ゴルフはなぜ難しいのか?

getty

ゴルフ初心者

ゴルフはなぜ難しいのか?

tetsuxxx5452

ゴルフとは、止まっているボールをクラブで打ち出来るだけ少ない打数でカップインさせる。

一人で行う競技のため、起こった事は全て自己責任。

止まっているボールを打つだけなのに、そのことがなぜこんなに難しいのか?

それでは行ってみよう。

ゴルフとは、止まっているボールをクラブで打ち出来るだけ少ない打数でカップインさせる。

一人で行う競技のため、起こった事は全て自己責任。

止まっているボールを打つだけなのに、そのことがなぜこんなに難しいのか?

それでは行ってみよう。

止まっているボールを打つ事の難しさ

野球、テニスなどバットやラケットなど道具を使ってボールを打つスポーツは他にもありますが、止まっているボールを打つスポーツは他には無いと思います。

ゴルフが難しいのはボールが止まっているから。

人間は自分に向かってくるボールに対しては、速さ、軌道、角度等の情報を目で取得し、そのボールに体が反応してボールを打ち返します。

しかしゴルフはボールが止まっているために自分から動き始めてボールを打たなければなりません。

向かってくるボールは体の反応で打てますが、止まっているボールは体の反応では打てません。

この事がゴルフを難しくしている一つです。


↓クリック

軸線上に芯がない道具でボールを打たなければならない。

野球やテニスの場合、バットやラケットといった道具を使いますが、これらの道具はグリップを握った軸線上に芯があります。

しかしゴルフクラブはグリップした軸線上に芯がありません。

そして長く、グリップが細く握りにくい。

さらにシャフトがしなる、捻じれる事も難しい理由です。

このことはボールをまっすぐ遠くに飛ばす事が出来るように工夫された結果なのですが、道具、スイングが独特な動きとなるために、過去に経験したスポーツの感覚をそのまま流用しただけではボールは打てないのです。

毎回打つ条件が変わる

一打一打、打つクラブが変わる。

ティーショットはドライバー、セカンドショットはアイアン、グリーン上ではパターと、毎回同じ道具でボールを打つスポーツとは違い、毎回違うクラブでボールを打ちます。

この事もゴルフを難しくしている一つです。

また、毎回、ライが違う事も難しい理由です。

フェアウェイ、ラフ、傾斜、芝目、打つ条件が一打一打変わり、毎回一発勝負となってしまいます。

他にもいくつか難しい理由はあると思いますが、

①ボールを打つためには自分から動き出さなければならない事。

②独特の道具と過去のスポーツ経験がそのまま生かせない事。

③毎回、ボールを打つ条件が変わる事。

この三つが難しい理由です。

いかがでしたか?

逆に言えば、これらの事を理解したうえで課題を抽出して練習していけば上手くなるということです。

課題を明確に、その課題がクリアできれば喜びに代わる。

難しいからこそ面白い。

頑張ってベストスコアを更新しましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ゴルフはなぜ難しいのか?

メニュー