ゴルフは仕事に通ず!〈3〉私がゴルフ部の学生キャディーに話したこと!

お気に入り
皆さんは、キャディー付のラウンドで学生のアルバイトキャディーが付いた経験はありますか?

私がたまにラウンドするコースで、付近にある大学のゴルフ部の学生が、アルバイトでキャディーとして付くことがあります。

今回は、「ゴルフは仕事に通ずる!」というお話を、この学生アルバイトキャディーとの会話から見てみましょう!

ゴルフ部で頑張った! ゴルフが上手くなったことを何に役立てる?

ゴルフ部で頑張った! ゴルフが上手くなったことを何に役立てる?

getty

大学の体育会系ゴルフ部で、4年間真剣にゴルフに打ち込んできたことは、かけがえのない財産だと思います。

会社によっては、体育会系の学生を採用したいと考えるところも多いと思います。

私も、4年間の学業とゴルフの両立をしてきた学生には親近感を感じます!

ましてや、ゴルフは高齢になっても生涯できるスポーツですから、それは財産です。

また、ゴルフは若いうちに始めたほうが良いということは、ゴルファーなら誰でも感じることでしょう。

もっとも、ゴルフ部に在籍していても、腕の差はあると思います。しかし、それでも、アマチュアのシングルクラス、またはそれに近い腕前は持っているでしょう。

では、そのゴルフの腕前をどのように役立てるのでしょうか?

これだけジュニアの育成が盛んになると、若くても相当の腕前の学生も多いと思います。

プロを目指す者、ゴルフ関係の会社への就職を目指す者、等です。

まず、学生キャディーに聞くこと「プロを目指しているの?」

まず、学生キャディーに聞くこと「プロを目指しているの?」

getty

私は、付いた学生キャディーにまず「ベストスコアは?」という質問をします。

それを聞いたうえで、70を切るような腕前であれば、即座に「プロを目指しているの?」と聞きます。

また、ベストスコアが75以上の場合でも、一応同様のことを聞きます。

体育会系のゴルフ部に所属して、ゴルフの上達を目指して頑張っているのですから、さらに上を目指したいと考えていると思うからです。

以前は、この質問に「プロを目指します!」という学生もいましたが、最近は少しずつ減少しているように感じます。

一方で、「就職します」と答える学生キャディーが増えています。

「プロの道は大変だから、普通に就職すれば必ず役立つよ!」とアドバイスします!

「プロの道は大変だから、普通に就職すれば必ず役立つよ!」とアドバイスします!

getty

私が、学生キャディーにこの質問をするのは、『プロは大変だから、なかなか飯が食えない、だからゴルフがある程度上手いということで就職をしてもらいたい!』とアドバイスしたいからです!

皆さんの会社にゴルフ部出身の新入社員が来たら、どうしますか?

私なら、どの程度の腕前なのか見てみたいと考えます。早速、ラウンドしようという話になると思います。

そして、ゴルフの盛んな会社であれば、今度どこどこにゴルフ部出身の新入社員が入ってきた、と話題になるでしょう!

他の新入社員よりも、早く顔と名前が売れるでしょうね!

そうです。ある程度以上の腕前なら、アマチュアとして、会社の中で重宝される存在になる可能性があるのです。

何も、苦労してプロの道を目指す必要はないと考えます!

そして、ゴルフを続けたいと思うならば、社会人の会社対抗に出て、切磋琢磨する道もあるのです!

(余談)こんなに若くて、ゴルフが上手いのは羨ましいなぁ!

(余談)こんなに若くて、ゴルフが上手いのは羨ましいなぁ!

getty

大学のゴルフ部で、上達を目指して頑張ってきたという宝物は、本当に羨ましいですね!

ゴルフ漬けの環境の中で身に付けたゴルフは、続けている限りある程度の力は、維持できるでしょう。

これからの社会人人生の中で、それを花咲かすことができるのです。

それを武器に、会社の中で頑張ってほしいと、心から祈っています!
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >