ラフが長い時のアプローチショットの状況把握と打ち方
スイング

ラフが長い時のアプローチショットの状況把握と打ち方

eccooo

ドライバーでナイスショット!

残り150ヤードくらいを残して、あとはグリーンに寄せて~、なんて考えていたらボールがラフの中!?

なんてよくある話しですよね。当事者としては笑えない事態かもしれませんが・・・

こんなときアプローチショットの打ち方はどうすればいいんでしょうか。

スコアに直結するこの話題、しっかり復習しておきましょう!

ドライバーでナイスショット!

残り150ヤードくらいを残して、あとはグリーンに寄せて~、なんて考えていたらボールがラフの中!?

なんてよくある話しですよね。当事者としては笑えない事態かもしれませんが・・・

こんなときアプローチショットの打ち方はどうすればいいんでしょうか。

スコアに直結するこの話題、しっかり復習しておきましょう!

ラフにはまってしまった!まずはボールがどうなっているか確認

ラフにはまってしまった!まずはボールがどうなっているか確認

ボールがラフに入ってしまった場合、ボールの状態をチェックしてみましょう。

ラフではボールが
・ラフの中にボールが沈んでいる
・ラフの上にボールが乗っている
いずれかのケースに分類されます。

ボールがどうなっているかによって、アプローチショットの打ち方が変わってくるんです。

ラフが短いときはそれほどでもありませんが、ラフが長い時ほどはっきりとどちらかに分かれます。

ボールの状態によって打ち方を変えてあげる必要があるんですね。

ラフからのアプローチ!ラフの上に浮いているときの打ち方

ラフからのアプローチ!ラフの上に浮いているときの打ち方

ラフが長い時にはあまりありませんが、短めで密集したラフのときによく見られるのが「ラフの上にボールが乗っている」ことですね。

地面からちょっとだけ浮いた形になっているので、テンプラになりやすいのが特徴です。

こんなときはスイングそのものは普段のアプローチの打ち方と一緒で大丈夫なんです。

ただ、ボールが上に浮いているということで、ヘッドの位置を調整しなければなりませんね。

クラブを短く持ったり、上体を少し起こしたりするといいでしょう。

ラフの上に乗っている状態ですので、スイングの障害にはあまりなることはありません。

ラフからのアプローチ!ラフの下に沈んでいるときの打ち方

ラフが長い時によく見られますね。

長~いラフの中にボールが隠れているような感じです。どちらかと言うと厄介なのがこちらなんです。

スイングのときにラフがクラブに絡んで、まともに飛んでくれません。

こんなときにイメージすることは、ラフの根っこごと持っていくようにヘッドを入れる打ち方を心がけましょう。

この際、飛距離や寄せるイメージは捨ててしまいましょう。とにかくラフから抜け出すことを第一に考えてください。

色気を出してグリーンオンを狙うと、ラフからの脱出に手間取ってしまう可能性がありますよ。

ラフが長い時、もう一つの注意点

ラフが長い時、もう一つの注意点

ラフが長い時、打ち方にもう一つの注意点があります。
それはクラブをガッチリ握ることです。

ラフはかなりスイングの障害になりますので、緩くグリップしているとラフの根っこまでヘッドが入りません。

ですので、クラブをガッチリ握って、ラフの根っこめがけて「ドスッ!」とヘッドを入れることが大切なんですね。

ラフが長い時にはこうするしか手はありません。とにかくラフの抵抗に負けないように、しっかりクラブを握ってスイングすることを心がけるようにしましょう。

まずラフから抜け出さないことにはアプローチどころではありませんからね。

いかがでしたか?
ラフが長い時は、まずアプローチする意識は捨てて、ラフからの脱出を第一に考えておきましょう。

本当はラフに入らないことが一番いいんですが、そんなことって無理なんですよね・・・

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー