これは盲点!?ピンまでの距離あなたは正しく理解してますか!

getty

スイング

これは盲点!?ピンまでの距離あなたは正しく理解してますか!

tomok.bkn

今日は距離=ヤードについて考えてみたいと思います。

飛距離というとドライバーであと20ヤード飛ばしたいな、とか思いがちですが、もう少し短いところ、よりスコアに影響が大きいと思えるアイアンでの飛距離についてご説明させていただきます。

今日は距離=ヤードについて考えてみたいと思います。

飛距離というとドライバーであと20ヤード飛ばしたいな、とか思いがちですが、もう少し短いところ、よりスコアに影響が大きいと思えるアイアンでの飛距離についてご説明させていただきます。

1ヤードは何m?

さて、ところで1ヤードは何メートルでしょう?

答えは0.914m。

約90cmと憶えておくと、普段の生活で使っているメートル表示のものを見ても距離感を鍛えられるかもしれませんね。

ちなみに私の最寄駅で利用している出入り口から改札までは135m。150ヤードのショートホール分を歩いているのと同じですね。

プレーしているとき、グリーン以外では「残り何ヤード」って言い方をするのに、グリーンに乗ってからは「何メートルのパット」って言い方をしますよね。2つの単位を使い分ける、数少ないスポーツではないでしょうか。

ちなみに画像のアメフトは1ヤードおきに白線が引いてあるんですよ!

コース上ではヤード杭を目印にするとピンまでの距離が分かる?

さて、自分の飛距離は分かっているつもりなので、残りの距離に合わせてクラブを選ぶわけなんですが、ここで1つ疑問。

ラウンドしていると両サイドに設置されているヤード杭。これってどこまでの距離を示しているのでしょうか?

【A】グリーンエッジまでの距離?

【B】グリーンセンターまでの距離?

【C】カップまでの距離?

答えは・・・ゴルフ場によって違う。

私、恥ずかしながら、これを確認せずに、ヤード杭を目印に打ってしまってるんです。エッジとセンターであれば、1,2番手変わってくるのは当然ですよね。

練習して自分の距離が分かってきても、狙いが間違っていたら思った距離にならなくても当然ですよね。グリーンセンターまでの距離だと思って打ったら、実はエッジまでの距離だった。

これだとショートしてしまって当然です。ヤード杭やショートホールの看板で距離を確認するときには、それがどこからどこまでの距離を示しているのかを確認しておく。コレだけで少し距離には強くなれるはず。

ゴルフ練習場のヤード表示は正しい?

冒頭で私の場合、7Iで150ヤード弱と書きました。月に何回もラウンドしているゴルファーであれば、長すぎた、短すぎた、ピッタリだったという経験数も多く、自分の正確な飛距離が把握できているかもしれません。

でも、多くのゴルファーは、練習場に置いてあるヤード表示の看板やグリーンの表示をかなりアテにしているんじゃないでしょうか。

でもコレ、打席によって誤差があっても当然ですよね。練習場で狙っているものまでの距離が実際は何ヤードなのか、レーダーを持っている方が近くにいたら、正確な距離を測りなおしてみると、意外と思っていたものとだいぶズレていた、なんてこともあるかもしれません。

本コースで自分のボールでどれだけ飛んだか、実際に測ってみればさらに正確に分かりますね。

正確な飛距離をつかめばスコアUP!!

クラブごとの自分の飛距離がどれくらいなのか?目標までの距離がどれくらいなのか?この2つが正確に分かれば、あとは自分の腕次第ですね。正確な(飛)距離をつかんでスコアあっぷしていきましょう!!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー