オールセルフなお気軽コース・習志野カントリークラブ 空港コース
ゴルフコース・練習場

オールセルフなお気軽コース・習志野カントリークラブ 空港コース

VANQUISH

VANQUISHのゴルフ場体験記No.6

習志野カントリークラブ 空港コース

開場年月日:1976年11月04日
設計:ニットーランド(株)技術部

VANQUISHのゴルフ場体験記No.6

習志野カントリークラブ 空港コース

開場年月日:1976年11月04日
設計:ニットーランド(株)技術部

とことんセルフです

とことんセルフです

クラブハウス脇にカート置場があり、キャディバッグを降ろせるようになっています。

玄関外にスタッフの方はいませんので、車から自分でバッグを降ろしておきます。

ハウス内受付でカードホルダーを受領した後、電動掲示板にカート番号脇のホルダー番号が示され、そのカートに自分で、キャディバッグを積み固定します。

カート番号順にスタートします。オールセルフでキャディはいません。

プレイ終了後、自分でカートからバッグを降ろします。

脇にタオル等が置かれているので、クラブの掃除に使用できます(もちろん掃除は自分で行います)。

プレイ後清算して、キャディバッグを自分で車に積んで帰宅します。

カート置場に進行係のスタッフがいますので、不明な点やトラブルに対応してくれます。

とにかく安く回りたい

とにかく安く回りたい

平日だと4,180円~、土日で10,930円~。

大浴場はありませんが、シャワールームは10人分ほどあります。

ロッカーフィが別途かかり、使用しない選択もできます。

クラブハウス内でのドレスコード等、あまり制限がありません。

家からゴルフウェアで来て、プレイ後そのまま帰り、家でお風呂に入る。

そんな利用が出来ます。

十分なドライビングレンジ

十分なドライビングレンジ

ドライビングレンジは230ヤード14打席。

受付等は無く、ドライビングレンジ脇のボール自動受け取り機の隣にコイン販売機があり、機械にカードホルダーをかざすと、コインが出てきます(後清算)。

ボールは通常のコースボール(いろんなメーカーが混在しています、たぶんロストボール)を使用しているようです。

フェアウェイはちょっと狭いかな

フェアウェイはちょっと狭いかな

コース間は林でセパレートされていて、レイアウトはわかりやすくなっています。

OBゾーンやペナルティゾーンが浅いので、コースセンターを目標にせめて行くのがセオリーです。

ドッグレッグが多く、ティグランドからグリーンが見えるコースはほとんどないので、使用クラブの選択がスコアメイクのカギになります。

池や自然の起伏を生かしたレイアウトは各ホールとも個性的で戦略性が高いです。

グリーンはベント2グリーン

グリーンはベント2グリーン

今回はBグリーンを使用しました。

芝芽はあまりそろっていませんが、けっこう良い転がりをしていました。

傾斜が強く、ピンハイからの下りパットは恐ろしさを感じました。

グリーンの速さ表示は9.0フィートでしたが、もっと早く感じました。

セカンドの位置からグリーン面が見えないホールが多く、落とし所の確認が大変でした。

バンカーは山砂?

バンカーは山砂?

赤い砂で土の感じもありますが、目玉になりにくく、意外に出すのが楽でした。

グリーン周りやフェアウェイの要所に配置され、コースの難易度を効果的に高めています。

レストランもリーズナブル

レストランもリーズナブル

カレーや蕎麦、ラーメン、石焼ビビンバ、とんかつ膳等、シンプルなメニューで価格もリーズナブルな設定になっています。

今回はカツカレーとハルピンキャベツを頂きました。

スパイシーなカレーで美味しかったです。

ソフトドリンクはドリンクバーになっていてファミレスみたい。車を運転する方や女性などにうれしいサービスです。

まとめ

まとめ

クラブハウス内は綺麗にまとめられています。

若いカップルの利用者も多く、ゴルフ登竜門として、また、実戦練習としての利用がおすすめの様です。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

オールセルフなお気軽コース・習志野カントリークラブ 空港コース

メニュー