初心者必読! ラウンドデビュー前に覚えておくべきこと

getty

ゴルフ初心者

初心者必読! ラウンドデビュー前に覚えておくべきこと

ハッセー

ゴルフを始めたのなら、誰もが必ず通る道、ラウンドデビュー。

しかし、準備や知識なしにいきなりコースに出るのは、エチケットやマナーを欠いたりする恐れもあり心配ですよね。

ラウンドデビューを万全の体勢で迎え、気持ちよくプレーできる最高の1日にするために、今回は事前に覚えておきたいことをご紹介していきます。

ゴルフを始めたのなら、誰もが必ず通る道、ラウンドデビュー。

しかし、準備や知識なしにいきなりコースに出るのは、エチケットやマナーを欠いたりする恐れもあり心配ですよね。

ラウンドデビューを万全の体勢で迎え、気持ちよくプレーできる最高の1日にするために、今回は事前に覚えておきたいことをご紹介していきます。

ゴルフコース上で覚えておくべき鉄則!

ゴルフコース上で覚えておくべき鉄則!

getty

ゴルフコースは同じ組の人だけでなく、フィールドを時間差で何組もの人たちがプレイを行っていきます。

つまり自身のプレイ時間が後続に影響を与えるということです。

ラウンドする上ではプレイファスト(素早く一定の時間内でプレイすること)は、最も大切なことのひとつです。

スロープレイは同じ組だけでなく後続に迷惑をかける行為であり、プロの試合でも処罰の対象となっています。

初心者が最初からプレイファストを実践するのは難しいかもしれませんが、しっかり準備をして、少しでも速くプレイすることを心がけてください。

ゴルフコース上ではマナーが最優先!

次に初心者の人が覚えるべきことはマナーです。

マナーのスポーツでもあるゴルフは、時にルールよりマナーが優先される程にマナーが重要となります。

いきなりのデビューで焦らないように事前に理解し、必ず守りましょう。

ゴルフは多くの人が同じフィールドを共有するスポーツですので、自分のプレイ後にプレイするすべての人のことを考えて行動します。

バンカーから出た後は砂をならす、グリーンを傷つけない、ダフってコースを傷めてしまったら放置せずに直すなど、後続に悪条件とならないようにする配慮が必要です。

また、他のプレイヤーの邪魔になるような大きな声を出さない、大きな音を出さないことも大事です。

マナーを難しく考えがちですが、基本的な考えかたは自分のプレイや行為で他のプレイヤーに迷惑をかけないというシンプルなものなのです。

初ラウンドは先輩プレイヤーと一緒に!

初ラウンドは先輩プレイヤーと一緒に!

getty

初めてゴルフをするような初心者がいきなりコースに出てラウンドするのはご法度です。

これは、初心者だけだとどうしてもスロープレイになりがちで、時間的な進行上の問題などが出てくるからです。

初ラウンドは先輩プレイヤーと一緒にプレイをし、マナーやルールを教わりながら楽しくスムーズに行うべきです。

また、進行に支障が出ないように初ラウンドまでに練習場などで最低100ヤードを真っ直ぐ打てるスキルを身につけておきましょう。

来場時も注意! ゴルフ場での服装をチェック!

マナーとして服装にも気を配る必要があります。

これはプレイ中に限らず、行き帰りの服装にも注意が必要です。

なぜなら、ゴルフ場によって来場時とプレイ時のウェアに関して独自の服装規定(ドレスコード)を設けていますので、確認もせずいきなり来場し、違反していれば入場できないことがあるからです。

一般的には襟つきのシャツにスラックス(チノパン可)、ジャケットに革靴とセミフォーマルなジャケットスタイルで問題ありませんが(夏は上着なしでもOKのコースが多いようです)、ジーンズやスニーカー、サンダルはNGというのが一般的です。

また、コース上でも襟付きシャツ、パンツにゴルフシューズを選びましょう。

男性の場合は、必ずシャツの裾はタックインしてベルトをし、きっちりとしましょう。

初心者だからということではなく、必ず事前にコースのウェブサイトや電話で確認して、派手になりすぎない、紳士らしい服装を心がけましょう。

このように、ラウンドデビューする前には守るべきマナーや鉄則など覚えておくべきことがたくさんあります。

どれも必須事項ですので必ず確認をし、しっかりと覚えておくことで、ラウンドデビューを気持ちのいい最高の1日にしましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

初心者必読! ラウンドデビュー前に覚えておくべきこと

メニュー