【流行の兆しあり!パター用カーボンシャフトのすすめ!編】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

getty

ゴルフクラブ

【流行の兆しあり!パター用カーボンシャフトのすすめ!編】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

golfshop19

今年のゴルフフェアで、注目を集めていたアイテムとして『カーボン製のパターシャフト』が挙げられると思います。

数年前から一部のメーカーで商品化されておりましたが、その当時は物珍しさで注目されている感じでした。

しかし、今年になって各メーカーこの『パター専用カーボンシャフト』の分野に本腰を入れて商品開発をしだしたようです。

以前まで、重量や硬度の問題でパターではなかなか使用される事の少なかったカーボンシャフトですが、最近発売されている『パター用カーボンシャフト』はその辺の問題も上手くクリアされ、さらにカーボン独特の特性を活かした独特なしなり具合やストロークのし易さを実現しているようです。

そこで、今回は今注目度の高いパター用シャフトを取り上げてみたいと思いますので、

最後迄お付きい頂きますよう宜しくお願い致します。では、はじまりはじまり・・・。

今年のゴルフフェアで、注目を集めていたアイテムとして『カーボン製のパターシャフト』が挙げられると思います。

数年前から一部のメーカーで商品化されておりましたが、その当時は物珍しさで注目されている感じでした。

しかし、今年になって各メーカーこの『パター専用カーボンシャフト』の分野に本腰を入れて商品開発をしだしたようです。

以前まで、重量や硬度の問題でパターではなかなか使用される事の少なかったカーボンシャフトですが、最近発売されている『パター用カーボンシャフト』はその辺の問題も上手くクリアされ、さらにカーボン独特の特性を活かした独特なしなり具合やストロークのし易さを実現しているようです。

そこで、今回は今注目度の高いパター用シャフトを取り上げてみたいと思いますので、

最後迄お付きい頂きますよう宜しくお願い致します。では、はじまりはじまり・・・。

其の①、パター専用カーボンシャフトの特徴

其の①、パター専用カーボンシャフトの特徴

getty

従来のカーボンシャフトのイメージとは違いここ近年のカーボンシャフトは、アイアン等でも高い評価を受けているようにスチールシャフトの領域を凌駕するような存在に成ってきているようです。

そんな中、遂にと云うか、ようやく各社徐々にパターシャフトのラインナップにカーボンシャフトが入ってきて、本格的に開発されるように成って来ました。

カーボンシャフトにする大きなメリットは、『打感が軟らかくなる』や適度なしなり感が有るので

『ヘッドを感じ易い』=『打ち急ぎ』の防止や手打ちによる『引っ掛け・プッシュetc』

のミスを軽減させてくれる効果が期待出来ます。

カーボン特有のしなり感と、最新技術によるスチール並みの低トルクと重量帯は今後パターの概念を変えるものになるかもしれませんね!

しかし、未だ各社ストレートシャフトの製品化しかされておらず、ベンドネックへの対応は未だ先のようです。

ピンタイプのようなクランクネックシャフトやセンターシャフトでは使用が可能ですので、ご興味のある方はショップへ是非ご相談下さいませ。

其の②、注目度大!フジクラMC PUTTER

其の②、注目度大!フジクラMC PUTTER

今年、発売されるパターシャフトの中で特に注目されているのがこの『フジクラ MC PUTTER』です。

このシャフトにはラインナップとして“ハード”と“ソフト”があり、先ず“ソフト”は手で曲げられる程軟らかいです(この短さで曲げられるという事は結構軟らかいです)。

この軟らかさの一番のメリットは、上記でも説明しましたが『切り返しでの間』が作り易いという事が挙げられます。

インパクトでパンチが入り辛くも成りますので距離感を出し易いと思います。

一方“ハード”はスチールとひけを取らない程堅くシッカリしています。

しかし、カーボンの特性も十分出ておりますので、インパクトでの打感の軟らかさが期待できます!

さらに、両モデルともカーボンシートの間にラバーシートを巻いておりこの効果により手に伝わる振動を吸収してくれます。

という事は、ただ単に軟らかいシャフトという事だけではなくカーボンのデメリットである『しなり過ぎ』による打感のブレをこの振動吸収効果で解消しております。

コスメも“革シボ調加工”と、高級感漂う仕上りです。今年ブレイクの兆し大です!!

其の③、未体験のソフトな打感と転がりの良さが実現!ディアマナ・パター

其の③、未体験のソフトな打感と転がりの良さが実現!ディアマナ・パター

以前より注目されていた三菱レイヨンの“ディアマナ・パターシャフト”。

僕も昨年のゴルフフェアで拝見して気になっていたアイテムですが、プロに支給するプロトタイプの開発テストからようやく発売が決定したようです。

ラインナップはこちらも「Flex1.0」と「Flex2.0」の2種類あり、「Flex1.0」は「Flex2.0」よりも振動数が少なく(やや軟らか目)、しなり感がユックリとしたストロークをプレイヤーにもたらすようになり、『打ち急ぎ防止』や『インパクトを厚く押し出す』事で球の転がりがよく成ります。

また、「Flex2.0」はそれとは少し違い『スチール並みの堅さ』であるがカーボン特有の軟らかさも持ち合わせるという『スチールとカーボンの良いトコ取り』な感じの性質を持っております。

どちらのバージョンもカーボンの特性を活かし、しなりの要素を上手くヘッドに伝わるよう設計されております。

ツアーで、プロの意見をシッカリ取り入れての発売ですので、期待値大です。

因みに、少ししなる「Flex1.0」の方がプロの間では人気が高いようです。

其の⑤、今回のまとめ

其の⑤、今回のまとめ

getty

如何でしたか?

今回は、ゴルフで一番重要なスコアアップに直結するパターの最新アイテムをご紹介致しました。

昔に、ジャンボ尾崎選手がカーボンシャフトパターを試されたりしていたようですが、今迄、そのカーボンの独特なフィーリングからか?アマチュアの間ではなかなか、人気のでなかった『パター専用カーボンシャフト』です。

しかし、それは昔の話!!

最新の技術で、いわゆる『スチールとカーボンの良いトコ取り』な『ハイブリッドシャフト』として復活し再び注目されつつあります。

また、カーボン特有のしなり感はストローク矯正にも繋がる要素が大きく、そういう面でも注目度が集まっているようです。

パターに悩みを抱えている方には、『魔法のお助けアイテム』になると思います。

これからドンドン注目されて行くアイテムだと思いますので、是非チェックしてみて下さい!

パターの常識が変わるかもしれませんよ!!

では、今回も最後まで読んで戴きまして有り難う御座いました。      

〜最高の1打とその次のステップの為に〜
また次回まで。。。
押忍・感謝

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

【流行の兆しあり!パター用カーボンシャフトのすすめ!編】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

メニュー