スイング

徹底レッスン!ディボットの打ち方講座

Fagio

せっかくナイスショットを打ったはずなのに、ボールがディボットの中にある。

そんな状況で落ち込んだ経験がある人も多いかとは思いますが、ここではディボット内にあるボールの打ち方について詳しく解説をしていきます。

ディボットで痛い目に遭ったことがある人は是非とも参考にしてください!

せっかくナイスショットを打ったはずなのに、ボールがディボットの中にある。

そんな状況で落ち込んだ経験がある人も多いかとは思いますが、ここではディボット内にあるボールの打ち方について詳しく解説をしていきます。

ディボットで痛い目に遭ったことがある人は是非とも参考にしてください!

ディボットの中央にボールがある場合の打ち方

ディボットの何処にボールがあるかで打ち方が変わってきます。まずはディボットの真ん中辺りにボールがあったと仮定しましょう。

真ん中辺りからのショットはさほど難しくはありません。レッスンポイントとしましては真ん中ということはボールが最も沈んでいるポイントですよね。

ですのでヘッドに深い角度をいれてショットをする必要があります。

振り方は当然コンパクトでグリーンに届かせようという意識ではなくあくまでディボットから脱出させることに集中しましょう。

ディボットの右側にボールがある場合の打ち方

ボールがディボットの右側にある場合は理論的に考えると、ヘッドの入り口が狭い(もしくは無い)ということが想定できます。

この際の打ち方のポイントですが、出来る限り深い角度でヘッドをいれましょう。ディボットの右側はおそらく最も難しいショットです。

クラブ選びも重要になりますが、ロフトのあるクラブがオススメです。感覚的にコツを掴むしかないのですが、イマイチ要領をつかめないという方はレッスンしてもらうのもいいでしょう。

ディボットの左側にボールがある場合の打ち方

先ほどとは逆で今度はディボットの左側にボールがある場合の打ち方ですが、ヘッドは容易く入れられますが、出口が狭いのでヘッドが引っかかってしまいます。

レッスンポイントとしましては、引っかかって当然なので無理矢理に振り抜こうとしないことです。

ボールにヒットした後のフォローは意識しない方がいいでしょう。ディボットから脱出する事に意識を集中させるのがベターです。

難易度としましては先程の右側にボールがある場合よりは簡単なはずです。

レッスンを受けてみるのもオススメ

ディボットにあるボールは普段よりも沈んだ状態なので、この状況で無理にすくい上げようとするとトップの原因となってしまうこともあります。

ディボット跡の深さによって打ち方は勿論ですが最適なクラブを選択しましょう。それ程深くないディボットの場合はフェアウェイウッドを使用できることもあります。

その後の距離によっても選び方は変わってきます。

以上、ディボット跡にある様々なポジションからの打ち方のポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか?

ケースバイケースですがコツを掴んでしまえば意外と簡単に脱出できるかもしれませんよ。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー