脱スライス!フェースターンを身につける3つの練習法を動画で紹介!

getty

ゴルフスイング

脱スライス!フェースターンを身につける3つの練習法を動画で紹介!

0

みなさんこんにちは! 現役レッスンプロのみやヴぃです。

今回は、手打ちで悩んでいる方にオススメのフェースターン練習法をお教えします。

実際にレッスンの際に、生徒さんにやっていただいて効果のあるものばかりなのでぜひやってみてください!

スライスから卒業し、飛距離アップ・安定感のある球筋を目指しましょう。

※この記事はスライスで悩んでいる人向けの記事です。フックやチーピン、引っ掛けで悩んでいる人がフェースターンを意識し過ぎるとフックやチーピン、引っ掛けが余計にひどくなる可能性がありますのでご注意ください。

水平素振り

胸の高さで構え、自然に腕を振りましょう。

クラブヘッドの高さが変わらないようにし、力まないようにしましょう。

なるべくスムーズに、ヒジや手首を柔らかく使いましょう。

体の前を通り過ぎる時に左右の手がひっくり返って、入れ替わる感覚を覚えましょう。

スイング中もこの感覚でフェースを開いて閉じる動きを自然に行うのが正しいスイングです。

傘ドリル

傘を開いて持って、傘が自分から見て反時計周りにくるくるっと周りながらフォローサイドに振れるようにしましょう。

傘がまったく回転しないのはNGです。

他の方にご迷惑になるので、駅のホームでは開いてやらないでくださいね!(笑)

寸止めドリル

腕を脱力し、ボールに当たる直前で体幹・足に力を入れて寸止めします。

無理に力を入れているとヒジや手首を痛めるので柔らかく握りましょう。

大きなスイングだと寸止めした時にヒジと手首に大きな負担がかかるので、胸くらいの高さの小さめのテークバックから行いましょう。

腕を脱力した状態で寸止めすることにより体・腕の動きにブレーキがかかり、インパクトの瞬間に自然に腕が返りクラブヘッドが体を追い越す感覚をつかみましょう。

軽いフックが出ればスライス卒業です!

フルスイングでもインパクト付近でクラブヘッドが体を追い越すのを待ってから体を回す感覚で練習に取り組みましょう。

※この練習は負荷が強い練習です。思い切りやると、ヒジや手首を痛める恐れがあります。くれぐれも全力でやったりせず、軽く行うようにしてください。

まとめ

上記の練習ドリルに取り組んでひたすら続けていれば、いつの日か必ずスライスは卒業できます。

あこがれのストレートボール、ドローボールを目指して頑張ってください!

それでは、次回の記事もお楽しみに!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

脱スライス!フェースターンを身につける3つの練習法を動画で紹介!

カートに追加されました。


×