上手な人が習慣化している!ラウンド前日「4つのやること」

getty

初心者

上手な人が習慣化している!ラウンド前日「4つのやること」

kuisinbo

“段取り八分”はなにもビジネスの世界だけの話ではありません。

ゴルフでも段取りはとても重要になります。

コースに立ってしまえばあとは打つだけですので、重要なのは前日までにいかにして準備をしてきたかということ。

いいスコアでラウンドする人たちが、ラウンド前日にやっていることを4つ紹介しますので、参考にしてください。

“段取り八分”はなにもビジネスの世界だけの話ではありません。

ゴルフでも段取りはとても重要になります。

コースに立ってしまえばあとは打つだけですので、重要なのは前日までにいかにして準備をしてきたかということ。

いいスコアでラウンドする人たちが、ラウンド前日にやっていることを4つ紹介しますので、参考にしてください。

1 ラウンド前日はコースチェックを必ずしましょう

1 ラウンド前日はコースチェックを必ずしましょう

getty

前日にやることといえば、ゴルフコースの下調べです。

いきなり下調べなしでコースに挑むのもおもしろいかもしれませんが、いいスコアを出したいなら、コースチェックは必須です。

ゴルフ場のホームページにコース紹介がありますので、それらを参考にイメージトレーニングをしましょう。

最初のうちは思い通りにコースを攻めることができなくても、イメージすることが重要になります。

感覚だけでプレーせずに、コースチェックをしながら18ホールの攻め方を決めてみましょう。

こうやってコースチェックをする人が上達への近道を進めます。

2 ゴルフ場周辺の天気予報をチェックしておく

2 ゴルフ場周辺の天気予報をチェックしておく

getty

ゴルフは自然との戦いですので、快晴の日もあれば、雨の日や風が強い日もあります。

ラウンド前日にやることとして、必ず天気予報をチェックしておくようにしてください。

そして天候に合わせた服装などの準備をしてください。

雨が降るとわかっている場合はレインウェアや傘などを準備する必要がありますし、手袋や着替えも多めに持っていかなくてはいけません。

気温が高い予報なら、汗をかいたあとの着替えとタオルの準備などをしておきましょう。

風向きまで頭に入れておけるとベストです。

3 ラウンド前日の練習は体をほぐす程度におこなう

3 ラウンド前日の練習は体をほぐす程度におこなう

getty

明日がラウンドだと思うと、気持ちが高ぶりすぎてついつい多めに練習してしまいがちですが、練習のやり過ぎになるぐらいなら、練習しないほうがスコアアップにはプラスになります。

それでも体は動かしたいわけですから、本当に軽めの練習を行いましょう。

ショットの練習なら20球も打てば十分です。

しかもフルパワーではなく力を抜いて打ってください。

前日に練習をして上手くなるわけがありませんので、ここでやることは体をほぐすだけ。

翌日のラウンドに向けて体をほぐす程度の練習にとどめておくことが、本番で力を発揮するコツです。

4 ラウンド前日の行動をルーティーン化する

4 ラウンド前日の行動をルーティーン化する

getty

ゴルフのラウンド前日だからといって特別なことをしないというのも重要になります。

前日の準備も含め、やることをすべてルーティーン化することができればベストです。

打ちっ放しで20球打つなら、毎回20球だけ打つようにルーティーン化したり、いつもと同じお店で食事したりしましょう。パターの練習を日課にしておいて、ラウンド前日もいつもと同じように練習するというのもいいでしょう。

ゴルフはいつもどおりの自分を出すことが求められるスポーツです。

どんな状態でも平常心を保ち続けることができればスコアはあとから付いてきます。

ラウンド前日だからといって舞い上がることなく、いつもどおりの自分でいられるようにやるべきことをルーティーン化してください。

ゴルフ前日はどうしてもそわそわしてしまいます。特にゴルフを始めたばかりの人は、いてもたってもいられなくなり、ゴルフショップに出かけて、必要ないものを買ってしまったりも。

そうならないためにも、4つのやることを参考に、自分なりのルーティーンを見つけてみましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー