100切りしたいあなたへ!ラウンド時の考え方について
スイング

100切りしたいあなたへ!ラウンド時の考え方について

p562p

ゴルファーにとって100切りは一つの目標ですよね。100切りって意外とコツをつかめば簡単に達成できるかもしれませんよ!今回は100切りを目指すあなたに100を切るために必要なラウンド時の考え方をご紹介していきたいと思います。

ゴルファーにとって100切りは一つの目標ですよね。100切りって意外とコツをつかめば簡単に達成できるかもしれませんよ!今回は100切りを目指すあなたに100を切るために必要なラウンド時の考え方をご紹介していきたいと思います。

100を切るために計算をしてみよう!

100を切るために計算をしてみよう!

100切りを目指すにあたって、まず初めに行う必要があるのが、1ホールで何回まで打っていいのかを計算することです。

ゴルフは通常、18ホールで72回が規定打数になります。
100切りをするためには27打の余裕があります。
計算式:99-72=27

18ホールで考えると
ボギー:9ホール
ダブルボギー:9ホール
になります。
もちろんパーやバーディーが取れればさらに楽になります。
2ホールに1回ダブルボギーでよければなんだかいける気がしてきませんか!

大きなミスを一回したらダブルボギーで良しとしよう!

大きなミスを一回したらダブルボギーで良しとしよう!

ラウンド時にミスをするとどうしても、それを取り戻そうとしてさらに大きなミスをすることが良くあります。

100切りを目指すためには、大きなミスをしたら確実にダブルボギーで上がれるようにこころ掛けましょう。

例)ティーショットでミスをしたら2打目は確実にヒットすることができる番手で打つ。

ボギーやパーを狙わずこれ以上ミスを重ねないように戦略を立てることもゴルフが上達していくには重要なことです。

ティーショットではOBや池の位置を確認しよう

ティーショットではOBや池の位置を確認しよう

100切りを目指すゴルファーにとって一番スコアを崩す原因になるのはOBや池によるペナルティーになります。

特に、一番飛ぶクラブを打つティーショットではそれだけ滞空時間も長く曲がり幅も大きくなります。

ですので、ティーショットではOBや池の位置を必ず確認してそこに入らないように注意してアドレスしましょう。両サイドOBなどでドライバーに自信がない時はアイアンを使ったりすることも策の一つです。

とにかく、転がせる所は転がそう!

とにかく、転がせる所は転がそう!

2打目以降、ナイスショットをすることがもちろん一番いいですが、1日にそう何回もそれが出ることはありません。

そうなった場合ダフリかトップのミスで考えるとトップで転がした方が距離も出るためミスとしては良いミスになることが多いです。

また、アプローチでも球を必要以上に上げて寄せるアプローチは大きなミスにつながる可能性があるため、基本的にはPWやパターで転がすアプローチでピンに寄せていくことがオススメです。

いかがでしたでしょうか。みんなでワイワイするゴルフの時はスコアだけを気にしていてもつまらないかもしれませんが、時には100切りを真剣に狙って泥臭くゴルフをしてみるのもいいかもしれませんよ。

今回の記事で一人でも多くの方が100切りを達成できたら嬉しいです!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー