1打目のOB回避!【ひっかけ・チーピン】原因と解消のコツ

getty

ゴルフスイング

1打目のOB回避!【ひっかけ・チーピン】原因と解消のコツ

REDマン

そのホールの行く末を決定するといっても過言ではないドライバーショット。

このドライバーの調子がいいかどうかによって、その日のスコアも左右されてしまいますよね。

中でも「ドライバーが左へOB」というゴルファーもたくさんいるんです。

そこでドライバーのひっかけはなぜ起こるのか、またその対策について考えてみたいと思います。

そのホールの行く末を決定するといっても過言ではないドライバーショット。

このドライバーの調子がいいかどうかによって、その日のスコアも左右されてしまいますよね。

中でも「ドライバーが左へOB」というゴルファーもたくさんいるんです。

そこでドライバーのひっかけはなぜ起こるのか、またその対策について考えてみたいと思います。

ひっかけるということ=フェースが左に被っている

ひっかけるということ=フェースが左に被っている

getty

ドライバーショットをひっかけるということは、フェースが左に被ってインパクト(右打ちの場合)しているのはおわかりですか?

「ボールを飛ばしたい方向に、フェースが向いていない」ためにひっかけが起きているんです。

素振りのときには大丈夫でも、なぜかボールを打つ時にはひっかけてしまう、なんて方も多いようですね。

フェースが左に被らないようにインパクトまで持っていくスイングをすればいいのです。

しかし、これができないゴルファーはイメージやスイングそのものに原因がある場合が多いんです。

フェースが左に被ってしまう理由とは?

素振りでは問題なくても、フェースが左に被ってしまう場合、多くはスライスやフックをしないように知らず知らずのうち「軽くスイングしていること」が挙げられます。

要はミスショットをしないように無意識にコントロールしやすく動いてしまっているんです!

力を抜いたスイングはいいのですが、ミスをしたくない心理が働いて下半身が止まってしまっている方が多く見受けられます。

下半身が回っていないのに、クラブが出てきて、それを右手で無意識にカバーしようとします。

するとフェースが左に被って、見事にひっかけが発生するというドライバーショットの悪い流れですね。

手首を使いすぎない

ゴルフスイングの基本は「手打ち」とするドリルを見かけることがありますね。

初心者のうちにアームローテーションを覚えるにはいい練習方法なのですが、これを間違えて解釈してしまうと手首を返しすぎて、こねる動作が身についてしまうので注意が必要です。

手首をこねると当然フェースが左を向きやすくなります。
すると少しのスイングのズレでも、それがひっかけへとつながってしまいます。

右手は、インパクトの瞬間から5cmくらいは真っ直ぐ打ち出し方向に押し込むような意識を持っておきましょう。

フェースが正面を向きやすくなりますので、ドライバーショットの左へのミスがグッと減ってきますよ。

リードは左腕で、インパクトは右手で押し込む

ひっかけ解消のためには、下半身をしっかり使うことはもちろんですが、上半身にも常に気を配っておきましょう。

トップからインパクトまでは左腕でしっかりスイングをリードしていきます。
腰の回転を使って始動をする必要がありますので合わせてチェックです。

そしてインパクトから5cmくらいまでは、右手で打ち出し方向にしっかりボールを押し込むイメージをしましょう。

フォローは、勝手にクラブが体に巻き付いてくる感覚です。


いかがでしたか?
ドライバーショットのひっかけに悩んでいるゴルファーの手助けになれば幸いです。

自分ではそのようにしているつもりがなくても、スイングは知らず知らずのうちに崩れていることがよくあります。

ひっかけが出始めて、症状が治らないゴルファーは一度チェックしてみましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

1打目のOB回避!【ひっかけ・チーピン】原因と解消のコツ

メニュー