魅惑の強烈バックスピンを体感せよ!ルール非適合の角溝加工とは?

getty

ゴルフクラブ

魅惑の強烈バックスピンを体感せよ!ルール非適合の角溝加工とは?

とや

今店頭に並ぶウェッジでよく見かける

「激スピン!」
「強いバックスピン!」

と謳われている商品のほとんどが、ルールの範囲内でメーカーの技術を結集してスピンにこだわって作られたクラブです。

それでも強烈なバックスピンをかけるには、価格の高いスピン系ボールを選ぶ必要があったりする場合もありますよね。

けれど競技に出ない人で、ルール適合品にこだわらない人の場合はもっと簡単にスピンの効いたボールを打てるようになります。

それが「角溝加工」と呼ばれるもの。これって一体どんなものなんでしょう。

今店頭に並ぶウェッジでよく見かける

「激スピン!」
「強いバックスピン!」

と謳われている商品のほとんどが、ルールの範囲内でメーカーの技術を結集してスピンにこだわって作られたクラブです。

それでも強烈なバックスピンをかけるには、価格の高いスピン系ボールを選ぶ必要があったりする場合もありますよね。

けれど競技に出ない人で、ルール適合品にこだわらない人の場合はもっと簡単にスピンの効いたボールを打てるようになります。

それが「角溝加工」と呼ばれるもの。これって一体どんなものなんでしょう。

ルール非適合なので競技には使えない

ルール非適合なので競技には使えない

getty

ウェッジの溝ですが、ルール適合品の断面を見てみると角が丸くなっているんです。そして溝そのものの容積が小さめ。

なので「角溝加工」で角を立たせてやって、ボールへの引っかかりを増やしてあげる加工をすると、当然ながらバックスピン量が増えることになります。

さらに溝の容積を大きくすることで、間に芝や異物が噛んでボールへ回転を加える力が弱くならないようにしています。

なのでどんな状況でも、どんな人でも“強烈にバックスピンをかけることができる”というのが角溝加工なんです。

ですがもちろんルール非適合なので競技には使えなくなってしまうんです。

手持ちのウェッジを加工に出せば簡単に激スピンに早変わり

手持ちのウェッジを加工に出せば簡単に激スピンに早変わり

getty

この角溝加工をするには、手持ちのウェッジを加工業者に出すだけです。

競技に出ていないゴルファーで「もっとスピンをかけたい!」と願うゴルファーにとってはこれほど簡単に、確実な効果を得られるものはないですよね。

しかもスピン系ボールでなければ強いバックスピンは得られないのが一般論。

ですが角溝加工をするだけで、ディスタンス系のボールだって強烈なバックスピンをかけることが可能になってしまうんです。

しかも値段も意外とリーズナブル。多くのところでこの角溝加工ができますので、一度検索してみてはいかがでしょうか。

角溝加工のポイントは溝幅と溝深さ

角溝加工のポイントは溝幅と溝深さ

getty

角溝加工をする上でスピン量を決めるのが

・溝幅
・溝の深さ

この2点です。

これらを指定できるところもあるので知っておいて損はありませんよね。

幅は広ければ広いほど、溝は深ければ深いほど、ルール適合品では考えられないようなスピン量を生んでくれます。

また距離を調整するために、軽く振り抜かねばならない場面もあるでしょう。

こんなときでもしっかりスピンをかけてボールを止められます。

友人とのゴルフでは、強烈なバックスピンで見る人を魅了することができるかもしれません。

角溝加工だって“楽しむゴルフ”ならアリ

角溝加工だって“楽しむゴルフ”ならアリ

getty

ルール非適合ということで、ちょっとスッキリしない人もいるかもしれません。

けれども試合ではありませんし、プライベートで楽しむゴルフ、ならばこういう角溝加工もアリではないでしょうか。

何よりもプロのようなスピンの効いたショットが打てる、というのは一度くらいは体験してみたい人も多いんですよね。

まぁただこの非適合のウェッジを使って

「ベストスコアが○打縮んだ!」
「オープンコンペでピンをデッドに狙えて賞品ウハウハ!」

などの姑息な手段はいかがなものかとは思いますが・・・。

誰だって簡単にバックスピンがかけられる、そんな夢のような加工もあるんですね。

ルール非適合とはいえ、興味がある方はぜひ各社・工房などのホームページを確認してみてください。

繰り返しますがルール非適合ですので、加工については自己責任でお願いします。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

魅惑の強烈バックスピンを体感せよ!ルール非適合の角溝加工とは?

メニュー