8の字アウト様とのラウンドレッスン。その1

getty

ゴルフスイング

8の字アウト様とのラウンドレッスン。その1

0

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回のお話は、「8の字アウト様とのラウンドレッスン。その1」です。

8の字ループは解消しましたが、スコアに変化の見えない原因を見つけるためにラウンドレッスンを提案しました。

8の字ループ

「ループスイングを解消!格好良いスイングはトップで決まる」に登場していただいた、「8の字アウト」様と初めてラウンドレッスンをしました。

8の字アウト様は、入門して1年近くになりますが、初めてのラウンドレッスンです。

表示名の通り、8の字アウト様は長い間8の字ループのスイングでしたが、入門して4回目のレッスンでは、8の字ループはほぼ解消しました。

その後スイングは大変良くなりましたがスコアは余り変わらずで、取引先の80歳の会長にイジられているそうです。

私の店ビッグキャリーゴルフショップで見ている限り、いつ80台でラウンドしても不思議ではないと思っていたのですが。

当たり損ね

8の字アウト様のプレーを見たいのでラウンドレッスンをしましょうと言っていたのですが、なかなか機会ができずこの日になってしまいました。

1番ホールで。

私「緊張してますか?」

8の字アウト様「はい、とても緊張しています」

私「当然ですよね。最初のハーフは何も言いませんから、いつもの通りプレーしてください(と言いつつも我慢できずにアドバイスしてしまいます)」

8の字アウト様「分かりました」

私が最初に打ちフェアウェイ少し左(右にOBがあります)、次にもう一人の生徒k様、最後が8の字アウト様です。

8の字アウト様の朝イチのドライバーショットは当たり損ねでした。

私「力の入れ過ぎですよ。あんなに振ったら私でもまともに当たりません」

次のホールでも8の字アウト様はドライバーが当たり損ねです。

ナイスショット

セカンド地点に行きますと、まだ200ヤード以上残っていますが、8の字アウト様は5番アイアンを手にしました。

これも、当たり損ねです(強く振ろうとして体の動き過ぎです)。

私「5番ウッドで同じ場所からもう一度打ってみてください」

そして以下のようにお願いしました。

●左足体重

●7割スイング、強く振ってはいけません。ヘッドをボールの場所に通すように打つ

●ダウンスイングで頭を残す

●120から130ヤード飛ばす気持ちで軽く

結果は、芯に当たった良い当たりが出ました。

私「ナイスショットです」

8の字アウト様「あんな程度の振りで良いんですか?」

私「あれ以上振ると、コントロールを失いますよ」

そして次のホール。

私「先ほどの5番ウッドと同じように7割スイングで打ってみてください」

8の字アウト様はドライバーでナイスショットをしました。

地点登録をして、飛距離を測ったところ、200ヤードを少し超えていました。

8の字アウト様「あんな程度の振りで200ヤードを越えたんですね」

私「そうですよ、8の字アウト様は振り過ぎなんですよ。それで力が入るために体が動き、スイングも早くなってしまっていたんですよ」

8の字アウト様「もっと早くラウンドレッスンをしてもらえば良かったです。これからは2ヶ月に1回はお願いします」

こちらこそお願いします。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

8の字アウト様とのラウンドレッスン。その1

カートに追加されました。


×