バンカーショットの距離を打ち分けるポイント!

getty

ゴルフスイング

バンカーショットの距離を打ち分けるポイント!

sakabeeee

バンカーに入ったら、とりあえず出ればOK!

でも、それではなかなかパーはひろえませんね。

80台でラウンドしようと思ったら、やはりバンカーからでもピンに寄せていけるようになりたいものです。

そこで今回は、バンカーショットの距離の打ち分け方をお話します。

良かったら、参考にしてみて下さい!

バンカーに入ったら、とりあえず出ればOK!

でも、それではなかなかパーはひろえませんね。

80台でラウンドしようと思ったら、やはりバンカーからでもピンに寄せていけるようになりたいものです。

そこで今回は、バンカーショットの距離の打ち分け方をお話します。

良かったら、参考にしてみて下さい!

まずは、バンカーショットの基本のおさらい!

まずは、基本となるバンカーショット、エクスプロージョンショットのポイントをお話します。

① ボール位置は、普段の位置よりもボール1〜2個分左にセット
ボールよりも少し手前を打ちたいので、いつもよりボール1〜2個分左にセットしましょう。
いつもと同じように打てれば、自然にボールの少し手前を打つことになります。

② フェースを開いてからグリップ
グリップをしてからフェースを開くと、スイング中のどこかで戻してしまいます。
必ずフェースを開いてから、グリップしましょう。

③ 砂を取る量は、フェースの開く度合いで調整する
キャリーで寄せたい場合は、フェースを開いて砂を薄く取ります。
ランを使って寄せたい場合は、フェースをあまり開かずに、砂を厚く取ります。

⑤ スイングの大きさは、通常の3倍です!
例えば、10ヤードを打ちたい場合は30ヤードのスイング。
20ヤードのバンカーショットは60ヤードのスイングといったように、打ちたい距離の3倍の大きさのスイングが基本となります。

ピンまで近いバンカーショット

ピンまで10ヤード以内の、距離の近いバンカーショット。

もっともやってはいけないミスは、途中でスイングをゆるめてしまうことです。

ピンが近いだけに、スイングの途中で迷いが生じてしまうと、起こりがちなミスです。

こんな時は、ボールを前に飛ばすのではなく、上に飛ばすイメージをしましょう。

まず、フェースが真上を向くくらいにしっかりと開きます。

そしてボールから少し離れ、いつもよりハンドダウンに構えます。

そして、フラットなスイング軌道で、ボールのすぐ下をカットするようなイメージを持ちましょう。

そうする事で、砂を薄く取ることができ、高くスピンの利いたボールとなります。

フェースの開き加減やボールとの距離、それによってどのくらいの高さ、距離が出せるのかは、練習をすることで経験を積んでいきましょう。

画像の動画はこちら↓

3.距離感のイメージと飛距離を出すコツ

ピンまで30ヤード以内の、距離のあるバンカーショット。

この場合は、近い時とは逆に、通常のショットの様に近くに立ち、アップライトにスイングします。

そして、砂ごとボールを運んでいくイメージで打っていきます。

フェースを開いてしまうと、高く上がってしまいますので、あまり開かずに打ちましょう。

どの程度開けばバウンスを使えるのか、そして距離が出せるのかは、これも練習と経験でつかんでいきましょう。

お誕生日帽子を被った画像の動画はこちら↓

ピンまで30ヤード以上あるケース

ピンまで30ヤードを超えてくると、通常のサンドウェッジのエクスプロージョンショットでは対処できなくなってきます(一般的な男性の場合)。

その場合、2種類の選択となります。

まずは、アプローチウェッジやピッチングウェッジなど、ロフトの立っているクラブでエクスプロージョンショットをする方法です。

通常、こちらの方がやさしいと思うので、セーフティにいくならこちらがオススメです。

もうひとつの方法は、サンドウェッジやアプローチウェッジで、砂を取らずにクリーンに打っていく方法です。

ミスすると、ホームランとザックリ、どちらのリスクもあるシビアなショットです。

しっかりと練習をして、自信がない限り、やらない方が無難です。

しっかりと練習して、経験を積みましょう!



〈 ↑片山晋呉プロがツイッターにUPした、超絶バンカーショット練習動画 〉

バンカーショットは、練習して経験を積む以外、上手くなる事はできません。

バンカー練習ができる練習場にいって、ただやみくもに打つのではなく、今回お話したような、色んな打ち方を練習してみて下さいね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

バンカーショットの距離を打ち分けるポイント!

メニュー