ゴルフ用語解説! カジュアルウォーターとは?

getty

ゴルフ初心者

ゴルフ用語解説! カジュアルウォーターとは?

eccooo

ゴルフ用語にはわからない言葉がたくさん! そんな初心者の方も多いのではないでしょうか。

そのゴルフ用語の中で「カジュアルウォーター」という言葉を聞いたことがあるかたもいらっしゃると思います。

でも一体何のこと? と思った人も多いかもしれませんね。

ここではその、カジュアルウォーターについてご紹介します!

ゴルフ用語にはわからない言葉がたくさん! そんな初心者の方も多いのではないでしょうか。

そのゴルフ用語の中で「カジュアルウォーター」という言葉を聞いたことがあるかたもいらっしゃると思います。

でも一体何のこと? と思った人も多いかもしれませんね。

ここではその、カジュアルウォーターについてご紹介します!

カジュアルウォーターとは一体何?

カジュアルウォーターとは一体何?

getty

カジュアルウォーターとは、雨が降った後にコースに一時的にできてしまう、しかし、しばらくすると消える水たまり、ぬかるみのことを指します。

ウォーターハザード以外でプレーヤーがスタンスをとる前後に見える一時的な水たまり、とルールブックには定義されてもいます。

雪や霜以外の自然の氷はプレーヤーの選択でカジュアルウォーター、もしくはルースインペディメント(石や木の枝、葉っぱのように、簡単に取り除ける障害物)として扱うことができます。

雨上がりのゴルフコースではよく見られる光景かもしれませんね。

カジュアルウォーターの救済について

カジュアルウォーターの救済について

getty

カジュアルウォーターとは、ゴルフのグラウンドの異常な状態のひとつとして扱われますので、プレイに影響を及ぼすという場合は救済を受けることができます。

ボールやスタンス、プレイ線上にカジュアルウォーターがあるなど、さまざまな状況があります。

まずボールがカジュアルウォーター内にある場合、霜と露は対象外になりますが救済できます。

スタンスの位置にカジュアルウォーターがある場合、スタンスを取る前や、取った後に見える一時的な水たまりの場合も救済できます(何度も足踏みして染み出してくるような微かな水溜りには適用されません)。

しかし、パッティンググリーンの上では、プレイ線上にあるボールは救済できますが、それ以外のすべての場合において救済ができません。

救済できる場合とできない場合があるので注意しましょう。

スルーザグリーンのカジュアルウォーターの救済とは

スルーザグリーンのカジュアルウォーターの救済とは

getty

グリーンとハザードを除いた、コース上のエリア内にあるカジュアルウォーターの救済は、修理地での救済と同じでニアレストポイントから1クラブ範囲内、ホールに近づかない場所にきれいにしたボールをドロップできます。

しかし、救済のニアレストポイントはハザードの中やパッティンググリーンの上ではダメ、ということも定められています。

カジュアルウォーターの救済でのニアレストポイントはそのエリアなど、十分注意して決める必要があります。

バンカーの中やグリーン上にカジュアルウォーター! その救済とは

バンカーの中やグリーン上にカジュアルウォーター! その救済とは

getty

バンカーの中のカジュアルウォーターがプレーに支障をきたすという場合は、罰なしで救済を受けることができます。

しかし、ニアレストポイント、ボールをドロップする場所はバンカー内でなくてはならないと決められているため、フェアじゃないな、と感じる事態が起こる場合もあります。

このルールでは、ホールには近づかずに、ボールのあった場所からできるだけ近い場所にボールをドロップする、と定められています。

また、グリーン上でのカジュアルウォーターでも、ホールに近づかない場所で、元々ボールがあった場所にできるだけ近い場所にボールをプレースする必要があります。

カジュアルウォーターがあるとなかなか思い通りのプレーができずにやきもきしてしまいますね。

カジュアルウォーターとは、雨などでできたけれど自然に消える水たまりやぬかるみのことです。

雨上がりのスカッと晴れた日にゴルフをプレイするときには、カジュアルウォーターの救済を少しでも知っておくと、きっと役に立つことでしょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

ゴルフ用語解説! カジュアルウォーターとは?

メニュー