カンタン『つま先上がり・つま先下がり』の打ち方を知っておこう!

getty

ゴルフスイング

カンタン『つま先上がり・つま先下がり』の打ち方を知っておこう!

eccooo

ゴルフの練習場で何度も練習を重ねてきてもコースに出るとなかなか上手くいかないこともあります。

それは、実際にコースに出ると練習場みたいに平らなところはほとんどないからです。

つま先上がりのときもあればつま先下がりとなるときもあります。

どんな状況でも正しい打ち方を知っていればその場でうろたえることなく対応できるはずです。

本番に備えて、ここではつま先上がり、つま先下がりの場合の打ち方について説明していきます!

ゴルフの練習場で何度も練習を重ねてきてもコースに出るとなかなか上手くいかないこともあります。

それは、実際にコースに出ると練習場みたいに平らなところはほとんどないからです。

つま先上がりのときもあればつま先下がりとなるときもあります。

どんな状況でも正しい打ち方を知っていればその場でうろたえることなく対応できるはずです。

本番に備えて、ここではつま先上がり、つま先下がりの場合の打ち方について説明していきます!

状況によってどのようなショットが出やすいのか理解しよう!

状況によってどのようなショットが出やすいのか理解しよう!

getty

コースに出ると練習場ほど同じ条件でショットが打てることはまずありません。

そのため各条件に応じてどのようなショットが出やすいのか把握しておくことが必要となります。

まずつま先上がりの場合、いつもより横振りになりやすく、フェースが左を向きやすくなるのでフックする可能性が高くなります。

いつもより右方向を狙う打ち方が必要です。

反対につま先下がりの場合は縦振りになりやすいのでスライスしやすくなっていきます。

しかし、つま先上がりと異なり、クラブヘッドのトウ側の下部分に地面がないため、真っすぐ打てることもあれば、逆に上手くつかまえすぎてフックしてしまうこともあることを頭に入れておきましょう。

つま先上がりの時の打ち方を知っておこう!

では、まずはつま先上がりに対応する打ち方を説明しましょう。

つま先上がりの場合はいつもよりボールが上(=近く)にあることになります。そのためいつもと同じ感覚で打ってしまうとダフリが発生します。

そうならないためにいつもより前傾姿勢を浅くし、少しクラブを短く持つことが大切です。

またボールをいつもより一個分右に置くと距離感がいつもと合ってきますが、短く持つ分いつもより少し飛距離が落ちるので注意しましょう。

あとはいつもと同じ感覚のスイングで大丈夫でしょう。

ただし、上の写真を見てもわかるように、つま先上がりのライにクラブを置くと、フェースが左を向きます。

ショートアイアンになればなるほどつま先上がりで左に行きやすくなりますので、その分右を狙ったり、フェースを開いたりして対応しましょう(フェースを開いたときは、その分飛距離が落ちますので、番手を上げる=数字の小さなクラブに持ち替えることを忘れずに)。

つま先下がりと比べると対応は容易かと思いますのでポイントだけ把握しておきましょう!

ポイントは“短く持って横振り”です!

つま先下がりの時の打ち方を知っておこう!

つま先上がりと比べると断然難しいのはつま先下がりでしょう。

通常よりもボールが下にあるためひざを深く曲げて重心を落とします。

そうするといつものようなフルスイングは自然とできなくなり、飛距離が落ちます。

なので、番手を上げて飛距離減に対応しましょう。

またいつものような体重移動ができなくなるため自然と手打ちのようなスイングになってしまいます。

このとき、手首が返り過ぎると、思った以上にボールがつかまってしまうこともあります。

フェース面を返さないように気をつけながら、コンパクトなスイングをより意識すると上手く行くでしょう!

ポイントは“重心を下げて手打ちスイング”です!

つま先上がりとつま先下がりは正反対のスイングに!

つま先上がりとつま先下がりは正反対のスイングに!

getty

つま先上がりの時とつま先下がりの時の打ち方を説明しましたがまったく反対になることは理解できましたでしょうか?

コースに出るとホントに傾斜地ばかりで、なかなかフラットなところでショットを打つことができません。

だからこそそれぞれの打ち方を知っておくことでどんなところにボールが行ってしまっても対応できるということなのです。

練習できないからこそ打ち方だけは頭に入れておきましょう!

ここではつま先上がり、つま先下がりについてだけ述べましたが、コースに出るともっといろいろな状況があります。

思いっきり打つだけがゴルフではありません。臨機応変に対応していく技術もまた必要になってきます。

一つ一つ身につけてよりゴルフの楽しさを知ってくださいね♪

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

カンタン『つま先上がり・つま先下がり』の打ち方を知っておこう!

メニュー