※ルールを知ろう!プレー中に帽子をかぶるにはワケがある♪

getty

ゴルフ初心者

※ルールを知ろう!プレー中に帽子をかぶるにはワケがある♪

MUG

ゴルフには暗黙のルールも存在します。

初心者だとゴルフの帽子をオシャレぐらいにしか考えておらず、ラウンドに持っていかずに失敗した経験をお持ちの方もいるかもしれません。

ここではゴルフの帽子をかぶるワケについてご紹介していきます。

ゴルフには暗黙のルールも存在します。

初心者だとゴルフの帽子をオシャレぐらいにしか考えておらず、ラウンドに持っていかずに失敗した経験をお持ちの方もいるかもしれません。

ここではゴルフの帽子をかぶるワケについてご紹介していきます。

なぜ帽子をかぶらないといけないの?

なぜ帽子をかぶらないといけないの?

getty

紳士的なスポーツであるゴルフでは、初心者では知らないさまざまなルールやマナーがあります。

ラウンド中の帽子着用は、ルールには記載されていないため、どちらかと言うとマナーとしての着用が大きいと言えます。

だからといって帽子をかぶらなくても良いかと言うと、そうではありません。

やはり帽子をかぶることで熱中症予防であったり、ゴルフボールの直撃を防止したりという役割があり、とても大切なことです。

ラウンド中はコースが終わるまではしっかりと帽子をかぶっておくようにしましょう!

ゴルフ場によってはドレスコードがあることも!

ゴルフ場によってはドレスコードがあることも!

getty

帽子をかぶる理由の一つとして、初心者に知っておいて欲しいのが事故防止という側面です。

もし後続でプレーしているプレーヤーのボールが直撃すると大惨事となります。

ゴルフボールが直撃すると、ディンプルの形がくっきりと残る内出血となることがあります。

そんな打球が頭にぶつかってしまったら、そう考えると非常に危険です。

そのためゴルフ場によっては、打球事故防止のためにも帽子着用をルールにしているゴルフ場もあります。

危機管理のためにも帽子着用は大切だと言えます。

帽子があるといろいろ便利!

帽子があるといろいろ便利!

getty

帽子があるとジェスチャーの小道具として、遠くのプレーヤーに合図を送ることもできます。

もし隣のホールにボールを打ち込んでしまった場合。

初心者によくあるシチュエーションだと言えます。このとき他のプレーヤーに迷惑をかけることになります。

そんなときには遠くにいるプレーヤーに向かって謝罪するのが礼儀でありルールではないでしょうか。

単純に頭を下げるのではなく、帽子を脱いで頭を下げるという動作を加えることで、謝罪の意思をはっきりと表現できます。

他人に迷惑はかけたくないですが、あると便利だと思いませんか?

ゴルフで使用する帽子を選ぼう

ゴルフで使用する帽子を選ぼう

getty

ゴルフの帽子にもたくさんの種類があります。

一般的にはキャップが多く、サンバイザーやハンチングなどもオシャレだと思います。

冬であればニット帽が防寒対策に良いかもしれません。

ただし、気をつけないといけないのはたくさんの種類があるからといって、シルクハットやつばの広い麦わら帽子など、スポーツのイメージからかけ離れるような帽子はやめておきましょう。

一緒にラウンドする仲間が心地よくプレーできる帽子や服装が好ましいと言えます。


ここまでゴルフの帽子に関するルールやマナーなどについてご紹介してきましたがいかがでしたか。

ゴルフは紳士のスポーツという名残があるためルールやマナーが敷居の高さを感じさせますが、ワケを知ってみると常識的なことだと言えますね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

※ルールを知ろう!プレー中に帽子をかぶるにはワケがある♪

メニュー