100切りしたいあなたへ!ラウンド前のパター練習編
スイング

100切りしたいあなたへ!ラウンド前のパター練習編

p562p

ゴルファーにとって100切りは一つの目標ですよね。100切りって意外とコツをつかめば簡単に達成できるかもしれませんよ!今回は100切りを目指すあなたにラウンド前のパター練習のチェックポイントについてご紹介させていただきます。

ゴルファーにとって100切りは一つの目標ですよね。100切りって意外とコツをつかめば簡単に達成できるかもしれませんよ!今回は100切りを目指すあなたにラウンド前のパター練習のチェックポイントについてご紹介させていただきます。

練習を始める場所でその日のスコアが決まるかも!

練習グリーンに到着した時にみなさんは漠然とボールを置いてパター練習を始めてはいませんか。ラウンド前での練習は距離感の確認、リズム、メンタルの調整が重要になります。

何も考えずに、くだり傾斜のラインからパッティング練習をスタートさせてしまうとグリーンが早く感じてしまってラウンドの時にショートしてしまうことが多くなってしまい距離感、リズム、メンタル全てが狂ってしまうので要注意です。

ですから、ラウンド前のパター練習ではできれば【平らなところ】or【軽いのぼり傾斜】の所から練習を始めるように心掛けましょう。

ボールの数は2つがお勧め

ボールの数は2つがお勧め

ラウンド前のパター練習ではボールを2つ使うことがオススメです。 1球目は自分の感覚を頼りに
パッティングをして実際の距離感との違いを把握します。

そして2球目では1球目を参考にもう一度同じラインでパッティングを行います。こうすることによって短い時間でも効率的に距離感を確かめる事ができリズムよく練習ができることでしょう。

ミドルパットから練習を始めよう!

ミドルパットから練習を始めよう!

続いては練習を行うパッティングの距離感についてです。ラウンド前のパッティング練習では先ほどもお伝えしましたが距離感、リズム、メンタルの調整が目的です。

ロングパット(長い距離)から始めると大振りをしなければいけないためパッティングフォームを崩す可能性がありますのであまりお勧めしません。

ショートパット(短い距離)場合は、カップに入るかが気になってしまい、パッティングフォームを崩すだけではなく、カップに入らないと動揺を招きメンタルの調整に影響が出ます。

ですがから、パッティングの練習はミドルパット(5m前後)からスタートしていきましょう。

サイドラインの練習は持ち球に合わせて

サイドラインの練習は持ち球に合わせて

フックラインやスライスラインの練習も忘れてはいけません。ゴルフの場合まっすぐのラインは実質存在しないため必ずサイドラインの練習も行いましょう。

サイドラインはショットでよくでる持ち球に合わせて練習をするとラインのイメージが湧きやすいですよ。

ラウンド前の練習は距離感、リズム、メンタルの3つが重要です。

今回ご紹介した練習方法で皆様の100切りのお役に立てると嬉しいです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー