パターマットの速さが知りたい!その5
ゴルフクラブ

パターマットの速さが知りたい!その5

じゅんやあく

こんにちは、じゅんやあくです。

売れ筋パターマットのスピードを調べる企画の第5回、一応の最終回を迎えました。

今回は、いままでとはちょっと違う、ハイテク(?)なマットの登場です。

こんにちは、じゅんやあくです。

売れ筋パターマットのスピードを調べる企画の第5回、一応の最終回を迎えました。

今回は、いままでとはちょっと違う、ハイテク(?)なマットの登場です。

5つの売れ筋パターマットを紹介します

5つの売れ筋パターマットを紹介します

この企画では、1時間おきに更新されているAmazonの「ゴルフパット練習機の売れ筋ランキング」を頻繁に眺めていた私が、常に上位に表示されていた5商品をピックアップして紹介していきます。

その5商品は、以下になります(編集部に到着した順)。

・スーパーベント パターマット(距離感マスターカップ付き)/パターマット工房PROゴルフショップ

・worldinfo 距離感パターマットロング(ミラー型練習器具付き)/ワールドインフォメーション

・FUJITAマットU2.3(360度回転式カップ)GV0136/タバタ

・FUJITAマット1.5 GV0131/タバタ

・ダイヤオートパット532 TR-532/ダイヤコーポレーション

第1回「スーパーベント パターマット(距離感マスターカップ付き)/パターマット工房PROゴルフショップ」はこちら↓。

第2回「worldinfo 距離感パターマットロング(ミラー型練習器具付き)/ワールドインフォメーション」はこちら↓。

第3回「FUJITAマットU2.3(360度回転式カップ)GV0136/タバタ」はこちら↓。

第4回「FUJITAマット1.5 GV0131/タバタ」はこちら↓。

ダイヤオートパット532 TR-532/ダイヤコーポレーション

こちらのマットは、ゴルフ周辺用具界(?)の巨人、ダイヤコーポレーションさんの商品です。

最大の特徴は、その返球機能です。

通常の返球機能付きのマットは、カップ手前に強めのスロープが付いていて、重力でボールが返ってくるシステムになっています。

簡単に作れる、電気などの動力がいらないというメリットもありますが、カップ際だけ強烈な上りのラインになるため、カップイン直前の自然な転がりを表現できません。

しかしこのマットは、その弱点を解消しました。

ボールの重みでスイッチが押されると、電動でボールが返ってきます。

これなら、カップインまでの自然な転がりを実現できます。

もちろん、カップから逸れたボールもちゃんと返してくれます。

それでは、ボールが返球される様子も含め、動画で見てみましょう。

なかなかスムーズな転がりです。ボールはカップインしてから、約4秒後に返球されます。付属されていた電池(おそらく新品の単3型マンガン電池4本)を使用した場合、マット全長分くらい戻ってきました。アルカリ電池や充電式の電池だともう少し強く返ってくるのかもしれません。

恒例のグリーンスピードも計測しています。

約10.8フィートでした。

いままで同様、実際のグリーンの硬さとビルの廊下の床の硬さの差を勘案すると、約9.5~10フィートくらいの速さだと思います。通常営業のグリーンならやや速めといったところでしょうか。

なお、当然ですが、カップまで届かなかった場合は戻ってきません。自分でボールを取りに行ってください。

自分でボールを取りに行くのがめんどくさいので、常にオーバーするように打つクセがつくかもしれません。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

パターマットの速さが知りたい!その5

メニュー