【飛距離アップドリルいろいろ試してみました!】腕とクラブの角度編

こんにちは! マイゴルフクラブです(´▽`)

今回はスライスに悩んでいる方必見です!

腕とクラブの角度を意識したことありますか?

今回はこちらを説明していきます!

理想は120度!!

理想は120度!!
≪ハンドアップ≫≪ハンドダウン≫って、聞いたことありますか?

・手の位置が上にある(腕とクラブの角度が180度に近い)状態がハンドアップ
・手の位置が下にある(腕とクラブの角度が90度に近い)状態がハンドダウン

です!

スライスに困っている方ほど、ハンドアップになっている状態が多いです!

ハンドアップになると、アドレスからバックスイング、切り返す際にフェースが開きやすくなるので、インパクトでも開いて当たりやすいです(´▽`)

手首の角度実験!!

手首の角度実験!!
手首の角度をだいたいですが、120度と150度で打ち比べてみました!

極端に180度でやってみようと思いましたが、当たらなかったので、断念しました(笑)。

120度はつかまったボールが出ていますが、150度はやはり右に行ってます(芯ブレ)。

そしてさらに、腕と手首が伸び切ってしまうと、力が伝達しません!!

150度は飛んでないですね(´▽`)

まとめ

まとめ

getty

この角度を意識するだけで、≪ボールのつかまり方≫≪ボールの勢い≫が変わってきます!

気になった方はぜひいろいろな角度で試してみてください(´▽`)

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

それでは、また次回に!
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >