ライフスタイル

あなたは大丈夫?ゴル友に嫌われないためにチェックしておきたい4つのNG行為

sarachiii

ゴルフを楽しむためには最低限のマナーがあります。NG行為は嫌われる原因にもなるので友達同士でゴルフをする際には気をつけておきましょう。ここでは基本的なマナーについて4点紹介させていただきますので、今一度確認しておきましょう!

ゴルフを楽しむためには最低限のマナーがあります。NG行為は嫌われる原因にもなるので友達同士でゴルフをする際には気をつけておきましょう。ここでは基本的なマナーについて4点紹介させていただきますので、今一度確認しておきましょう!

打つ人の邪魔になる「おしゃべり」はNG行為

打つ人の邪魔をするようなことはNG行為です。

例えば打つ人のそばでおしゃべりをしているという光景をたまに見かけますがこれは絶対にやめておくべきです。

プレイの邪魔になるばかりではなく嫌われる原因にもなります。友達同士でゴルフにいくと楽しくてついはしゃいでしまうという気持ちは十分わかります。

ですが、同伴者や隣接のコースでプレーしている人のショット邪魔になるようなおしゃべりはNG行為として認識しておきましょう。

コース内での「喫煙」は所定の場所で!

ゴルフコースではティーグランド近辺以外は基本的には禁煙です。

グリーンの上やコース内でタバコを吸うのはもってのほか!友達でタバコを吸いながらゴルフをしている人がいたら必ず注意しましょう。

ごくたまにグリーン上にタバコの吸殻が落ちているのを見かけますが、とても残念な気持ちになります。

このようなマナー違反は嫌われる原因にもなります。いくらゴルフが上手でも一緒にまわりたくないと距離を置かれてしまうでしょう。

基本的なマナーなので必ず心得ておきましょう。

「時間を守る」ことは最低限のマナー

時間を守るということはゴルフに限らず重要なことです。

ゴルフを楽しむためにも時間はきっちり守りましょう。10分前にはティグラウンドに到着しておくのが理想です。

一人時間に遅れてくるだけで周りの友達全員に迷惑をかけてしまいます。

時間にルーズなのはNG行為として認識しておきましょう。嫌われる原因として最も多いのが時間によるトラブルなのです。

いくらゴルフが上手でも時間にルーズなだけで友達からの評価が下がって嫌われてしまいます。

「服装」にも気をつけましょう!

ゴルフを楽しむ際には服装にも十分に気を使いましょう。

こちらは堅苦しく考える必要はそこまでありませんが、最低限のマナーは守るようにしましょう。

最近はコースによってはそこまで注意をされるところは少ないですが、襟なしのTシャツやサンダル、というファッションでのゴルフはあまり好ましくありません。

基本的にはNG行為として認識しておきましょう。もちろん、コースに来る時も帰る時も同様に、あまり砕けすぎないようにしましょう!

友達や周りの人に嫌われるNG行為を紹介してきましたがいかがでしたか?もし自分に当てはまる項目があったら今すぐ直しておくべきです。

マナーを守って周りにも気を使いながらゴルフを楽しめばきっと友達にも好かれるゴルファーになりましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー