理想のバックスイング、理想のトップポジションとは!

getty

ゴルフスイング

理想のバックスイング、理想のトップポジションとは!

eccooo

多くのゴルファーが、スイングでもっとも意識するとする、バックスイングからトップにかけての動き。

イメージや感覚は人それぞれで、どのような動き、トップの形になっているのが良いのか、迷っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは理想のバックスイングについて、どうなればいいのかを確認してみたいと思います。

多くのゴルファーが、スイングでもっとも意識するとする、バックスイングからトップにかけての動き。

イメージや感覚は人それぞれで、どのような動き、トップの形になっているのが良いのか、迷っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは理想のバックスイングについて、どうなればいいのかを確認してみたいと思います。

バックスイングでは、無駄のないスイングプレーンを意識して!

バックスイングで悩んでいる方は、まずスイングプレーンを無駄のないものにしましょう。

インやアウトに上げすぎていると、そこには必ず無駄な動きが生まれます。

それをスイング中に修正しようとしてしまうために、結果的にスイングが乱れてしまいます。

トップの位置を必要以上に高くしたり、低くしたりするのは、動きがバラバラになりかねません。

アドレスの位置からトップまで、画像のように左肩のラインと左腕を真っ直ぐになるように引き上げていきましょう。

バックスイングの初期が大事!

アドレスの形からバックスイングを開始していきますが、両腕とグリップでできる三角形の形をなるべく崩さないように、腰の高さまで上げていきましょう。

練習方法としては、クラブのグリップエンドをお腹につけ、短くグリップします。

そして、グリップエンドをお腹につけたまま、腰の高さまで腕を使わずに、三角形を崩さないように上げていきます。

その際、身体の中心に、1本軸が通っていて、その軸を中心にまわっていくイメージを持ちましょう。

そうすると、余計な体重移動がなくなり、バックスイングの大敵であるスウェイを防げます。

そしてもうひとつ、アドレス時にできたグリップの向きを変えないようにしましょう。

余計な手首の動きがなければ、画像のように前傾角とクラブフェースの向きが同じになるはずです。

この動きができるようになると、右や左に曲がるミスショットが、大幅にか少なくなります。

バックスイングの右肘と右脇をチェック

腰の高さまで上手くバックスイングができていれば、あとはもう少し上体ををひねってあげるとともに、右肘を曲げてグリップを右肩の前まで上げるだけです。

そうすると、アドレスの時にできたシャフトのラインの延長線上(画像の白いライン)を、右肘がなぞりながらトップまで上がっていきます。

この時に注意しなければいけないのは、右脇をなるべく開けないようにすることです。

右脇がかるくしまって、左腕が両肩のラインと重なったトップが、最適なトップ位置となります。

バックスイングで持つべき理想のイメージは?

バックスイングについていくつか書いてきましたが、理想のバックスイングのイメージは何かというと、「腕を使わない」というイメージです。

バックスイングでは、股関節や腰、上半身の捻りを使うことで、結果的にバックスイングの形になっているだけで、意図的に腕を動かしてやるイメージではどうしても崩れやすくなってしまいます。

バックスイングでは、小手先でクラブを振り上げるのではなく、体全体を捻って上げていくもので、余計な動きをしなければ、腕の形は結果的にそうなるというものです。

なので、理想は「腕を使わない」イメージになるのです。


いかがでしたか?

バックスイングの正しい形、特に腕の動きについて多く触れてみました。

シンプルにリラックスした形のバックスイングは無駄がなく、理に叶ったものです。

いいイメージで正しいバックスイングを身に着けましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

理想のバックスイング、理想のトップポジションとは!

メニュー