プラスチック廃棄物 を アップサイクルして作った「TOUR360 XT Parley」発売
ゴルフウェア

プラスチック廃棄物 を アップサイクルして作った「TOUR360 XT Parley」発売

0

アディダスゴルフは、海洋の美しさと脆弱性について意識を高める目的で設立された組織「Parley(パーレイ)」とのコラボレーションによる「TOUR360 XT Parley(ツアー360 エックスティー パーレイ)」を、6月10日(月)からアディダスゴルフ取扱一部店舗及び、アディダス公式オンラインストアにて数量限定で発売します。

サイズは24.5~28センチまで0.5センチ刻み、価格はオープンです。

プラスチック廃棄物からできた疎水性が高い繊維を採用!

プラスチック廃棄物からできた疎水性が高い繊維を採用!

「TOUR360 XT Parley」は、海岸や海沿いの地域で回収されたプラスチック廃棄物をアップサイクルした特殊素材を使った世界初のゴルフシューズです。

アップサイクルとは、素材の原料化や再利用をする「リサイクル(再循環)」とは異なり、元の製品よりも付加価値の高いプロダクトを生み出すことを目的とするモノづくりの手法のことです。

サスティナブル(持続可能)な製品づくりを目指す方法論と言われています。

オーシャンブルーとアクアグリーンのカラーリングが美しい「TOUR360 XT Parley」のアッパーは、プラスチック廃棄物からできた疎水(そすい)性が高い繊維でできています。

従来のツアーニットシューズより軽量で、着脱が簡単なスリッポン構造のシューズです。

またアウトソールには、全方向に対するグリップ力の高さと、足元の動きによりグリップ力の強さが増すことが特徴の「X-Traxion(エックス・トラクション)」や、アディダス独自のクッショニング「BOOST™(ブースト)」といった、様々なプレー環境を快適にするテクノロジーが採用されています。

足全体を包み込むようにホールドして一体感を生み出す「360WRAP(360ラップ)」を内蔵

足全体を包み込むようにホールドして一体感を生み出す「360WRAP(360ラップ)」を内蔵

ニット素材のシューズはゴルフファンにお馴染みになりつつありますが、足全体を包み込むようにホールドして足との一体感を生み出す「360WRAP(360ラップ)」を内蔵することで、高いフィット感や微調整、高い安定感を実現しています。

アディダスは2024年までに、アパレルやフットウェアの自社製品におけるバージンプラスチック原料の使用を全面的に中止し、再生品に切り替えることを目標としており、2015年に開始したParleyとの取り組みはその一環とのことです。

今後も環境への負荷を大幅に軽減しながら、高性能で耐久性のあるプロダクトを開発していくと宣言しています。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

プラスチック廃棄物 を アップサイクルして作った「TOUR360 XT Parley」発売

カートに追加されました。


×