ゴルフスイング

【スコアアップ♪】真っすぐ飛ばないを改善!「お尻」を意識したスイングを!

Fagio

いつも同じスイングを心がけているつもりなのに、どうしてもショットに安定性がなく、ボールがあちこちに飛んでいってしまうことがあります。

そんな人はお尻に注目してください。お尻の意識を変えるだけでボールはまっすぐ飛んでいきます。

いつも同じスイングを心がけているつもりなのに、どうしてもショットに安定性がなく、ボールがあちこちに飛んでいってしまうことがあります。

そんな人はお尻に注目してください。お尻の意識を変えるだけでボールはまっすぐ飛んでいきます。

お尻を意識してスイングすると骨盤を使えるようになる

ゴルフのスイングは体の捻りの力を使って行います。
骨盤、背骨、肩甲骨とすべてを捻り、その捻りから元に戻ろうとする力を利用してスイングをすると、ショットそのものが安定するのです。

ショットのバラつきの多くは手打ちしていることにあります。
ゴルフは手ではなく体で打つというのは何度も耳にしているかもしれません。

その捻りの中心であり、基盤になるのが骨盤です。
骨盤をしっかり捻ることで体全体を使ってスイングすることができるようになります。

そしてその骨盤を使う鍵となるのがお尻の意識になります。

お尻の筋肉を使ってスイングすることで体幹が安定する

アドレスに入るときに、意識的にお尻に力を入れてみてください。キュッと内側に寄せるような感覚です。

そうすることで腹筋の内側も引っ張られて緊張するのがわかるはずです。
わからない人はインナーの筋肉が弱っていますのでトレーニングで強化しましょう。

お尻に少し力を入れるだけで腹筋が緊張し、お尻から頭頂までが一直線になる。

これが体幹を使えている状態です。体幹が安定すれば、何回クラブをスイングしても同じスイングをすることができます。

このことによってショットが安定することになります。

お尻のポケットにゴルフボールを入れてスイングする練習法

それでは実際にどのように練習すれば、お尻の意識を利用したスイングが自然に身につくのでしょう。

一番簡単な方法は、後ろの両側にポケットがついているパンツを利用して、それぞれにゴルフボールを1個ずつ入れてスイングしてみましょう。

その状態で練習場に出てショットをしてみると、いつも以上に打ちやすく、しかも真っ直ぐ飛ぶことを感じられるはずです。

違和感があることでお尻を意識することができるためです。

ただし、コースですると見た目が悪いですので、ラウンドするときはもう少し見栄えのいいものをポケットに入れてください。

椅子に座ってスイングする練習法

家でもできる練習法として、椅子に座ってスイングをするという練習法があります。まずは椅子に座ってスイングをしてみてください。

ほとんどの人はお尻が浮いてしまうのではないでしょうか。これは骨盤をしっかりと捻れていない証拠です。

右と左のお尻が椅子から離れないように意識して、スイングをしてください。最初はゆっくりでかまいません。
腕ではなく骨盤、背骨、肩甲骨のそれぞれをゆっくり捻って、感覚を覚えてください。

その感覚を忘れないようにしてスイングするだけで、見違えるような安定したショットを打てるようになります。


お尻を意識することは、確実にショットの安定につながりますが、根本的にインナーマッスルが弱いとその効果も薄くなってしまいます。

ボールを打つ練習も重要ですが、地道な体幹トレーニングも同時に行えば効果は倍増しますので、ぜひ体幹トレーニングも取り入れてください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

【スコアアップ♪】真っすぐ飛ばないを改善!「お尻」を意識したスイングを!

メニュー