アウトサイドやインサイドの意味やクラブの入り方とは?

getty

初心者

アウトサイドやインサイドの意味やクラブの入り方とは?

keiman

アウトサイドやインサイドという言葉は、ゴルフに興味を持つとよく聞く言葉だと思います。

その用語の意味とクラブの入り方(どの方向からクラブヘッドがボールに向かっていくか)を知れば、テレビ中継を観ていても専門誌を読んだ時でもどのような状況なのか想像ができます。

専門用語を押さえてゴルフの魅力にもっと魅せられてみてはいかがでしょうか?

アウトサイドやインサイドという言葉は、ゴルフに興味を持つとよく聞く言葉だと思います。

その用語の意味とクラブの入り方(どの方向からクラブヘッドがボールに向かっていくか)を知れば、テレビ中継を観ていても専門誌を読んだ時でもどのような状況なのか想像ができます。

専門用語を押さえてゴルフの魅力にもっと魅せられてみてはいかがでしょうか?

アウトサイドとは?

アウトサイドとは?

getty

アウトサイドとは、外側という意味です。

インサイドとは真逆の意味になります。スイング時によく使われる言葉で、ゴルフのテレビ中継を観ているとよく耳にする単語です。

押さえておきたいポイントとして、“アウトサイドに上げる”と“アウトサイドに振り抜く”という言葉があります。

アウトサイドに上げるとは、バックスイングの時に自分の体よりも遠くに上げることです。

アウトサイドに振り抜くとは、フォローの時に自分の体から遠くになるようにクラブを振ることを指しています。

インサイドとは?

インサイドとは?

getty

インサイドとは、内側という意味です。

アウトサイド同様、よく聞く単語です。

インサイドにも押さえておきたいポイントとして、“インサイドに上げる”と“インサイドに振り抜く”というキーワードが存在しています。

インサイドに上げるとは、バックスイングの時に自分の体に近づくような形で内側にクラブを上げるという意味です。

また、インサイドに振り抜くとは、フォローの時に自分の体の方向にクラブを抜くことを指しています。

クラブの入れ方で軌道が変わります!

クラブの入れ方で軌道が変わります!

getty

ゴルフでは、クラブの入れ方がとても大切な基礎となってきます。

クラブの入れ方によってボールの軌道が大きく変わり、呼び名も変わります。

クラブの入り方には呼び名が数種類あり、ストレートボールを打つ場合、ダウンスイングの時にインサイドからクラブを降ろしてインパクト後インサイドに振り抜く打ち方を“インサイドイン”と呼び、これが基本になります。

“アウトサイドイン”と呼ばれる打ち方は、アウトサイドからクラブを入れてインサイドに振り抜く打法で、スライス回転が生じます(俗に“カット打ち”とも呼ばれています)。

“インサイドアウト”とは、インサイドからクラブを入れてアウトサイドに振り抜く打法で、フック回転が生じます。

初心者さんは知っておきたい、クラブの入れ方でのミス

初心者さんは知っておきたい、クラブの入れ方でのミス

getty

まずはアウトサイドとインサイドの違いとは、何なのかを押さえておきましょう。

どのようなクラブの入れ方をした場合どのようなボールが飛んでいくかを基本情報として知っておく必要があります。

アウトサイドからインサイドがスライス回転、インサイドからアウトサイドがフック回転です。

さらに、インパクトの瞬間のフェース向きで弾道が決まります。

初心者の方はフェース面が安定しないこともあるので、その場合はプッシュアウトやチーピンになってしまうこともあると思います。

ゴルフを始めると、最初はアウトサイドインになりやすいのでスライサーになる傾向があります。

スライスで悩みを持った場合、ダウンスイング時のクラブの軌道を意識してインサイドからクラブを降ろしていくよう心がけてみましょう!


アウトサイドとインサイドの違いをふまえ、知識を持ってゴルフに触れると今までとはまた違った景色や感情がわいてくると思います。

ゴルフはとても奥が深いので、掘り下げて掘り下げて研究しながら上達していきましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー