〜安定した90切りのために〜バックスイングの時、いい腕の形とは?
スイング

〜安定した90切りのために〜バックスイングの時、いい腕の形とは?

eccooo

ゴルファーの多くがスイングで一番気を遣うところとして挙げているバックスイング。

イメージや感覚は人それぞれで、どのような腕の形になっているのがいいのか迷っているかたも多いのではないでしょうか。

ここではバックスイングの腕の形について、どうなっているのが正解なのか確認してみたいと思います。

ゴルファーの多くがスイングで一番気を遣うところとして挙げているバックスイング。

イメージや感覚は人それぞれで、どのような腕の形になっているのがいいのか迷っているかたも多いのではないでしょうか。

ここではバックスイングの腕の形について、どうなっているのが正解なのか確認してみたいと思います。

バックスイングでは無駄のないスイングプレーンを意識して!

バックスイングでは無駄のないスイングプレーンを意識して!

バックスイングの腕の上げ方で悩んでいる方は、まずスイングプレーンを無駄のないものにしましょう。

インやアウトに偏っている場合、そこには必ず無駄な動きが生まれます。

それをスイング中に修正しようとしてしまうために結果的にスイングが乱れる要因になるんですね。

必要以上に高くしたり、低くしたりするのは動きがバラバラになりかねません。

アドレスの位置からトップまで、画像のように左肩のラインと左腕を真っ直ぐになるように引き上げていきましょう。

バックスイングの左腕の形をチェック

バックスイングの左腕の形をチェック

アドレスの形からバックスイングを開始していきます。

このとき左腕と左手首はそのままの形を保つようにしましょう。

特に気をつけたいのはトップでコックを大きくいれるスイングの方は、コックの際一緒に左肘が緩んでいないかを確認するようにしてください。

左肩をコンパスの針の接地点、左手首とグリップをコンパスの鉛筆の先とイメージすると安定しやすくなりますよ。

意外と多いのが、トップからスイング開始のときにグリップをそのまま下へ降ろす意識をすると、タメが緩みやすくなります。

腰の回転と左肩を中心にグリップを引っ張っていくイメージがいいですね。

バックスイングの右腕の形をチェック

バックスイングの右腕の形をチェック

getty

バックスイングを左腕で引っ張っていけば、自然な形に収まるのですが「泥沼」にハマると右腕の形がわからなくなってしまう人が多くいます。

右肘をアウトサイドに引っ張っていくと肘が体から離れていきます。まずこの形はNGです。

ハンドファーストの形が作りづらく、引っ掛けたりチーピンが出易くなってしまいます。

よく言われるのが右肘を体につけてスイングするというものですが、極端にやりすぎると非常に窮屈になってしまい、フェースが開きやすくスライスに・・・

あまり極端すぎても良くないということですね。

脇の下に挟んだボールを柔らかくホールドする、というイメージならばリラックスした右腕の形になります。

バックスイングで持つべき腕のイメージは?

バックスイングで持つべき腕のイメージは?

バックスイングで腕のイメージについて触れてきましたが、バックスイング全体はどのようなイメージで考えればいいのかというと

「手でバックスイングしない」というイメージです。

バックスイングで股関節や腰、上半身の詰れを使って結果的にバックスイングの形になっているだけで、意図的に腕を動かしてやるイメージではどうしても崩れやすくなってしまいます。

ここで再三書いていますが、イメージというものが非常に大切になってきます。

バックスイングでは、小手先でクラブを振り上げるのではなく、体全体を捻って反動を得るための動作だということを認識しておきましょう。

いかがでしたか?
バックスイングの正しい腕の形について触れてみました。

シンプルにリラックスした形のバックスイングは無駄がなく、理に叶ったものです。いいイメージで正しいバックスイングを身に着けましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー