スライスとはおさらば!体を開かないスイングのコツ
スイング

スライスとはおさらば!体を開かないスイングのコツ

meison

ゴルフをしている人であれば、必ずと言っていいほど悩まされる「スライス」。

スライスを改善するには、体を開かないスイングを習得するしかありません。

そもそもなぜ体が開いてしまうのか、そして改善のコツについてご紹介します。

ゴルフをしている人であれば、必ずと言っていいほど悩まされる「スライス」。

スライスを改善するには、体を開かないスイングを習得するしかありません。

そもそもなぜ体が開いてしまうのか、そして改善のコツについてご紹介します。

なぜスイングで体が開いてしまうのか?

スイングで体が開いてしまう原因は、「振り遅れ」にあります。

これは、力んで遠くに飛ばそうとするあまり、下半身の動きにと上半身の動きが連動できずに行ってしまう現象です。

特に野球経験者に多いと言われており、力んだ振り遅れは逆に飛距離を低下させてしまいます。

こうした状態になると、スイングが「大振り」となり、スライスにつながってしまうのです。

そのため、スライスを克服するには「体を開かないスイング」を目指す必要あります。

コツ①左ひじをたたむ

振り遅れが発生すると、スイング後半のフォロースルーで左ひじをうまくたたむことが出来なくなります。

そのため、「ボールの当たった直後に右手を離す」動作を練習して、無理な力を入れず自然に左ひじたたむを動きを体に覚えこませましょう。

左ひじが上手くたためるようになれば、体を開かないスイングとなり、スライスが減少するはずです。

また、スイング後半を片手で行うため、力任せのスイングでは上手くクラブが振れません。

「正しい振り方」が自然と身につくようになっているのも、効果的な理由の一つです。

コツ②スタンスを工夫する

体を開かないようにするためには、足を置く位置(=スタンス)を工夫してみましょう。

やり方はいたってシンプルで、いつものスタンス幅よりやや狭く構え、そのまま右足を15cmほど後ろに引くだけです。

この構えはいわゆる「クローズスタンス」と呼ばれる構え方で、普通のスタンスに比べて体が開きにくくなっています。

「体が開いてスライスばっかりしてしまう!」と嘆いてる方は、ぜひこのスタンスを試してみて下さい。

最初はやりにくく感じるかもしれませんが、慣れると体の開きは矯正されているはずです。

コツ③意識を「下」に持ってくる

スイングをするとき、人は無意識のうちにボールが飛んでいった方向に体を向けます。

これはもちろん自然な流れですが、初心者の方があまりにボールの進行方向に意識を持っていってしまうと、体が開く原因になります。

そのため、ボールの当たるの瞬間は意識を「ボールのある地面を見ている」ぐらいでちょうどよいと思います。

最初は「ちょっとやり過ぎでは?」と感じるかもしれませんが、こうすることによって上半身がブレにくくなり、自然と体が開くのを防ぐことができるでしょう。

スライス対策には、「体を開かないこと」が何より重要です。

人によって効果的な練習方法、自分に合う練習方法は異なるため、ここで紹介したコツを試しつつ新しい方法にも取り組んでみましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー