ゴルフ場での飲酒は大丈夫?アルコールが抜ける時間

getty

コース・練習場

ゴルフ場での飲酒は大丈夫?アルコールが抜ける時間

とや

昼食時にお酒を飲んでいる方って結構いますよね。
ゴルフというレジャーを楽しみにきて、さらにはせっかくのお休み。

お昼にも大好きなお酒を飲みたい、そんな気持ちはわかります。

けれどもゴルフ場へ車へ来ている場合は要注意ですよ。もしかしたら貴方の思う「大丈夫」は飲酒運転になっているかもしれません。

昼食時にお酒を飲んでいる方って結構いますよね。
ゴルフというレジャーを楽しみにきて、さらにはせっかくのお休み。

お昼にも大好きなお酒を飲みたい、そんな気持ちはわかります。

けれどもゴルフ場へ車へ来ている場合は要注意ですよ。もしかしたら貴方の思う「大丈夫」は飲酒運転になっているかもしれません。

飲酒検問で捕まったとき 言い逃れはできません

飲酒検問で捕まったとき 言い逃れはできません

getty

「ちょっと一杯飲んだだけですよー」
「お酒飲んでからだいぶ時間経ってるよ」
「奈良漬けを食べただけ」

など、飲酒検問の言い訳はさまざまですが、呼気からアルコールが検出されれば理由なんて関係なし。問答無用で御用となってしまいます。

お酒が大好きなゴルファーにとっては、なかなか頭の痛い問題ではありますが、相手は警察官+アルコールチェッカーという機械。

一杯だけだからお酒飲んでも大丈夫♪
まずはこの考え方こそがNGだと肝に銘じましょう。

個人差はあるがアルコールの分解速度は?

個人差はあるがアルコールの分解速度は?

getty

当然ながらアルコール摂取量が増えれば増えるほど、体からアルコールが抜ける時間は長くなります。

そしてアルコールの分解速度は、ある程度体重と比例していることをご存知でしょうか。

おおよその目安ですが

・体重70kg 中ジョッキ一杯で3時間、二杯で6時間
・体重50kg 中ジョッキ一杯で4時間、二杯で8時間

となります。

ですのでお昼にクラブハウスで昼食。

その際中ジョッキを二杯飲んでしまうと帰宅時には確実にアルコールが検出されることでしょう。

むしろ一杯で時間ギリギリ、といったところでしょうか。

一杯だけならいいよね、がすべてを壊すことにも

一杯だけならいいよね、がすべてを壊すことにも

getty

先程の時間を見ると、お昼にお酒を一杯だけ飲んで後半のラウンドを回ったとしましょう。

お風呂に入り、着替えをして精算すると、なんとかアルコールを分解できるギリギリの時間になることも多いと思います。

しかし忘れてはいけないのが個人差。

その時間でアルコールを分解できる人もいれば、分解できない人もいるということですね。

そう考えればやはり「飲んだら乗るな!」は鉄則なんですね。

何か事故を起こしてしまってからでは本当に遅いですし、家族や仕事を失うことにつながりかねません。

アルコールがゴルフに及ぼす影響は?

アルコールがゴルフに及ぼす影響は?

getty

アルコールは適量ならばコミニュケーションのツールとしてよく使われているのは知られていますよね。

会社の飲み会だったりパーティだったり、さまざまな場面でアルコールと接する機会はたくさんあります。

そんなアルコールですが、ゴルフにおいては実はあまりいい影響はありません。

一定のリラックス効果はあるようですが、それに伴う集中力や判断力の低下、気が大きくなることによる無理なコース攻略など、スコアは落ちてしまいますね。

お酒が飲みたい! というゴルファーは、ゴルフのスコアアップのため、と我慢してみてはいかがでしょうか。

またどうしてもお酒を飲まなきゃやってられない、なんていう人はゴルフ場への車の運転をやめましょう。

必ず誰かに乗せていってもらってくださいね。

コース攻略も車の運転もセーフティにいきたいものです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー