1ダース2000円以下!?コスパ最強のおすすめゴルフボール

getty

1ダース2000円以下!?コスパ最強のおすすめゴルフボール

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

皆さんはどんなボールを使っていますか?

最初はロストボールを使い始めて、お値打ちなボールへとシフト、そして最後はツアーボールへという道筋をたどる方が多いのではないでしょうか。

ある程度実力が上がってきたゴルファーの方におすすめしたいのが、比較的お値打ちなニューボール。

1ダース2000円以下というコスパ最強のおすすめボールをピックアップしてみました。

※価格はライターとや調べ。2019年2月現在。

HONMA D1

HONMA D1

amazon

ホンマゴルフのD1というボール、モグラのパッケージがかわいくて「お店で見たことある!」という方も多いんじゃないでしょうか。

このモグラのデザインされたD1ですが、コスパに優れているだけでなく、とにかく飛距離が出るんです。

フィーリングも硬過ぎることもありませんし、飛距離も結構出ているなー、と感じられるほど。

そして気になるお値段、1ダースで1800円前後(イエローは1500円)という衝撃のお値段。

これで新品なんですから驚きです。「安く、お値打ちに」という要望はすべてクリアしているボールです。

飛距離は出るんですがスピンはあまり入らないので、アプローチは転がしでいきましょう。

TaylorMade Distance

TaylorMade Distance

amazon

テーラーメイドのこちらのディスタンス。

2ピースのディスタンス系ボールということで、こちらも飛距離は必要にして十分。打感は少し硬めなのが特徴的です。

お値打ちなボール全体に言えることですが、スピンはあまり入らないので、スピンで止める、という芸当はほぼできません。

しかしそれを補って余りあるコスパで、1ダース1900円程(イエローは1380円)。

値段を考えればその飛距離性能はかなりのものでしょう。

TOUR STAGE EXTRA DISTANCE

TOUR STAGE EXTRA DISTANCE

amazon

ディスタンス系のお値打ちなボールでも、使っている人が非常に多い印象なのがこちらのツアーステージ エクストラディスタンス。

こちらも飛距離性能を追求したボールで、スピンは控えめ。

低価格のディスタンス系ボールの中ではシェアも多く、たくさんの人が値段とボール性能のバランスに納得しているモデルである証拠とも言えますね。

お値段も1ダース1600円前後とコスパに関しては文句なし。

スピンがかかりにくい以外の弱点はあまり見当たらないのですが、強いて挙げるとするならば、他の人とボール被り発生率が高めということくらいでしょうか。

飛衛門

飛衛門

amazon

コスパ抜群のボールとして、この飛衛門の右に出るものはいないかもしれません。

なんといってもお値段が最強。お値段1ダースで1000円ちょい。

このメッシュに入ったボールをショップで見かけたことのある方も多いんじゃないでしょうか。

1球100円以下という、高価格帯ボールのロストボールをも超えるお値段は他にはありません。

ブランドや見栄にこだわらなければ、このお値段でゴルフボールとしての性能は文句の付け所がありません。

ロストボールから卒業して、コスパの高いニューボールを使ってみては?

ロストボールから卒業して、コスパの高いニューボールを使ってみては?

getty

あまり上手じゃないから・・・とロストボールを使っている人も多いと思ういます。

けれどもボールを統一できるメリットもありますので、新品のボールを使ってみてはいかがでしょうか。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップH