初心者あるある~その1~「止まっているボールなのに当たらない!」
ライフスタイル

初心者あるある~その1~「止まっているボールなのに当たらない!」

よっしー

止まってるボールならカンタン!
そう思っていたのにまったく当たらない!!

止まってるボールならカンタン!
そう思っていたのにまったく当たらない!!

「止まっているボールに当たらない訳がないじゃないか」

ゴルフを始める前は誰しも思ったことでしょう。
野球やテニスのように飛んでくるボールを空振りしてしまうのは分かりますが、なぜかゴルフは止まっているボールなのに空振りしてしまいます。
そういえばゴルフを教えてくれた上司も「はじめは全然ボールに当たらないからね」なんて言っていました。

あまりに空振りが続くので、クラブを握って数回でゴルフをヤメたいと思った始末です。
そもそもゴルフなんてテレビでしか見たことがない。
プロゴルファーはみんなキレイなスイングをしています。
まずはプロの真似をして構えスイングします。
フルスイングのイメージしかないので、初心者の私に小さくコンパクトに振るなんて考えはありません。
何度も何度も空振りを繰り返して、やっと分かってきました。
まずはボールに当てよう。
当たり前ですね。
当たり前なんですけど、プロのようにカッコよくスイングできているはずと思っていたので気付けませんでした。

ホウキで落ち葉を掃くくらいの感覚で、ようやくボールに当たり始めました。
当たり方によって右に左にいきますが、さっきまで空振りを繰り返していた私には当たるだけで嬉しさがこみ上げます。
小さなスイングでもボールは勢いよく飛び出し、投げるよりずっと遠くまで飛んでいきます。
それが嬉しくなって気付けば手のひらはマメだらけ。
もっと打ちたいのに手のひらはもう限界。
またすぐに打ちに来ようと思います。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

初心者あるある~その1~「止まっているボールなのに当たらない!」

メニュー