傾斜があった時はリスクを避け、あえて斜面方向に打つのもアリでしょう。

もちろん、転がる分だけ谷間に向かった場合は高い確率でOBになることは想定しておいてくださいね。

その他、スコアに直接関係することではありませんが、コースが比較的空いていることやグリーンフィが安くなることなどもメリット。

スキルが上がると思えば、冬場のゴルフも楽しくなりますよ。

お気に入り
Taddy Bear

大手建設会社の月面都市計画から押入れのカビの取り方まで、あらゆるジャンルの記事を書き続け、気がつけばキャリア30年のライターです。 ゴルフ関連ではプロから著名人、アマチュアまで幅広い人物のインタビューを中心に執筆していました。仕事での関わりは長くても、ゴルフの楽しみはまだまだ入り口しか知りません。 皆様と一緒に楽しめる記事を書きたいと思っています。 なお、Kindleにて短編集「アームチェア・ゴルファーの優雅な午睡」などを出版しています。 https://headlock2004jp.wixsite.com/taddybear

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。