新・貧打爆裂レポート『TP5 & TP5x』ボール

新・貧打爆裂レポート『TP5 & TP5x』ボール

お気に入り

今回の貧打爆裂レポートは、2019年2月15日に発売されたテーラーメイドの『TP5』と『TP5x』ボールです。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。欧米ツアーですでに優勝に貢献したボールの実力は? 動画も含めてレポートします。

素材を新しくしたテーラーメイドのツアーボールは飛ぶ!

素材を新しくしたテーラーメイドのツアーボールは飛ぶ!

テーラーメイドの『TP5』と『TP5x』ボールは、素材も含めて新しくなりました。

名称になっている特徴的な「5層構造」は変えずに、素材を新しくすることでスピン性能はそのままに、スピードを向上させることに成功したそうです。

その素材は「HFM=HIGH FLEX MODULUS」といって、4層目に採用したこの素材がバネのような働きをして反発を高めました。

『TP5』と『TP5x』ボールといえば、2年前に出た前モデルをコースで打ったときの衝撃を思い出します。

スピン性能はツアーボールの命なので、良いのは当たり前だとして、飛距離性能が飛躍的に上がったからです。

ツアーボールの中には、僕のヘッドスピードである40メートル/秒では飛距離性能がわからないものもありますが、前モデルの『TP5』と『TP5x』ボールは、十分な飛距離性能が体感できました。

ツアーボールの中でもトップレベルに飛ぶという強い印象が鮮明に残っていました。

新しい『TP5』と『TP5x』ボールにも期待していました。

練習グリーンでボールを転がして、ちょっと意外な気がしました。

とても転がりが良く感じたのです。打音は控え目な音量なのですけど、高音で良い音です。

中間距離から長い距離に関して、あまり転がらないイメージがありましたが、新しい『TP5』と『TP5x』ボールはきれいに転がります。

ラウンドへの期待を高めつつ、スタートホールに行きました。

本当の性能はパワーヒッターにしかわからない?

動画を見てください。

新しい『TP5』ボールのほうから使いました。

ドライバーショットは良い当たりで、棒球なやや低めの高弾道のストレートボールでした。

打音はしっかりしています。高音で、小気味の良い音です。前モデルより少し軟らかい打ち応えです。

飛距離は225ヤードでした。かなり飛んでいます。

2打目のフェアウェイウッドも良い当たりで、グリーンに届きそうでした。フェアウェイウッドやユーティリティは、打ち出しが高い棒球っぽいボールが出ます。

アイアンショットになるとスピンがグッとかかります。とはいえ、かかり過ぎることはありません。この辺りのチューニングは、まさにツアーボールです。

『TP5』ボールは、前モデルより飛ぶようになったと感じました。特にアイアンが吹き上がらずに前に行く感じの弾道で、好感触でした。

続いて、『TP5x』ボールでプレーしました。

最初の一発目からちょっと戸惑いました。

前モデルの『TP5x』ボールは、弾道がきれいで、『TP5』よりも飛距離も出るという印象でしたが、『TP5』ボールと極めて似ているのです。

目隠しテストをしたら、まったくわからないかもしれない、と思ったほどです。

少し固い印象だったのですが、新しい『TP5x』ボールは潰れます。柔らかいボールは市場にたくさんあるので、比較をすれば硬めですが、それでも、潰れ感が強烈です。

とはいっても、『TP5x』ボールは高性能です。

飛距離性能もトップクラスですし、スピン性能に関しては、ショートアイアンとウェッジでは『TP5』ボールよりもスピンがかかります。

ただし、ハッキリとわかるような何倍ということではなく、敏感なゴルファーなら感じられる程度の差です。

個人的に思うのですが、ツアーボールはそれ良いのだと思います。

プロが求める基本性能は大きな差がなく、微妙な隠し味を有効に差を出していくのがトッププロだからです。

『TP5』と『TP5x』ボールは、前モデルもツアーボールの見本となるような高い完成度を誇っていました。

新しい素材にする冒険で、元々の合格点に陰りが出てしまっては本末転倒です。

そういう意味で、完成度の高さを維持した結果、あまり前モデルと変わらない、ということなったのだと思います。

ただし、もしかすると、ヘッドスピードが50メートル/秒を超えるようなパワーヒッターであれば、前モデルのボールとは大きく違う機能を引き出せる可能性は残りました。

その分野になると、貧打の僕では確認ができません。

『TP5』と『TP5x』ボールは、ツアーボールを使ってみたいゴルファーにオススメです。

これといった欠点が見つからないボールだからです。

また、ゴルフで起きるすべての事象について、ボールのせいにしたくないというゴルファーにも使用してほしいと思いました。

何も足していない成分無調整であることは、ツアーボールの魅力だと思います。

最後に、パワーヒッターで、昨年から今年にかけて、アンダースペックのツアーボールばかりで消化不良を起こしているゴルファーにもオススメしたいと思います。

新しい『TP5』と『TP5x』ボールは、テーラーメイドのツアーボールとして、非常に高い完成度を持っています。

それを楽しむのは、すべてのゴルファーに許されている権利なのです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA