日本の『スマイルシンデレラ』に世界中が熱狂!〜渋野日向子が全英女子オープン優勝〜

getty

日本の『スマイルシンデレラ』に世界中が熱狂!〜渋野日向子が全英女子オープン優勝〜

お気に入り

イギリスで開催された海外女子メジャーの『AIG全英女子オープン』。

このビッグトーナメントで一番の輝きを放ったのは、今年の日本女子ツアーに彗星のごとく現れた“シンデレラガール”こと渋野日向子選手でした。

岡本綾子さんも絶賛!

岡本綾子さんも絶賛!

getty

イギリスで開催された海外女子メジャー最終戦『AIG全英女子オープン』。

鈴木愛、畑岡奈紗といった本命の日本人選手が次々に予選落ちを喫する中、堂々の2位で予選を通過した渋野日向子選手。

初日-6、2日目も崩れることなく-3でトータルスコア-9という安定ぶり。

今回は日本のコースに近い林間コースで開催され、さらに地元から大勢の日本人応援団がかけつけたとはいえ、これが海外ツアー初参戦の渋野選手。

それでこの結果とは恐れ入りました。

今年の日本女子ツアーで2勝を挙げているとはいえ、昨年プロテストを合格したばかりのルーキー選手。

しかし日本女子ツアーでの活躍同様、今大会でも笑顔を絶やさない、そして終始攻めのゴルフに徹していました。

緊張どころか笑顔でプレーを楽しむ渋野選手に世界のメディアも大注目。

試合後のインタビューでも、お菓子の“よっちゃんイカ”を紹介したり、歯切れの良いコメントの数々がメディアに大ウケ。

『スマイルシンデレラ』と名付けられた日本の無名選手は一気に大会の主役となりました。

米LPGAツアーで賞金女王経験もある岡本綾子さんが「彼女は海外向き」と絶賛していたのも頷けます。

子供達にスペシャルサービス

子供達にスペシャルサービス

getty

そして3日目。

この日は9番ホールで嫌な3パットを喫してのボギーで前半を終了。

しかしこのまま崩れるかと思いきや、後半に攻めのギアを一段上げてのバーディーラッシュ。

終わってみれば2位に2打差をつけ首位に立ちました。

首位に立ったことはもちろんですが、さらに驚かされたのが渋野選手のファンサービス。

17番ホールから18番ホールへの移動中、ハイタッチをせがんできた子どもたちに笑顔で手を合わせました。

さらにその中の「Glove!(グローブちょうだい!)」とせがんできた子には、それまで使っていたグローブにサインを書いてプレゼントしたのです。

優勝争いの緊張の中での神対応。

試合中の笑顔に加えこのふるまいで、イギリスの観客も一気に渋野選手のファンになりました。

ちなみに渋野選手、ホールアウト後の練習を見に来ていた子どもたちにはサインボールをプレゼントしていたそうです。

そして運命の最終日!

そして運命の最終日!

getty

そして運命の最終日はやはり序盤から試練が襲ってきました。

3番ホールで4パットを喫して痛恨のダブルボギー。

首位から陥落してこのまま後退するかと思われました。

しかし渋野選手、重圧のかかる最終日最終組でもいつものルーティンを変えませんでした。

大好きな駄菓子をパクパク口にしてリラックス、大観衆には笑顔とハイタッチを絶やしません。

すると今大会で得意としてきたバックナイン(後半9ホール)でまたまたバーディーラッシュ。

そして、首位タイで迎えた最終18番ミドルホール(パー4)。

2オンに成功すると、約5メートルのバーディーパットを彼女らしい“壁ドン”(カップの奥の壁に当てる強めのパッティングのこと)で決めて劇的な優勝を飾ったのでした。

まさにシンデレラストーリーここに完結です。

優勝賞金は日本円で約7400万円!

日本人の海外メジャー制覇は、男女を通じても樋口久子さん以来となる42年ぶり2人目、あの岡本綾子さんや宮里藍さんも成し得なかった偉業です。

そしてこの優勝で来季のアメリカ女子ツアーのシード権もゲットしました。

しかし渋野選手本人はまだまだ日本ツアーで頑張りたいからと、権利は行使しない模様。

優勝を決めた後も「どうしよう、やっちゃった」と、天真爛漫な渋野節が炸裂していました。

涙はなく、最後まで笑顔を絶やさずに観衆を魅了した渋野選手。

海外メジャー初挑戦で優勝カップを手にした彼女は、世界が認める正真正銘の『スマイルシンデレラ』となったのでした。

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH