クラブ

グリップの太さで球筋はここまで変わる!

su-chan

ゴルフクラブには様々な種類があり、同じ種類のものでもグリップの太さによってショットの感覚や球筋に大きな影響があります。

ここでは自身の手の大きさに合ったグリップ選びの重要性から、太めのグリップや細めのグリップの球筋への影響について詳しく解説をしていきます。

飛距離や方向性で悩んでいる方は是非とも参考にしてみてください。

ゴルフクラブには様々な種類があり、同じ種類のものでもグリップの太さによってショットの感覚や球筋に大きな影響があります。

ここでは自身の手の大きさに合ったグリップ選びの重要性から、太めのグリップや細めのグリップの球筋への影響について詳しく解説をしていきます。

飛距離や方向性で悩んでいる方は是非とも参考にしてみてください。

自分に合ったグリップの太さを見分ける

ゴルフクラブを選ぶ際にまず気を付けておきたいポイントはグリップの太さです。

いくらいいクラブでもグリップの太さが合っていなければいいショットは打てません。

自分に合うグリップの太さはどう見分ければいいのでしょうか?

まずクラブを握った時に指が余ったり遊んだりする余裕がなく、手の平全体がグリップに密着して巻き付くような感覚になるのがベストです。

頭では理解しにくい感覚ですが、実際に握ったときにシックリくるハズです。様々な太さを握ってみて試してみてください。

細いグリップの球筋への影響

グリップの太さによってボールは変化していきます。ここでは細めのグリップのゴルフクラブを使った場合のショットについて解説をしていきます。

グリップが細いクラブはボールがフック気味になりやすいのが大きな特徴です。

ですので、いつもボールがスライス気味になってしまうと悩んでいる方にはグリップが細めのクラブを使用することで解消されるかもしれません。

細めのグリップが好みの方はグローブの厚さなどで調整してみるのも効果的です。

太いグリップの球筋への影響

太いグリップを使った場合の球筋への影響ですが、比較的ボールをコントロールしやすくなります。

細めのグリップほど飛距離は期待できませんが、ボールの方向性が定まりやすいのでしっかりとコントロールしたいという方はグリップの太いクラブを選ぶと良いかもしれません。

太さにも限度がり、あまりにオーバーサイズのものは逆にコントロールが出来なくなってしまいます。

手の大きさや感じ方は人それぞれで異なるので、一口に太いグリップと言っても握った時の感覚で選ぶしかありません。

飛距離を出しつつも方向性を定めるには適正な太さのグリップで!

グリップの太さが太すぎず、細すぎず適正な太さのクラブであれば、飛距離も方向性も両方コントロールが可能です。

まずは自身の手の平のサイズにしっかりと合ったクラブを選ぶことが大切です。

購入してみたものの細いと感じる場合は専用のテープを何重かに巻くことで好みの太さにすることも可能です。

太さのみならずグリップの形状も重要なので、数値で断言できるものでもないのでグリップの確認はとにかく一度握ってみてから判断しましょう。

グリップの太さでショットの感覚のみならずボールにも大きな影響を与えるということを理解していただけたと思います。

一言で細い・太いと言っても様々なので実際に握ってみて試打してみましょう。細かなことですが、スコアアップにも繋がってくる要素です!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー