120切りのゴルフ~トリプルボギーを取る具体的な方法~

getty

120切りのゴルフ~トリプルボギーを取る具体的な方法~

お気に入り

お疲れ様です! 隔週アマゴルファーのさるです。

前回、初心者が最初に目標とする「スコア120を切るゴルフ」とは、狙ってトリ(トリプルボギー)が取れるゴルフだという話をさせていただきました。

今回は、狙ってトリプルボギーを取る具体的な方法について考えます。

成功体験を積み上げる

成功体験を積み上げる

getty

「えぇっ? 狙ってトリを取るって……。ゴルフってパーを狙うスポーツじゃないんですか?」

そうですよね。ティーイングエリアに立つと必ず「Par4」とか「Par5」とか書かれた看板が目に入りますから、どうしてもパーを狙わないとイケないような気になりますが、じつはそれが、大半のゴルファーが陥る罠なんです。

そう、罠! だって、初心者はもちろん、アベレージゴルファーだって狙ってパーが取れる技量はまだ備わっていないのですから。

120切りを目指すゴルファーが狙うのはトリでいいんです、というよりもトリであるべきなんです。

トリを狙ってトリが取れたら、それは成功です。でも、パーを狙って結果トリだったら、それは失敗として記憶にインプットされます。

どんなスポーツでもそうだと思いますが、成功体験が喜びや楽しさになり、そして楽しさが次のレベルへのステップアップをもたらしてくれます。

失敗体験はもちろんすべてが無駄とは言いませんが、楽しく感じられるものではないですよね。だから、同じトリでも狙って取ることに意味があるのです。

コースマネジメントはカップインから遡って考える

コースマネジメントはカップインから遡って考える

getty

では、確実にトリを取るためには、どのようなプランを立てればいいのでしょうか?

「とりあえずドライバーで距離を稼いで2打目でグリーンの近くに行くことを考えます」

ちょっと待ってください。例えばミドルホール(パー4)なら、トリプルボギーは7打でカップインすれば良いわけですから、カップから遡ってまずパット数から計画しませんか?

グリーンに乗ってから、何回パットしたらカップに入りそうでしょうか? 初心者ゴルファーでも3回あればかなりカップインしそうですよね。パットは3回に決めましょう。

とすると、4打目でグリーンにオンすればトリは固そうですよ。

そのためには、3打目でグリーンの近く、手前30ヤード以内くらいにボールが来たらいいと思いませんか? 

そこからなら、なんとか4打目でオンできそうですよね?

もしできないと思う人は、まずエッジ手前30ヤード以内からグリーンオンする練習を優先してやりましょう。

最初にやるのはグリーンに乗せる練習、次は?

最初にやるのはグリーンに乗せる練習、次は?

getty

せっかく3打でグリーンの近くに来ても4打目を失敗すると計画が水の泡になりますので、先に確実にグリーンオンする練習をしておきます。

使うクラブはピッチングウェッジ(PW)かアプローチウェッジ(AW)でしょうか。転がすなら9番アイアンでもOKです。

ピンに寄る必要はありません。端っこでもいいからグリーンに乗ればいいです。

10回中8回できるようになるまで練習したら、次に3打でグリーンの近くまで来るにはどうすればよいかを考えます。

3打で300ヤード進むマネジメント

3打で300ヤード進むマネジメント

getty

平均的なミドルホールならレギュラーティーから300ヤードも来ると概ねグリーンの近くじゃないでしょうか? それを3打で最も確実に実現するとしたら、あなたはどんなプランを立てますか?

ここで大事なのは、「最も確実に」というところです。そのためには、絶対にOBやバンカーを避けて、3打で300ヤード前に進む道を選択しなければなりません。

ドライバー握りますか? スプーンなら確実でしょうか? やめときましょう。初心者にはまだリスクが大きすぎます。

100ヤードずつ3回で行くのがいいと思いませんか? いいと思ったら今すぐ練習場で横幅30ヤードぐらいのブレ幅の中で確実に100ヤード前進する練習をしてください。

レディースティーを使う女性なら80ヤードでいいと思います。そのためにあなたに一番合ったクラブを見つけて練習します。

男性なら100ヤード、女性なら80ヤードを最も確率よく打てるクラブを探して、とにかくそのクラブを練習します。

その時、力を込めたフルスイングではなく、8割くらいの力加減のリラックスしたスイングで100ヤード先、80ヤード先にボールを運べるクラブを選んでください。

何番アイアンが適当かは人によって異なります。自分に合った番手を探して、ひたすらそのクラブで10回中8回目標のエリアにボールを運べるようになるまで練習しましょう。

さぁコースで実践です

さぁコースで実践です

getty

ここまで来たらもうお分かりだと思いますが、あなたがコースで使うクラブは、100ヤード(女性は80ヤード)進むためのクラブ、グリーンに乗せるためのクラブ、パターだけです。

それ以外のクラブは思い切ってバッグから抜いてください。進むためのクラブと乗せるためのクラブの間の番手はあっても害になりませんが、長いクラブは要りません。

万一バンカーに入った時のためにサンドウェッジを入れてもいいですが、まだバンカーの練習はしていないのであまり役には立たないでしょう。とにかくバンカーには入れないことです。

それでそのホールのパーより一つ少ない打数でグリーンの近くまで行き、次の一打でグリーンに乗せ、3パットでカップインしたら、ほらトリプルボギーの完成です!

お気に入り
アマゴルファーさる

申年生まれのアマゴルファー。これまで経験した年男は4回。 41歳でゴルフ場のメンバーシップを取得してからゴルフにはまり、100切り、90切りを経て、9年目にやっとベストスコアが70台に突入しました。当面の目標はシングルハンデ、将来の目標はエイジシュート。 隔週サラリーマンゴルファーがスコア70台に到達した経験を、これから100切り、90切りを目指す皆さんにお裾分けできたら幸いです。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH